このエントリーをはてなブックマークに追加

フレッツ光からの転用がイマイチ分かりにくい?
そんな方のために手順から
メリット・デメリットまで詳しくご紹介


「フレッツ光の転用について方法がわからない」
「光コラボに変わるとどうなるの?」

フレッツ光に関してこういった悩みをお持ちの方は非常に多いです。ちなみに「転用」とはフレッツ光から光コラボに乗り換えることを意味します。しかし、あなたも転用に関して複雑だからと敬遠しているのではないでしょうか?

実は、フレッツ光から光コラボに転用するだけであなたのインターネット回線料金を半分以下にすることも可能です!更に違約金も全くかかりません。

本ページではタイミングを逃して損をしたくないあなたのためにそんなフレッツ光から光コラボへの転用について徹底解説。手順からメリット・デメリット、最後にはおすすめの光コラボサービスまで詳しくお話します。

こちらを読めば安心してフレッツ光から転用できます。それでは、早速基本情報から確認していきましょう。



まずは確認!フレッツ光からの転用とは

転用とはフレッツ光から光コラボサービスに乗り換えることだと先ほどご説明しました。しかし、そもそも光コラボとは一体何なのでしょうか?こちらを簡単にご説明します。

光コラボとは、2015年から始まったフレッツ光の回線を使って様々な業者がインターネット回線を提供できる仕組みを示しています。つまり、フレッツ光も光コラボも同じ回線を利用しているので品質は変わりません。

違いは各社が独自のサービスを提供していること。ドコモ光やソフトバンク光ではスマホ割、DMM光やぷらら光、IJmio光は動画サービスやひかりTV、格安SIMとのセットでの割引など様々なサービスが提供されています。

元々フレッツ光とはNTT西日本と東日本のみが提供していたので、割引が少なく消費者に不利な状況でした。しかし、光コラボの登場でお得に利用できるサービスが増えています。光コラボとは、フレッツ光を自分に合わせてカスタマイズできるサービスだと言えるでしょう。

フレッツ光からの転用とは何か?という話に戻しますが、転用では今まで使っていたカスタマーIDや電話番号は一切変更することなく乗り換えられます。

また、フレッツ光から光コラボへの転用では違約金や手数料、工事などは発生しません。転用によって変わるのは支払い先とサービス内容のみといったイメージです。

上記の内容でフレッツ光の転用とはお得なことしかないとお分かりいただけたのではないでしょうか?それではまずはNTT西日本でご契約の方向けの転用方法とは何かご説明していきます。「東日本の方向けの転用方法とは」については下記のボタンからどうぞ!

NTT東日本の方はこちら

西日本にお住まいの方はこちら

NTT西日本でご契約中の方向けのフレッツ光転用方法をご紹介いたします。まずは転用についての手順を下記からご覧ください。

NTT西日本でフレッツ光をご契約中の方向けの転用手順

  • Step1:NTT西日本から「転用承諾番号」を受け取る
    ※電話、またはインターネットにて申し込みができます。以下の質問がありますので、ご用意の上お問い合わせください

    NTT西日本からの質問項目
    @フレッツ光のお客さまID(CAF/Lで始まる番号)、ひかり電話の電話番号等
    Aフレッツ光のご契約者名
    Bフレッツ光のご利用場所住所
    C現在のお支払い方法 など

  • Step2:光コラボ事業者が提供するサービスへの転用を申し込み(Step1完了後15日以内)
    ※光コラボへの転用完了日は申し込み日から2営業日以降になります。

以上、わずか2stepにてNTT西日本での転用の申請が完了します。非常に簡単ですね。フレッツ光で使っていたNTT西日本の「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのままなので、複雑な手続きは必要ありません。

手続きは電話、またはインターネットにて申し込みができます。私も経験があるのですが、電話だと混み合っていることも多いのでインターネットの方が楽かもしれません。

また、NTT西日本にフレッツ光から光コラボへ転用の申し込みをする際には、「転用承諾番号」というものが必要です。NTT西日本からもらえるので、こちらを必ず忘れずにメモしておきましょう。(次項にて転用承諾番号は詳しくご説明させていただきます)

他にも、現在ご利用中の付加サービスの変更やNTT西日本でフレッツ光の「移転」等の手続き中は、「転用承諾番号」が受け取れない場合があります。引っ越し予定の場合は必ず移転前に転用手続きを開始されることがおすすめです。

以上、NTT西日本でフレッツ光をご契約中の方向けの転用手続きに関して解説してきました。続いては、本項でも出てきた転用承諾番号についてお話させていただきます。下記のボタンからご確認ください。

フレッツ光の転用承諾番号について

東日本にお住まいの方はこちら

NTT東日本でご契約中の方向けのフレッツ光転用方法をご紹介いたします。まずは転用についての手順を下記からご覧ください。

NTT東日本でフレッツ光をご契約中の方向けの転用手順

  • Step1:NTT東日本から「転用承諾番号」を受け取る
    ※電話、またはインターネットにて申し込みができます。以下の質問がありますので、ご用意の上お問い合わせください

    NTT東日本からの質問項目
    @フレッツ光のお客さまID(CAF/Lで始まる番号)、ひかり電話の電話番号等
    Aフレッツ光のご契約者名
    Bフレッツ光のご利用場所住所
    C現在のお支払い方法 など

  • Step2:光コラボ事業者が提供するサービスへの転用を申し込み(Step1完了後15日以内)
    ※光コラボへの転用完了日は申し込み日から2営業日以降になります。

以上、わずか2stepにてNTT東日本での転用の申請が完了します。非常に簡単ですね。フレッツ光で使っていたNTT東日本の「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのままなので、複雑な手続きは必要ありません。

