今すぐ無料相談へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット回線の速度について

気になるインターネット回線の速度を徹底解説!
知っておきたい情報から速度別回線比較までご紹介


「インターネット回線を契約したいけど目安となる速度が分からない」
「速度が安定している回線を見つけられない」

皆さん、こういったインターネットの速度については分からないことが多いですよね。しかし、インターネット回線のスピードはポイントさえ押さえれば意外と簡単に比較できます。

それは、インターネット回線の混み合い具合と最高速度、そしてあなたの利用環境です!これが通信スピードを決める要因となっています。

そこで本ページでは、上記3つの普段は見えづらい部分を徹底調査。インターネット回線の通信スピードの目安や遅いと感じる要因からおすすめのサービスまで網羅的にご紹介します。

こちらを読めば必ず安定した速度でインターネット回線をご利用いただけること間違い無しです。それでは早速通信スピードの目安から確認していきましょう!



気になる快適なインターネット回線速度の目安とは?

インターネット回線の速度目安

インターネット回線を安定した速度で利用するには、そもそも通信速度の目安がわからなければ比較することもできません。それでは一体その目安とはどれくらいなのでしょうか?本項ではその目安について徹底解説します。

まず、インターネット回線の速度について整理しましょう。以下の表をご覧ください。

インターネット回線最高速度の目安


固定

  • フレッツ光回線
    1Gbps

  • auひかり回線
    1Gbps

  • 電力会社系光回線
    1Gbps

  • NURO光回線
    2Gbps

  • ケーブルテレビ
    1Mbps〜300Mbps


モバイルWiFi

  • WiMAX
    708Gbps

  • LTE(ポケットWiFi)
    682Mbps(ドコモ)

インターネット回線の種類別最高速度の目安は上記のような結果に。この数値を見ると、最高速度の側面ではモバイルWiFiも健闘していることがわかります。しかし、重要なのは速度の安定性。これはまだまだ光回線の方が強いです。

特にモバイルWiFiは地域差があったり、高い建物の近くは弱かったりと利用環境に大きく左右されるのです。もちろんモバイルWiFiでもインターネットを快適に利用できますが、安定性は光回線に軍配が上がります。

ケーブルテレビは干渉も大きく、最高速度も遅いので安定感に欠けることが多くあります。よって固定回線では光回線の一択となるでしょう。

それでは続いて、快適にインターネット回線を利用できる速度の目安をご紹介します。以下のまとめをご覧ください。

快適なインターネット回線速度の目安とは?

  • YouTubeやネットの閲覧など…20Mbps以上
  • オンラインゲームやPS4の利用…100Mbps以上

上記がインターネット回線を快適に利用するために目安となる速度です。意外と低いと感じていらっしゃる方も多いでしょう。しかし、住居タイプやエリアなどあなたの利用環境に応じて通信速度は大きく変化しています。

その結果、この通信速度目安に満たないが故に不便を感じるケースがあるのです。こちらではインターネット回線の速度の目安に焦点を当てて話してきました。次項では、上記のようにインターネット回線の通信速度が遅いと感じる要因から対策まで詳しくご紹介します。

遅い通信スピードの原因と対処法

インターネット回線の速度が遅い原因

こちらでは、インターネット回線の通信速度が遅いと感じる要因と対策についてお話します。前項でご紹介した通り、フレッツ光やauひかりは最高速度が一緒なのになぜ実際の評判に差がでるのでしょうか?それは以下の3つが挙げられます。

インターネット回線の速度を決めるのは?

  • 回線とプロバイダの種類によって遅い
  • 住居タイプの違いで遅い
  • 家の利用環境で遅い

上記3つが原因でインターネット回線の速度が遅いという状態が発生します。最初にインターネット回線とプロバイダの場合から見ていきましょう。

インターネット回線とプロバイダ

フレッツ光が非常に契約者の多いインターネット回線であることは皆さんもご存知でしょう。しかし、それが影響して速度が遅いということがよくあります。ちなみに光回線は以下の4つしか存在しておりません。

インターネット回線の種類

  • フレッツ光回線(最高速度1Gbps)
    フレッツ光、光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)

  • auひかり回線(最高速度1Gbps)
    auひかりのみ

  • NURO光回線(最高速度2Gbps)
    NURO光のみ

  • 電力系事業者回線(最高速度1Gbps)
    各地方電力系サービス(コミュファ光、eo光、メガ・エッグなど)

