今すぐ無料相談へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット回線の種類について解説

インターネット回線を種類別にご紹介!
固定回線・モバイルWiFiを詳しく解説します


「インターネット回線は種類が多くてどれもいいものに見える」
「正直種類がありすぎて違いがよくわからない」

あなたもこういったお悩みを抱えているのではないでしょうか?こういった悩みを抱えているのは皆さんだけではなく、たくさんいらっしゃいます。

しかし、1度契約すると2〜3年程度の契約が発生するインターネット回線。種類を知らずに選んでしまうと「速度が遅い」、「料金が高い」といった問題が必ずと言っていいほど起こります。

そこで本ページではインターネット回線の種類を洗いざらいご紹介。固定回線・ポケットWiFiという2つのインターネット回線をメインに様々な種類のサービスを解説していきます。

こちらを読めば、もうネット選びで種類やサービスの特徴が必ずお分かりいただけます。それでは早速インターネット回線の全体像からお話していきましょう。



最初はインターネット回線の種類をそれぞれ比較!

インターネット回線の種類を比較

インターネット回線と言えば、光回線やポケットWiFi、ケーブルテレビなど様々な種類があります。ただ、それらを全て理解していらっしゃる方は非常に少ないです。また、種類別に比較するとなると一苦労。

そこで、光回線やポケットWiFiの種類を見ていく前にインターネット回線の種類と比較のポイントをまずはご紹介します。それでは、下記のインターネット回線の種類比較まとめをご覧ください。

インターネット回線の種類比較まとめ


固定回線

固定回線は、光ケーブルや電話線など有線にて繋ぐインターネット回線です。よって、固定の場所でないと使えません。また、モバイルWiFiと比較して速度制限もかからないので、ネット利用が多い方や家族でお住いの方にはおすすめ。しかし、基本的に宅内工事が必要になります。

種類:光回線、ケーブルテレビ、ADSL

  • 光回線
    光回線とは光ファイバーを使って接続する種類のインターネット回線です。2018年現在の主流はこちらになります。最高通信速度は1Gbps〜2Gbpsという超高速通信が可能です。また、種類も豊富で固定回線比較なら光回線がベスト。

  • ケーブルテレビ
    ケーブルテレビの回線を用いるインターネット回線です。光回線と比較して速度の安定性が悪く特にマンションだと通信が混雑するので遅くなることが多くなります。最高通信速度も1Mbps〜300Mbps程度で光回線と比較して遅いです。

  • ADSL
    既存の電話線を使って接続するインターネット回線です。速度は非常に遅く10Mbps程度。また、基地局からの家までの距離に応じて速度が変動するので、家から遠いと著しく速度が低下することもあります。固定回線の種類の中ではおすすめできません。

モバイルWiFi

モバイルWiFiとは、WiFiルーターを用いて無線で接続するインターネット回線のこと。光回線と比較すると安定感には欠けますが、一般的なネット利用では問題ありません。最高通信速度は光回線と遜色ない程度まで進化しています。

そんなモバイルWiFiは、現在LTEとWiMAXという2つの種類があります。1人暮らしの方や外出先でネットを利用したい方におすすめ。工事がいらないので、WiFiルーターが届いたらすぐに利用できるのが強みです。

種類:ポケットWiFi(LTE)、WiMAX

上記のようにインターネット回線の種類は分けられます。端的にお話すると固定回線比較なら光回線、モバイルWiFi比較ならWiMAXがおすすめです。その要因がこちらになります。(WiFiに関しては後で詳しくお話させていただきます。)

光回線がおすすめの理由

  • 速度が安定かつ速い
    インターネット回線を見る上で重要な速度。安定性と単純な最高速度という2つの軸で考えることができます。そのどちらの要素で比較しても光回線が勝っています。

  • 種類が豊富なので、あなたのニーズに合わせたプランを選択可能
    光回線の種類は200種類以上に上ります。スマホ割やTVとのセットなど各社様々サービスを展開中なので、あなたのニーズに合わせて比較しプランを選ぶことが可能です。
光回線は上記の理由で人気があり、他のインターネット回線と比較しておすすめというわけです。続いてインターネットの種類を比較する上でのポイントをお話します。

インターネット回線の種類比較におけるポイント

  • 速度
  • 料金
  • 利用量

インターネット回線の種類は多数ありますが、この3つの観点から比較すれば必ずあなたにおすすめのインターネット回線が見つかります。それでは、早速光回線の種類をご紹介しますので、どうぞご覧ください。

光回線の種類を徹底調査

光回線にはどんなサービスがあるの?

光回線の種類は先ほど申し上げた通り、200種類以上あるとお伝えしました。しかし、「サービス」が200種類ということで、厳密に「回線」という意味では4種類ほどしか存在しておりません。そこで、こちらでは光インターネット回線をその4種類に絞ってお話させていただきます。

光インターネット回線の種類

インター
ネット回線
主要サービス エリア 最高速度 速度の
安定感
フレッツ光
回線
フレッツ光、光コラボ(ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光コラボなど) 全国 最高速度
1Gbps
auひかり
回線
auひかり 全国
(一部
例外
あり)
最高速度
1Gbps
NURO光
回線
NURO光 関東
関西
東海
最高速度
2Gbps
地方電力系
光回線
コミュファ光、eo光、メガ・エッグなど 各地方
電力の
範囲内
最高速度
1Gbps

上記4種類が光インターネット回線と言われる回線です。近年流行りの光コラボはフレッツ光のインターネット回線を利用してサービスを提供しています。よって、使っている回線は同じというわけです。