問い合わせは電話、またはインターネットにて申し込みができます。私も経験があるのですが、電話だと混み合っていることも多いのでインターネットの方が楽かもしれません。

また、NTT東日本にフレッツ光から光コラボへ転用の申し込みをする際には、「転用承諾番号」というものが必要です。NTT東日本からもらえるので、こちらを必ず忘れずにメモしておきましょう。(次項にて転用承諾番号は詳しくご説明させていただきます)

他にも、現在ご利用中の付加サービスの変更やNTT東日本でフレッツ光の「移転」等の手続き中は、「転用承諾番号」が受け取れない場合があります。引っ越し予定の場合は必ず移転前に転用手続きを開始されることがおすすめです。

以上、NTT東日本でフレッツ光をご契約中の方向けの転用手続きに関して解説してきました。続いては、本項でも出てきた転用承諾番号についてお話させていただきます。

フレッツ光における転用番号とは?

NTT東日本、西日本、どちらでフレッツ光をご契約していても、光コラボへの転用を申し込む際には転用承諾番号というものが必要です。こちらは先ほど申し上げた通り、NTTに転用を申し込む際に貰えます。以下に詳細をまとめておりますのでご確認ください。

転用承諾番号とは

フレッツ光から光コラボへの転用に必要な番号。いわば光コラボの提供業者にあなたがフレッツ光から光コラボに乗り換えることを伝えるための管理番号です。

例: E(W) 0119 *****1
@ A B

@固定英字1桁(東日本:E/西日本:W)
A有効期限4桁
B発行番号6桁

上記のような番号をNTTから貰えるので、光コラボサービスに申し込む際に伝えることが必要になります。申し込みは電話や店頭だけでなくインターネットでも可能です。インターネットでは、キャンペーンが豊富でお得になるケースが多いのでよく比較しましょう。

上記の番号に有効期限とありますが、転用承諾番号を取得してから15日以内にサービスをフレッツ光から光コラボに乗り換えなければ失効してしまいます。もう1度取り直せばいいのですが、転用するサービスを決めてから番号を取得する方が良いでしょう。

また、フレッツ光からの転用は工事費支払いが残っている場合でも可能なので、自分に合うサービスを見つけた場合は転用する方がお得です。

以上、こちらではフレッツ光からの転用における転用承諾番号をご紹介しました。最後に、フレッツ光から光コラボに転用する際のメリットとデメリットを書いておりますのでご覧ください。

メリット・デメリットをご紹介!

フレッツ光から光コラボへの転用について詳しくご紹介してきましたが、メリットだけじゃなくてデメリットもあるのでは?とお思いの方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、転用のメリット・デメリットを詳しくまとめましたのでご覧ください。

フレッツ光から転用のメリット

  • 基本料金が安くなる
    フレッツ光は割引があまり無いのがデメリットですが、光コラボは各社趣向を凝らした割引を提供しています。ドコモ光やソフトバンク光、So-net光コラボなどでは各キャリアでの割引が充実。

  • キャンペーンが豊
    こちらもフレッツ光ではあまり開催されていないのがデメリット。光コラボ、特にWebでの申し込みにおいてはキャンペーンが豊富なのでおすすめです。

  • フレッツ光から転用のデメリット

    • 手続きが必要
      複雑な手続きはそこまで発生しないのでデメリットは言えないかもしれませんが、電話、またはネットにて転用の手続きが確実に必要です。

    • 事務手数料が必要
      これは、新規、転用に限らず必要です。違約金ではないので金額は800〜3,000円程度で済みますが、デメリットの1つでしょう。

    • 転用後は再転用不可
      光コラボに変えてからもう1度フレッツ光に、または他の光コラボサービスにというのは転用ではなく、解約後新規で契約する必要があります。よって、慎重に選択することが必要です。

転用には、上記のようなメリット・デメリットがあります。必ずフレッツ光から転用する際は注意しましょう。以上、フレッツ光からの転用について詳しくご紹介しました。最後におすすめの光コラボサービスをご覧ください。

おすすめの光コラボサービス

最後にフレッツ光から光コラボへの転用を考えていらっしゃる方向けにおすすめのサービスをご紹介します。

フレッツ光から転用ならスマホ割がおすすめ

ドコモ au ソフトバンク
おすすめ
光コラボ
ドコモ光 So-net光 ソフトバンク光
番外編 auひかり NURO光

フレッツ光から転用する場合は、上記のインターネット回線がおすすめです。それぞれ各キャリア別に非常にお得な割引を行っています。特に家族でスマホを使っている場合は、それぞれのスマホで割引を適用できるので、更にお得に利用できるのがおすすめポイント。

番外編で紹介した2つの回線はフレッツ光から転用できる光コラボではありませんが、フレッツ光や光コラボより速度の安定感が高いと評判です。特にNURO光は他を寄せ付けない最高速度2Gbpsを誇っています。もちろん、キャリア別の割引を適用できるのでおすすめ!

上記でご紹介したフレッツ光コラボを始めとしたおすすめサービスは下記のボタンから詳細をご覧いただけるので、興味がありましたらどうぞ!


本ページでは、フレッツ光の転用に関して詳しくお話してきました。しかし、インターネット回線は転用可能なフレッツ光コラボ、その他auひかりやNURO光からWiMAXやポケットWiFiまで総合的に比較することがおすすめです。

当サイトでは、インターネット回線を総合比較も行っております。よろしければご確認いただけると幸いです。本ページがあなたのネット回線選びの一助となることを祈っております。

インターネット回線総合比較ならこちら!