このエントリーをはてなブックマークに追加

フレッツ光とドコモ光



「フレッツ光とドコモ光って何が違うの?」



こんな疑問を持っているドコモユーザーの方は非常に多いです。しかし、どちらもNTT系の会社だから同じだろうと思って契約すると大きく損することも…

実は、契約内容やあなたのスマホ、キャンペーンによっては今までの月額料金より非常に安くインターネットを使用できるんです!

今回は、フレッツ光・ドコモ光の公式サイトから判明した、フレッツ光とドコモ光の違いから回線速度の差、比較や乗り換え時の注意点まで徹底解説。

こちらを読めば、必ず安心してインターネット回線を契約できます!

それでは、まずフレッツ光とドコモ光の違いを見ていきましょう。


フレッツ光とドコモ光の違いを徹底調査!




よくわかる!フレッツ光とドコモ光の違い

2つの回線の違い


どちらも光回線を通してインターネットを提供しているフレッツ光とドコモ光。こちらでは、まずその違いについて詳細にお話します。

フレッツ光とドコモ光の代表的な違いは以下の3つです。

  • 提供元の違い
  • プロバイダ契約の方法
  • 料金の違い

それではフレッツ光とドコモ光の違いを順番に見ていきましょう。

提供元の違い


ドコモ光とは、その名の通りNTTドコモが提供しているサービスです。そして、フレッツ光は、NTT(東日本・西日本)が提供しています。

厳密に言うと、光回線はNTTが所有しており、その回線を直接販売しているサービスが「フレッツ光」。

NTTが所有するフレッツ光の光回線をドコモに卸売りして、それを用いてインターネットを提供するのが「ドコモ光」という違いがあります。

よくフレッツ光とドコモ光では回線速度が違うという意見を目にしますが、大きな間違いで回線速度に違いは全くありません。

その理由はもちろん提供元は違うけれども、使っている回線は全く同じだからです。でも、確かにフレッツ光とドコモ光でインターネットの通信速度には差が出ることはあります。

この要因については、後ほど詳しくご説明します。

プロバイダ契約の方法


一般的にインターネット契約をする際には、必ず「プロバイダ」と呼ばれる接続業者とも契約する必要があります。フレッツ光では、回線のみの契約なので 基本料金と別にプロバイダとの契約料を払わなければなりません。

しかし、ドコモ光では回線とプロバイダの一括契約になり、指定された業者の中から選べば基本料金のみでプロバイダ契約もできます。

ドコモ光の指定した業者に関しては非常に数が多いので、料金比較をする際に後述します。

料金の違い


最後に料金についてです。そもそもフレッツ光とドコモ光の回線速度に変わりがないのであれば料金で比較した方がお得ですよね。代表的な違いは、以下の3つです。

  • 基本料金
  • プロバイダ料金
  • スマホとのセット割

これら3つの価格設定が変更されることはあまりないので、この3点を意識して比較すると月額料金がよくわかります。フレッツ光とドコモ光の料金の具体的な違いについては後ほど詳しくご説明するので、そちらをご参考ください。

以上、フレッツ光とドコモ光の3つの違いに関してご説明してきました。両者の大きな違いについてはお分かりいただけたかと思います。

続いては、本項でお話しできなかったフレッツ光やドコモ光におけるインターネット利用速度の差について徹底解明。インターネットを利用する上で速さは料金と同じくらい捨てがたい要素です。

ぜひ、次項を見て速度に関しての問題や疑問を解決していただきたいと思います。



通信速度の差はなぜ生まれる?

通信速度の差はなぜ生まれるのか?


先ほど、フレッツ光とドコモ光の使っている光回線は全く同じで回線速度に差がないことをお伝えしました。にも関わらず、フレッツ光とドコモ光の間で通信速度に違いが出ることがあります。

それでは、フレッツ光とドコモ光のインターネットの通信速度に影響を与えている原因はいったい何なのでしょうか?

それは主に次の2つです。

  • WiFiルーター(無線ルーター)の性能
  • プロバイダの問題

これら2つが、それぞれフレッツ光とドコモ光の速度にどう影響を与えているのかをご説明します。

WiFiルーター(無線ルーター)の性能


このケースが最も多いです。無料のルーターや古いルーターを使っている場合、高速通信に対応していないが故に速度が遅くなります。

その結果、(フレッツ光・ドコモ光関係なく)インターネット自体の速度は出ているにも関わらずルーターによってその速度を消してしまっているのです。

ルーターを選ぶ際は、光回線の高速通信に対応している規格のルーターを選びましょう。様々な規格がありますが、その中でも高速通信できる「11ac」のルーターをおすすめします。

