プロバイダの契約方法について



契約するときに必要なもの

さっそく契約フローを紹介したいところですが、その前に契約時に必要なものを一度確認しましょう。契約直前に慌てて用意するなんてことにならないように事前に準備しておくと安心ですよね。

「プロバイダとの契約時に、なにを準備すればいいのかわからない。」
そういった心配をしている方もなかにはいらっしゃるのではないでしょうか?

契約時に用意していただくものは、契約後の支払い方法によって違います。 

クレジット決済の場合 署名用の印鑑のみを準備しておけばオッケー。

口座振込の場合 普通の印鑑に加えて、銀行に登録してある銀行印を準備しておけば問題ありません。

住民票などを用意する必要はありませんので、ご安心ください。

また、この際にはプロバイダのHPを訪れて注意事項などがあれば必ず目を通すようにしましょう
後から「そんなの聞いてないよ!」といったトラブルになる可能性があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

口座振込みには銀行印が必要


プロバイダ契約フローを確認しましょう

実際の契約ではどのように物事を進めていけばいいのか不安な方もおられるでしょう。
プロバイダの契約はスーパーでのお買い物のように何度も経験するものではありませんから。

でも実際は同じくらい簡単な作業。なにも心配せず、この記事のフローにしたがって進めていけば問題ないので安心してくださいね。

それでは、どの回線を契約するのか決定していると仮定して、まずは大まかなプロバイダの契約方法を見ていきましょう。インターネットが開通すればゴールです。(どの回線にするのか決まっていない方はこちらのページが参考になります。)

開通までに必要な作業は大きく3つ。

  • 1  契約するプロバイダを決める
  • 2  実際に申し込む
  • 3  回線工事・インターネット開通!

それでは、各作業をステップごとにおっていきましょう。



step1

    プロバイダを決定する

 


まずはプロバイダの決め方について見ていきましょう。
どのプロバイダと契約すれば1番最適なのか考える際には、

・どういった点を重視しているか。
・どこで情報を集めるか。
以上の2点を明確にしなければなりません。

どうやって決める?
みなさんにとってお得なプロバイダは、利用する予定の回線に依存してきます。 フレッツ光やWiMAXなど様々な回線がありますが、その回線によってプランは盛りだくさん。
本当にご自身にあったプロバイダかどうかを見抜くポイントはたったの4つ
“安さ”  “安定性”  “人気”  “キャンペーン”
詳しくは後述しますが、この4つを考慮しておけば間違いありません

どこで情報を集める?
プロバイダに関する情報収集の方法は「ネット・家電量販店での聞きこみ・資料請求」この3つでしょう。

私のおすすめは、やはりネット上の信頼のおけるページで情報を集める方法です。私自身日頃直接お店に出向く時間はないですし、資料請求だと時間がかかってしまいます。それぞれぞれの会社から送られてくるので、比較が難しいですしね。

その点ネットであれば、短時間で一気に情報を集められますし、最も効率的だと思います。


STEP2

    実際に申し込む

 


どこの業者で契約する?

基本的には以下の3つのパターン
・プロバイダに直接申し込む
・回線業者に申し込み、そこでプロバイダを決定する
・家電量販店等の店頭でプロバイダ、回線の両方を決める

先ほども紹介しましたが、この3つが主な方法。PCの購入に合わせて家電量販店で契約するのがおすすめです。しかし、ネットからでも高額なキャッシュバックを受け取ることができますので、PC購入の必要がない方はネットを介してプロバイダ・回線業者から契約しても損はしないでしょう。

どんな方法で申し込む?

申し込み方法は、大きく3つ
・インターネットで申し込みフォームを出して契約する
・電話で契約する
・店頭で契約する

店頭での契約の場合、販売員と直接話しながら契約を行うことができますが、回線・プロバイダが自由に選択できないというデメリットがあります。 インターネットで契約する場合、不明な点があればHP上に記載されている電話番号から相談することができます。


STEP3

    回線工事・インターネット開通

 


※このステップは工事の必要性がある方を対象としています。

回線工事について
回線工事が必要な方は、まず工事の予約を行います。予約から工事までは、時期によりますが1週間前後かかります。また、キャンペーンの有無などによって料金が発生しないこともあります。
WIMAXなどのモバイル回線や、回線の変更がない方は工事の必要性がありません。