他3種類のインターネット回線はそれぞれ独自の回線を持っており、それらを独自に運営しています。そういった理由から、フレッツ光回線は利用者も多く、インターネット回線自体が混み合いがちです。auひかりやNURO光はフレッツ光回線ほど利用者が多くないので混み合うことが少ないというわけです。

速度を意識するならフレッツ光回線以外の3種類から選択するのがおすすめ。また、NURO光のみ特殊な伝達方式を採用することにより、最高速度2Gbpsを実現しています。2018年1月から関西・東海にも進出した大注目のインターネット回線です。

また、基本的に光回線には速度制限がありません。どれだけ使っても制限がかかることが無いので、インターネット回線をよく利用される方、する予定の方には間違いなく光回線が良いでしょう。

以上、光インターネット回線の種類を網羅的にご紹介しました。詳しいサービス内容やおすすめのインターネット回線を知りたい方はこちらからどうぞご覧ください。

インターネット回線のおすすめ比較はこちら!

2つのモバイルWiFiを徹底解説

モバイルWiFiのサービスについて

最初に少しご紹介させて頂きましたが、モバイルWiFiには2種類しかありません。それがポケットWiFiとWiMAXという種類。固定インターネット回線の代わりに利用することで料金を安く抑えることもできるのでこちらもぜひご確認ください。

モバイルインターネット回線の種類

サービス ポケットWiFi(LTE) WiMAX
エリア 全国 全国
インターネット
回線最高速度
682Mbps 708Mbps
インターネット
回線速度の
安定感
インターネット
回線速度制限の
種類
あり。基本的に月間使用量が決められている あり。前日までの3日間で10GB以上使うと夜間は制限。ただ翌日には解除されるので、実質月間100GBまで無制限。

上記のようにモバイルインターネット回線は種類分けできます。ポケットWiFiはLTEと呼ばれる電波を使って接続しているインターネット回線。

簡単に言うとスマホと同じ仕組みを使っている種類のインターネット回線です。通信速度はキャリアの種類によって異なりますが、最高通信速度は682Mbps(docomo)となっています。

WiMAXはLTEとは違う独自の電波を使用しているインターネット回線の種類です。最高通信速度は708MbpsでLTEよりも速いです。また、料金的にもポケットWiFiよりお得に利用できます。先ほど申し上げた通り、モバイルWiFiではWiMAXがおすすめ。その理由は以下の2つです。

モバイルWiFi種類比較:WiMAXがおすすめの理由

  • 速度・利用量の面で軍配が上がる
    最高速度は708Mbpsと光回線に迫ります。ポケットWiFiが682Mbpsなので、微量ながらWiMAXの方が速いです。また、WiMAXは実質無制限で使えるのに対し、ポケットWiFiは月の利用量が設定されています。

  • 料金的にも安い
    やはり気になるのが料金面。料金ではWiMAXの方が安いです。実質無制限で月額は3000円程度。ポケットWiFiは制限がついていて、4000円前後というプランが多いです。

その理由はWiMAXが代理店に開放している一方、ポケットWiFiがドコモやソフトバンクなど各キャリアでしか販売していないインターネット回線です。よって、こういった価格差が生まれています。

以上2点がWiMAXおすすめする理由です。モバイルインターネット回線の安定感は光回線と比べた上で△とさせていただきましたが、日常的に使う際に支障は全くありません。

また、速度制限はポケットWiFi、WiMAXともにかかります。しかし、種類が異なっておりWiMAXでは3日間で10GB以上使った場合にのみ、その翌日の夜間に制限がかかります。

その次の日は、またその前日までの3日間の数値にリセットされるので、1日我慢すれば通常通り利用可能です。

本項ではモバイルインターネット回線の種類について詳しくご紹介しました。最後にインターネット回線の種類において、あなたへのおすすめはどちらかポイントをご紹介しますのでご覧ください。

インターネット回線の種類おすすめはどっち??

おすすめのネット回線を紹介

ここまでインターネット回線の種類について網羅的にご紹介してきました。しかし、光回線とモバイルWiFi、果たしてどちらの種類のインターネット回線があなたにおすすめなのか疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、最後に光回線とWiMAXの種類についておすすめ比較ポイントをご紹介します。下記の種類まとめをご参照ください。

光インターネット回線がおすすめの方

  • 複数人での利用をお考えの方(家族など)

  • インターネット回線の利用量が多い方
    具体的には動画を1日2〜3時間以上見たり、オンラインゲームをしたりする人

  • 安定かつ速い速度を求める方
    具体的にはオンラインゲームや株取引などの種類で利用される場合

WiMAXがおすすめの方

  • 1人暮らしの方

  • インターネット回線の利用が少ない方
    具体的には1日2〜3時間の動画閲覧&サイト閲覧など。(動画は容量を食いますが、サイトの閲覧やアプリの利用程度であれば、全く問題ありません)

  • ある程度速度が保証されていればいいという方
    具体的には動画やアプリの利用、サイトの閲覧がメインの場合

  • 外出先での利用が多い方

以上、インターネット回線の種類を選ぶ際に参考にすると良いでしょう。今回はインターネット回線の種類について詳しくご紹介させていただきました。

あなたにどちらの種類がおすすめなのかご理解いただけたのではないでしょうか?本ページでお話した光回線とWiMAXの2種類について詳細な比較を下記からご覧いただけます。

ご興味がありましたらこちらもどうぞご覧ください。本ページがあなたのおすすめインターネット回線選びの助けになれば幸いです。

2018年最新!光回線おすすめ総合比較 2018年最新!WiMAXおすすめ総合比較