フレッツ光、ドコモ光共にルーターで解決することが多いので、規格が合ってないときはルーターを変えてみましょう。

プロバイダの問題


2つ目の速度低下原因はプロバイダの問題です。厳密には、プロバイダごとに速度差があるわけではなく、回線の安定性にプロバイダが関連しています。

この回線の安定性が実際の通信速度に関係するので、プロバイダによって速度に違いが出てしまうのです。

この仕組みを簡単にご説明します。フレッツ光やドコモ光での通信を例えると、光回線という高速道路の上に多くの回線利用者(車)がいると仮定できます。

この状況で、プロバイダは家の前にある料金所のようなものです。そこで料金所に車が集中すると渋滞が起こりますよね。これが、フレッツ光やドコモ光の通信速度の差の要因です。

また、料金所のゲートが1つしかなければこれもまた渋滞につながります。それと同じでフレッツ光やドコモ光などのインターネット回線においても、プロバイダの収容能力や利用者数によって速度が変わってしまうということです。

そんなプロバイダの選び方ですが、フレッツ光、ドコモ光に関わらず、地域差があるなどベストなものがありません。というわけで、まずは口コミを参考にして選ぶと良いでしょう。

フレッツ光やドコモ光ではプロバイダの変更も可能(違約金は発生します)なので、最悪の場合は変えるという選択もあります。

通信速度に問題がある場合は、フレッツ光、ドコモ光などの回線自体ではなく、以上の2点が関係していることがほとんどなので、まずはこの2点を疑ってみましょう。

通信速度に回線が関係ないということがわかれば、フレッツ光やドコモ光を契約する際に比較するのは料金のみですよね。 続いては、フレッツ光とドコモ光の料金を比較するときのポイントをまとめたのでそちらをご紹介します。



料金をポイント別に比較!

2つの回線の料金を比較


どのようにフレッツ光とドコモ光の料金を比較すればいいのかって意外と難しいかと思います。安くなると言われて契約して、ふたを開けると高くなっていたなんてことも… そんな状況を避けるため、こちらではフレッツ光とドコモ光の料金を以下の3点で比較していきます。

  • 月額基本料金
  • プロバイダ料金
  • スマホとのセット割

それでは、まず月額基本料金の比較を見ましょう!

フレッツ光VSドコモ光:月額基本料金を比較


★フレッツ光とドコモ光の月額基本料金比較表
回線名 ホーム マンション
フレッツ光 4,600円 2,950円
ドコモ光 5,200円 4,000円
※フレッツ光は基本料金に「にねん割」、「ギガ押し割」、「マンスリーポイント」を適用。ドコモ光はタイプA

上記の表の通り、基本料金のみで比較するとフレッツ光の方に分があります。厳密には割引を適用しているので、フレッツ光の基本料金はもう少し高いです。 ドコモ光の割引に関しては複雑なのでスマホとのセット割の比較にて後述します。

フレッツ光VSドコモ光:プロバイダ料金を比較


続いては、フレッツ光とドコモ光のプロバイダ料金の比較です。フレッツ光では、回線のみの契約なので、別途プロバイダとも契約が必要になります。

フレッツ光のプロバイダ料金は各社異なりますが、だいたい500円〜1,000円程度です。 一方で、ドコモ光はプロバイダ契約とセットなので、基本的に月額料金のみで利用できます。プロバイダの比較は以下を参照ください。

★ドコモ光のプロバイダタイプ比較表
タイプA(+0円) タイプB(+200円)
ドコモネット、プララ、So-net、GMOとくとくBB、DTI、
タイガースネットドットコム、BIGLOBE、BBエキサイト、
andline、ic-net、ウーパ、エディオンネット、シナプス、
ティキティキインターネット、楽天ブロードバンド、hi-ho、
01光コアラ、ネスク、SIS
Tcom、OCN、nifty、TNC、
AsahiNet、WAKWAK、
ちゃんぷるネット
※その他のプロバイダの場合、基本料金3,800円+プロバイダ料金が発生。

上記の表の通り、ドコモ光では、タイプAのプロバイダなら追加料金はかかりませんが、タイプBのプロバイダでは追加で200円かかります。 フレッツ光と比較すると、いずれにせよ、ほぼ追加料金がかからないのでドコモ光の方がお得です。

スマホとのセット割で比較


最後に、フレッツ光とドコモ光の大きな違いであるスマホとのセット割を比較します。ドコモ光はNTTドコモが提供していることもあり、光セット割と呼ばれるスマホのプランに応じた割引を受けられます。

ドコモ光でプラン別の割引比較は以下の通りです。

★ドコモ光セット割比較表  
おひとりで利用 戸建・マンション共通
ウルトラデータLLパック -1,100円/月
ウルトラデータLパック -900円/月
データMパック(標準) -800円/月
データSパック(小容量) -500円/月
ケータイパック -500円/月