矢印



net開通



おめでとうございます!これでついにネットが使えるようになります。


どうでしたか?このような流れで契約を行うことになります。STEPにしてたったの3つ。
この流れに沿って契約を行えば、スムーズに回線開通まで進めることができます。

jk簡単

 


では次に、みなさんが更にお得な契約ができるように、もう少し突っ込んだ説明をしていきます

「まだやることがあるの?」と心配している方は安心してください。
やることは変わりません。ただ、より満足していただけるようなコツを解説していきます。

・おすすめのプロバイダの決定方法

先ほど紹介しましたが、プロバイダ選びで注目すべきは
「安さ」「安定性」「人気」「キャンペーン」この4つ。人それぞれ重視する箇所は違ってきますので、それぞれの選びかたのコツを簡単に解説します。

「安さ」を重視する方へ

安さを重視する方、多いのではないでしょうか。
こちらのページでキャシュバック額なども含めた本当に安いプロバイダを調査しましたのでご確認ください。

固定回線の最安値はこちらから

WiMAXの最安値はこちらから

光コラボレーションの最安値はこちらから

「安定性」を重視する方へ

安定性を重視する方は、基本的に大きなプロバイダに加入することをおすすめします。回線速度を左右する“バックボーン”というコアネットワークの規模の大小がプロバイダによって違ってきますので、安定性を求めるのであれば、OCNやBIGLOBEなどの大手を選ぶのがベター。

安定性なら大手

「人気」を重視する方へ

多くのユーザーが使っていれば安心。そうお考えになる方もいるでしょう。もちろん、それは間違っていません。実際に契約数の多いプロバイダにはそれなりの理由があるはずですから。

プロバイダのシェア率を解説しているページはこちらになります

「キャンペーン」などの特典を重視する方へ

時期によっては、契約をすると豪華なキャンペーン商品をいただけることがあります。
Nexus7、kindle fire、キャシュバック5万円など、驚くほど高額な商品・お金がいただけるのもプロバイダ選びの楽しみの1つ。キャンペーンのキャッシュバック額、商品を基準にプロバイダを選ぶのも1つの手段でしょう。



いかがでしたか?個人的にですが、私が最もおすすめするのは・・人気と安さを兼ね備えたWiMAXのギガ放題プランとなります。
モバイル回線唯一の無制限でネットが楽しめる回線。(3日3GB制限が開始されました)
ノーリミットモードとハイスピードモードを切り替えながら使用すれば制限に引っかかることなく満足に使うことができるすぐれものです。

次に、回線はそのまま、プロバイダだけ変更したい方に向けたコンテンツを用意してあるので、興味のある方はご覧ください。


回線はそのままで、プロバイダのみ変更したい

もっと安くネット環境を運用したい…
このように何らかの理由でプロバイダのみを変更したいと考えている人もいるのでは?

実は、そんな方をターゲットにキャンペーンを行っているプロバイダは多数存在します。
YahooBBでは乗り換えする方を対象に16,000円のキャッシュバックを実施中。BBexciteでは半年間プロバイダ料金が割引されます。他にも、嬉しい事に、回線を変更する必要がないので面倒くさい工事の立ち会いもありません

ただ、1つ注意してほしいのは、契約しているプロバイダを解約するときに発生する違約金のこと。解約する前に必ず、いくら違約金が発生するのか確認する必要があるでしょう。(なかには違約金が発生しないケースも。お問い合わせしてみましょう。)

また、新たなプロバイダを契約する前に契約中のプロバイダを解約してしまうと、インターネットが使えなくなってしまう空白の期間ができてしまいますので、新しく契約をしてから解約を行うようにしましょう。

解約は契約後に


同時に2つの業者と契約できるの?

結論から言うと、、、できます!

同棲を始めるカップルが違うプロバイダのメールアドレスを使っています。どうにか2人とも同じアドレスを使い続けることができないでしょうか?

こんなときは2つのプロバイダと同時契約することでスッキリ解決できます。

実はNTT東・西日本では、基本的に2つまでのセッションが無料で利用できます
つまりは、2つまでのプロバイダ契約ならば、専用のルーターを揃えることで、追加の費用はプロバイダ代金のみ

月額500円くらいで契約できるプロバイダもありますから、案外安く済んでしまいます
Gmailなどに代表されるフリーアドレスの機密性が問題視されている中で、他のドメインのメールアドレスが欲しいという方にもオススメ

ネット環境のリスクヘッジのためにも2つのプロバイダを同時契約している方は少なくないようです。