以上、4つのうちフレッツ光回線は非常に利用者が多いため、利用が集中する時間帯に速度が遅いと感じることが多いようです。特にマンションでは同じ住居内で1つの光回線を分け合っているので遅いということがあります。

しかし、auひかりやNURO光、電力系事業者などのインターネット回線は利用者がまだ少なく混み合うことがあまりないので評判が良いです。フレッツ光や光コラボも問題ない速度で利用できますが、安定性に欠けるので遅いというパターンもあります。

続いてプロバイダが原因の場合。プロバイダに関してもインターネット回線と同じく利用者が多くなると混み合うことも。しかし、こちらに関してはプロバイダによって受け入れられる容量が異なっているのでそのバックボーン(収容量)によっては遅いです。

プロバイダとは高速道路の料金所のようなもので、バックボーンは料金所の数。つまりバックボーンが大きいプロバイダであれば、たくさん利用者がいてもインターネット回線が遅いという事態は起きません。

しかし、こちらに関しては測る基準が無く地域差も大きいので、大手のプロバイダを選ぶ方が無難です。ただ、大手だからと言って必ず安定するという保証はなく、インターネット回線速度が遅いこともあるので注意しましょう。

住居タイプによって遅い

結論から申しあげますと、戸建の方が遅いと感じない安定感のあるインターネット回線速度で利用できます。それは工事でできることに限りがあるから。

戸建では工事に融通が効くので光ファイバーを通せますが、元々電話線でインターネット接続をしていたマンションに光ファイバーを通すとなれば工事が必要です。

しかし、電話線を全て光ファイバーにするということまでやりたがらないオーナーが多いです。そこで、マンションまでは光回線、部屋までは電話線ということもあるので、光回線本来の性能を活かせず遅いということも…

インターネット回線とプロバイダ、各家庭の関係性

インターネット回線とプロバイダ、各家庭の相関図

上記の画像の通り、接続方式によってインターネット回線速度の速い、遅いが分かれるのです。ADSLやVDSLは既存の電話線を利用するので安定性が悪くなり遅い、光配線なら最高速度は同じでもインターネット回線の安定性は良いなど、上記4つの方式によってインターネット回線の速度は変動します。

NUROは独自の方式なので、他の3つの配線は利用できません。つまり、工事をして新たな配線を引きます。

もう1つの違いがインターネット回線をマンションでは分け合っているという構造上の問題。戸建には1本の光回線から直接家に繋ぎこみがされています。

しかしマンションの場合、1本の光回線を共用部に繋ぎこみ、様々な方法で各部屋に接続されるのです。よって、マンション内でインターネット回線が混み合うと遅い速度での利用しなければなりません。

家の利用環境

上記2つに加え、家での利用環境によってもインターネット回線の速度が遅いという状況が生まれます。それは、LANケーブルとWiFiルーターの規格が光回線の通信速度に対応しておらず遅いケース。

いくら速いインターネット回線を使っていても、その速度に対応していない機器では宝の持ち腐れに。以下に対応している規格をまとめているのでご確認ください。

1GBのインターネット回線速度に対応している規格

  • LANケーブル
    「5e」、「6」、「7」

  • WiFiルーター
    「11n」、「11ac」

上記の規格であれば、1Gbpsの通信に対応しているので、心配ありません。意外と昔のルーターやケーブルを使っているから遅いというケースもよくあります。上記の2つの問題を考える前に確認しましょう。

以上、インターネット回線の速度が遅いと感じる要因について見てきました。続いてはインターネットの回線速度についてお話します。

必見!速度制限について徹底解説

インターネット回線の速度制限について

こちらではインターネット回線の速度制限に関して確認していきます。スマホなどでは既定のデータ量を超えると速度制限がかかってしまいますよね。それと同じようにインターネット回線にも速度制限が存在するので確認していきましょう。

インターネット回線の速度制限要因

  • 光回線
    無制限に使えます。しかし、1日のアップロードが30GB以上超えると制限がかかることが。(何日か連続で超えると)ただ、家庭の利用でアップロードが30GB超えることはまず無いので心配いりません。