家族で利用 戸建 マンション
ウルトラシェアパック100 -3,200円/月 -3,000円/月
ウルトラシェアパック50 -2,500円/月 -2,400円/月
ウルトラシェアパック30 -2,000円/月 -2,000円/月
シェアパック15(標準) -1,800円/月 -1,800円/月
シェアパック10(小容量) -1,200円/月 -1,200円/月
シェアパック5(小容量) -800円/月 -800円/月

上記のように、ドコモ光ではパケットの契約プランごとに割引額が決まっています。フレッツ光にはないお得な割引なので、お持ちのスマホの契約を確認しましょう。

その他、ドコモ光はキャンペーンを随時行っているのでそちらの比較も忘れずに。 ちなみにフレッツ光はキャンペーンを年々減らしています。更にオプション加入必須のキャンペーンも多いので要注意!

これらのポイントでフレッツ光とドコモ光は比較できますが、具体的な算出方法がわかりづらいので、例と合わせて以下にまとめます。

★フレッツ光の料金算出方法
月々に支払うお金=月額基本料金+プロバイダ料金

★ドコモ光の料金算出方法
月々に支払うお金=月額基本料金(プロバイダ料金込)−ドコモ光セット割−(キャンペーン割)

【フレッツ光とドコモ光の比較例】


ドコモのスマホを家族で利用しており、ウルトラシェアパック50で契約中。家は一戸建て。更にプロバイダはSo-netを使っている場合(キャンペーンは考慮しない)

フレッツ光なら…
4,600円(月額基本料金)+900円(プロバイダ料金)=5,500円

ドコモ光なら…
5,200円(月額基本料金)−2500円(光セット割)=2,700円

このように算出できるので、ぜひ比較してみてください。

ここまでご覧になって、フレッツ光とドコモ光の違いや比較方法については理解していただけたかと思います。ただ、具体的にフレッツ光からドコモ光に変える際のポイントも気になるのではないでしょうか?

最後に、フレッツ光からドコモ光に変更する場合のメリットやデメリットをまとめていますので、そちらをご覧ください。



フレッツ光からドコモ光へ転用のポイント

フレッツ光からドコモ光への転用


こちらでは、フレッツ光からドコモ光に転用する際のポイントをまとめています。ちなみに、転用とはフレッツ光を使用している人が、お客様IDや固定電話の電話番号はそのままで、 フレッツ光から光コラボレーション事業者に乗り換えることを言います。

新規契約ではなく、フレッツ光からの乗り換えをお考えの方は必見です!それでは、フレッツ光からドコモ光への転用のメリットやデメリットをお話します。

メリット
@ドコモのスマホユーザーはセット割で料金が安くなる
フレッツ光からドコモ光に変更する場合、おひとりで利用される方にも家族で利用される方にも割引が提供されるので今よりお得に利用できます。

A解約金・工事不要
フレッツ光の解約金はもちろん、そのまま同じ場所でフレッツ光からドコモ光に変更する場合には工事も必要ありません。

Bキャンペーンがある
先ほども少し触れましたが、ドコモ光では様々なキャンペーンが行われています。フレッツ光では、あまりキャンペーンが行われないので要チェックです。

デメリット
@そこまで料金が変わらない可能性がある
家族で大容量のシェアパックを契約されている場合では割引額が非常に大きいですが、契約内容次第ではフレッツ光からドコモ光にしてもあまり料金が変わらないケースもあります。 ご自身の契約内容の確認後、しっかりと前述の方法で金額を比較してみてください。

Aプロバイダが変わる場合に注意が必要
フレッツ光からドコモ光に転用する際にプロバイダを変更するときは注意が必要です。以下の点に気を付けましょう。

  • プロバイダ解約時の違約金
  • プロバイダの接続設定のやり直し
  • プロバイダのメールアドレスが変わる

乗り換えを考えておられる方は、これらの点に留意してフレッツ光からドコモ光へ転用しましょう。



まとめ

ここまでフレッツ光とドコモ光の比較を中心にお話ししてきましたが、どんな方にドコモ光がおすすめなのかを以下にまとめます。

    ドコモ光をおすすめの人!
  • ドコモでスマホを契約している方
  • おひとり、または家族にてパケットの大容量プランを契約している方(特におすすめ)
  • 今現在ドコモ光の指定するプロバイダを利用している方

以上のような条件に当てはまる方は、ドコモ光にすることで今までのインターネット利用料金を大幅に下げるチャンスです。今回ご紹介したポイントを基に、ご自身の契約状況を一度見直してはいかがでしょうか?

フレッツ光もドコモ光も上質な回線の1つです。しっかりと検討した上であなたにぴったりの回線をお選びいただけると幸いです。フレッツ光やドコモ光についてもっと詳しく知りたいという方はこちらからどうぞ!

ドコモ光詳細

フレッツ光詳細