LTEを実際に申し込みました

ネットで申し込み

当サイトでも紹介しているLTEを実際に申し込んでみました!

「プロバイダや光回線の申し込みって複雑でわかりにくい!」という人のために、実際に申し込みを行った手順と、LTEプランの特徴についてご紹介していきます。
  • 1.LTEの申し込み
  • 2.LTEプランの特徴と費用


1.LTEの申し込み

LTEの申し込みをすると、その後電話がかかってきます。その電話でプランの選択や細かい説明をしてもらえますので、申し込みはあまり考えずに進めていって大丈夫です。

公式サイトへ飛ぶと、このような画面に行きます。
青丸で囲った「≫新規お申込み」をクリックします。

画像:モバイルLTEの新規申し込み画面




クリックすると、お申込みフォームに飛びますので、項目を埋めていきます。

画像:お申込みフォーム




クレジットカード支払いをする人は、「持っている」を選択すると、入力欄が出てきます。
入力し、「≫重要説明事項に同意して、確認画面に進む」を押します。

画像:クレジットカード入力欄




入力内容を確認し、「≫この内容で送信する」を押します。

画像:入力内容確認画面




送信完了すると、以下の画面が出てきて申し込み完了です!
その後、スタッフから電話があり、プランの選択や細かい説明をしてもらえます。簡単ですね!

画像:申し込み完了画面






2.LTEプランの特徴と費用

さて、無事申し込みが完了した訳ですが、電話を受ける前にLTEのプランの特徴と費用について把握しておきましょう!

2つのプラン

LTEにはフラットSプランとフラットプランという2つのプランが存在します。

フラットSは初期費用が初めにかかるプランで、フラットは初期費用がかからないプランです。フラットは、初期費用がかからない代わりに月額費用がフラットSよりも高くなります。

税込み表示 フラットS フラット
初期費用 20,366円 0円
月額使用料 3,085円 3,991円
解約手数料 10,260円 10,260円
1年間使用した場合 67,646円 58,152円
2年間使用した場合 94,406円 95,784円
特記次項 アウトレットキャンペーンあり なし


どちらのプランがお得?

2年間解約せずに使用するのであれば、フラットSの方が1,378円お得になります。

しかし、解約手数料が同額のため、22ヶ月間(1年10ヶ月間)以内に解約する可能性のある方は、フラットの方が安くなります。

また、フラットSには「アウトレットキャンペーン」があり、こちらを利用すると初期費用が10,000円安くなります。LTEは端末が送られてきますが、この端末が中古になるプランです。

どれくらい中古かはわかりませんが問題なく使えるレベルということです。ただし、クーリングオフの利用は不可となります。

つまり、
  • 2年間絶対に使用する人、アウトレットキャンペーンを利用したい人 ⇒ フラットS
  • 22ヶ月以内に解の可能性がある人⇒フラット
となります。

ちなみに管理人は、22ヶ月以内の解約もあり得るので、フラットプランを申し込むべきだったのですが、間違ってフラットSプランを申し込んでしまいました・・・orz


ソフトバンクケータイが安くなる!Wi-Fiセット割

LTEは「Wi-Fiセット割」というサービスを提供しています。

このサービスは、ソフトバンクのスマートフォンを使用していると、家族5人まで1台につき毎月1,008円の割引を受けることができるという驚愕の割引サービスです!

対象者は以下の人になります。
  • ソフトバンクのケータイ(iPhoneだったら5以上)を利用している人
  • イーモバイルスマホを利用している人

端末が届いたら契約書と共に近くのソフトバンクショップに行き、「Wi-Fiセット割」が利用したいという旨を伝えると「Wi-Fiセット割」の契約書をもらえますので、店舗で契約書を書き、契約となります。

auひかりにはauスマホユーザーの割引サービスがありますが、LTEのこの「Wi-Fiセット割」はソフトバンクユーザーには嬉しいサービスですね!

端末の選択

LTE申し込みの際、端末を2台から選択することになります。

端末はGL10P(じーえるいちぜろぴー)かGL09P(じーえるきゅうぴー)のどちらかから選択します。

GL10Pが最新端末で、サイズもGL09Pよりも小さく人気。電池は約10時間保ちます。

一方、GL09Pは電池の時間が約14時間保つためGL10Pよりも長く使えますが、端末がGL10Pより大きく持ち運びには不便という特徴があります。

前出しましたアウトレットキャンペーンはGL09Pのみに適用のため、アウトレットキャンペーンを利用したい人はGL09Pとなります。

どちらの端末も、端末保証サービスが月額324円で利用可能です。申し込み時点しか加入することができないサービスとなっていますが、解約はいつでも可能です。

もし端末を壊してしまった場合、故障の程度にもよりますが約40,000円(GL09PもGL10Pも42,800円)の修理代、新品購入費用がかかりますので、端末保証サービスに加入しておくと安心ですね。

端末保証サービスに加入していると、紛失と水没以外の故障の修理費用を全額負担してくれます。

ちなみに管理人はこの端末保証サービスに加入しました。



以上を押さえておけば、電話がかかってきた時に何を選択すべきか迷うことはないと思います!

ちなみに、電話応対は非常に丁寧でした。わからないところを質問すると、ひとつひとつ丁寧に回答してくれます。申込時に疑問点があれば遠慮なく訊いてみましょう。

次はLTEの到着、設定を見ていきます!

LTEの到着、設定を見る ≫