このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルWifiルーターをお勧めする理由

数年後には1Gbpsになる予定のWiMAXなど、
どんどん高速化するモバイルWiFi

もはや一人暮らしの方には家では十分すぎるほどの働きですし、もちろん外出先でもどこでも使えるモバイルWiFiは非常に便利。

しかし、実際のところ固定と比べるとまだまだ速度に限界があったり、通信制限があったりと、「いざ契約!」となると、お悩みがあるでしょう。さらに、キャッシュバックなどキャンペーンも豊富ですが、種類が多すぎてわかりにくいですよね。

そんなあなたへ。お得に、快適にモバイルWiFiを利用するために必要な情報を総合的にご紹介。おすすめモバイルWiFiやルーター情報まで完全網羅。

どのルーターがいいの?
そもそもどこと契約するのがお得なの?
無制限なモバイルWiFiはないの?

こんなお悩みを数分でご解決いたします。

それでは1つ1つ順を追ってモバイルWiFiを総合的に比較していきましょう。

<目次>



LTE?WiMAX? モバイル回線の種類を解説

モバイルWi-Fiていろいろあるけど結局なに?



モバイルWiFiと聞いてルーターを思い浮かべる方もいれば、WiMAXやLTEといった回線を思い浮かべる人もいるでしょう。

そこで、まずは回線の種別に行く前に、モバイルWiFi、モバイル回線の仕組みを簡潔にご紹介。

WiFiとは無線で接続してインターネット利用することの総称で、モバイルWiFiとはWiMAXや各社LTEといったモバイル用無線回線をモバイルWiFiルーターで受信して利用することをいいます。

いうならば、スマホもモバイルWiFiルーターの1種です。「テザリング」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、LTE回線をキャッチしてスマホが無線化して他のデバイスでWiFi利用しているのがテザリングなので、モバイルWiFiルーターの役割と同じですね。

スマホのようにモバイルWiFiルーターもSIMカードを挿して、ルーターが無線のモバイル回線をキャッチしてWiFi利用が可能になります。

それではそのモバイルWiFiルーターが受信する各回線についてみていきましょう。

よく「4G」や「LTE」、「WiMAX」など聞くと思いますが、それぞれ回線規格を表します。「4G」のGはGenerationを示し、3Gからパワーアップした上位規格です。

ここで複雑なのが「LTE」で、LTEはLong Term Evolutionの頭文字をとったもの。3Gから3.5G→3.9Gに発展し、4Gになる途中の4.9GにあたるものがLTEなのですが、実際はほぼ第四世代(4G)と言っていいだろうということになりました。

何が複雑化といいますと、上記の過程を経て、便宜上LTEを4G、4GLTEといっていることです。

3Gと4G、LTEの違いとポケットWi-Fi


3Gの下りの通信速度が最大約7Mbpsであるのに対し、キャリアにもよりますが、LTEは最大100Mbps前後のものが多く、3Gの10倍以上の速度となっています。Y!mobileやドコモのXi、au4GLTEなどがその代表例。

それでは、WiMAXは何かというと、全く別の通信規格。

Worldwide Interoperability for Microwave Accessの頭文字をとってWiMAXといい、人口希薄地域や高速通信回線利用が困難な地域でも高速通信できるように開発提供された世界基準の無線通信規格の1つです。

従来の下り最速40MbpsからWiMAX2+になってからは最速下り440Mbpsとなり、数年後にはフレッツ光やauひかりと同じ1Gbpsにスペックアップ予定で、高速モバイルWiFiの回線では速度が頭一つ抜けて高速。

だったのですが、2017年ファーウェイ社製の最新モバイルWiFi601HW、603HWをY!mobile、ソフトバンクがリリース。なんとその速度は最速612Mbpsに!

モバイルWiFiの速度の発展が著しくなっています。その結果、最速のモバイルWiFiを求めて、このY!mobileやソフトバンクを利用したいですが、料金や速度制限も重要なのがモバイルWiFi。

それでは、次項で実際にモバイルWiFiルーターの契約を悩まれているあなたに、モバイルWiFiがそもそもおすすめか、そしてどのサービスがおすすめか、見ていきましょう!