  • モバイルWiFi
    速度制限があります。ポケットWiFiは月7GBの上限が設定されているケースが多く、それを超えると128Kbpsに速度を制限がされることが多いです。WiMAXは前日までの3日間で10GB以上使うと通信スピードを1Mbpsにされます。しかし、それ以外は縛りが無いので実質100GBほど利用できるのが特徴。

インターネット回線の速度制限については以上のような結果となりました。固定回線はダウンロード(下り)については速度制限が一切ないので心配いりません。ネットの利用が多い方は確実に光回線を選ぶことをおすすめします。

よく利用する方にとってはこちらだけでなく、利用が多い方にとってインターネット回線の通信速度は肝になりますよね。安定感では光回線の方が良いので、そちらがおすすめです。

以上、インターネット回線の速度制限について解説してきました。最後にインターネット回線を速度で比較しておりますのでぜひご覧ください。

インターネット回線を通信スピードで比較!おすすめはこれだ

インターネット回線の速度で比較

最後に速度面から見るおすすめの光回線を比較していきます。先ほど申し上げた通り、フレッツ光回線は利用者が多いです。しかし、それ故にauひかりやNURO光と比較して速度の安定性では劣ります。

そういった要素を含めると、インターネット回線の速度別比較は以下の図のようになるのです。

インターネット回線速度別ランキング

早速上記のインターネット回線を順番に比較していきます。速度だけでなく料金も良心的なインターネット回線ばかりなのでどうぞご覧ください。

NURO光

世界最速2Gbpsのインターネット回線


NURO光は他と比較しても圧倒的な最高速度2Gbpsを誇るインターネット回線です。NURO光はマンションでも戸建と同じように接続するので、通信速度が非常に安定します。

また、今なら工事費無料かつWiFiルーターも無料になります。そんなNURO光はプロバイダ込で月額4,743円。他社と比較しても非常に良心的な価格です。

しかし、7階建て以下のマンションでないと利用できないので注意しましょう。(戸建は問題無し)加えて、現在関東、関西、東海の3つのエリアでしか提供しておりません。

今後全国的に拡大していくでしょうが、まだエリアカバーはできていないというところです。ただ、インターネット回線に速度を求める方には最初に検討していただきたい回線。詳細情報は下のボタンからどうぞ!

最高速度2Gbpsの超高速回線


コミュファ光

au×安定感ある速度×東海


速度ではNURO光に引けを取りますが、安定感ある速度が持ち味のコミュファ光。速度だけではなくauスマホとのセット割もあります。また、中部電力が運営するインターネット回線なので比較的に安心感もあるのも強み。

そんなコミュファ光についてはこちらからどうぞ!

東海限定!コミュファ光


auひかり

全国に展開するauひかり!顧客満足度抜群


auひかりは顧客満足度が非常に高く、全国的に安定したインターネット回線速度を誇っています。もちろんauスマホとのセット割があるのでおすすめです。

auひかりは料金も他社と比較して安く、申込先やスマホ割によっては実質月額3,000円以下になることも。auひかりについて下記のボタンからどうぞ!

auユーザー必見の安定回線


フレッツ光と光コラボ

インターネット回線界の王道!
フレッツ光と光コラボ


フレッツ光回線は利用者が多いのでインターネット回線速度は他回線と比較すると遅いです。しかし、長年築いてきた安心感と信頼が持ち味ですので、安定した速度を確保できます。また、他社と比較してエリアの網羅度は非常に高いです。

そんなフレッツ光回線ですが、最近のトレンドは光コラボです。光コラボなら各社独自のサービスを提供しているので、あなたの利用しているスマホやサービスに応じた割引を適用できるのが強み。

特にスマホとのセット割が適用できるドコモ光とソフトバンク光はおすすめ。他にもauひかりが使えない方や格安スマホを契約している人には、大手プロバイダSo-netが運営するSo-net光コラボが良いでしょう。いずれも他の光コラボと比較して良質なインターネット回線です。

それぞれの詳細を確認したい方は以下のボタンからどうぞ!



以上、インターネット回線の速度別比較をしてまいりました。ここまでの比較であなたにぴったりのインターネット回線は見つかりましたでしょうか?

もしもっと深く検討したいという方がいらっしゃいましたら、こちらからインターネット回線の総合比較をご覧いただけます。あなたのインターネット回線選びに少しでもお力添え出来たなら幸いです。

インターネット回線総合比較詳細へ