こんな方におすすめ!モバイルWiFiルーターのメリット

だれにモバイルWiFiがおすすめ


ここまでモバイルWiFiルーターやその回線に関してご説明してきましたが、どんな方が利用に適しているのか。各回線も考慮しながらモバイルWiFiルーター利用をイメージしていきましょう。

まず、なんといっても外出先でどこでも使えるので、ビジネスパーソンにとっては非常にありがたいモバイルWiFiルーター。どんどん軽量化するタブレットやパソコンを外で使いたい方は必需品ですね。

さらに、2+の登場で非常に高速化したWiMAXのように、もはや一人暮らしなどの方には固定回線の代わりになっています。

特に、出張が多い方や転勤が多く引っ越しの時期も読めない方は固定回線では工事が必要であったり、契約期間が気になったりしますが、モバイルWiFiルーター利用なら基本的に日本どこでも継続利用可能で解約いらず。

また、最近では話題の格安SIMなど格安スマホとして利用しながらテザリングでLTEする方も非常に増えてきました。

まとめると、下記のような方にモバイルWiFiルーターはおすすめ。

  • 外でよくパソコンやタブレットでインターネットを繋ぐ方
  • 一人暮らしなどですぐインターネットを繋ぎたい
  • 転勤など引っ越しの可能性があり、解約の可能性がある方
  • 工事なくすぐにインターネットを繋ぎたい方

モバイルWiFiでサクサク


 

速度は変わらない?プロバイダ比較方法

ここまでモバイルWiFiとはどんなものか、どんな人におすすめか、紹介しましたが、実際の利用を検討される方でやっぱり気になるのが速度。

格安SIMなどの登場で非常に安価で利用できることから、価格競争は非常に激しいです。しかし、利用通信量によっては高額になってしまうこともあったり、実際の速度が込み合っていて遅くなったりもするようです。

さて、プロバイダに関してですが、固定回線では回線を実際に利用するご自宅につなぐ役割をするプロバイダ。一方で、モバイルWiFiルーター利用ではいうならば代理店と同じです。

速度や利用環境は各モバイル回線(各キャリアのLTEやWiMAX)で決まりますが、料金プランやサポートオプション、キャンペーンがプロバイダによって決まります。

各回線業者がプロバイダ事業もやっているので、回線業者との契約ができますが、基本的には各回線提供プロバイダなどの代理店との契約がお得なのでおすすめします。

特に、WiMAXはUQコミュニケーションズのみが提供できる無線モバイル回線サービスですが、20社以上のプロバイダ事業者が独自の価格帯、キャンペーンによって提供しています

ですので、WiMAXの速度はどのプロバイダと契約しても同じですが、お得度が変わってくるということです。

wimaxの回線はUQから



最もおすすめなWiFiを使うには、最新情報比較が必須!

前項でWiMAXのモバイルWiFiサービスを例に挙げましたが、モバイルWiFiは同じ回線を、時に違う料金で提供しているのです。

モバイルWiFi最大手のWiMAXの回線はそもそもUQコミュニケーションズが持つので、各種プロバイダがそれを利用してサービス提供している、いわば代理店なのです。

また、近年流行りの格安SIMも同じようなもので、大手キャリアが持つ回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)になります。

しかし、WiMAXより複雑なのが、モバイルWiFiで使う回線の一部を利用するサービス。、例えば、ドコモの一部だけ使っているスマモバなど。

モバイルWiFiで使われる各回線はいくつかの周波帯を各社が分け合って複数所持しています。そのため、ドコモ回線の一部の周波帯を使っているというケースがあります。

以上のように、どの回線をどのくらい使って、実際の速度はどのくらいでるか、ということまでチェックするのがモバイルWiFiでは必須。そして、最も大事なのがこの速度に深く関連する「速度制限」

料金プランとも密接に関わってくるこの速度制限ですので、モバイルWiFi比較の際は「実測値」「速度制限」「料金」の3点から比較が必須。そして、毎月にようにキャンペーンやサービスが変化しているので、最新情報が非常に重要。

そこで、モバイルWiFiをご検討中のあなたに、最も安心して最もお得に、最も合ったモバイルWiFiサービスが使えるよう最新比較情報をまとめた特設ページをご用意。今、契約を検討中の方はこちら必見です!


モバイルWiFi比較最新情報