このエントリーをはてなブックマークに追加

速度で見るフレッツ光と光コラボ解説


光インターネットといえば、1900万回線の導入を誇るNTTのフレッツ光。

最近では、プロバイダとフレッツ光回線が一体となった『光コラボ』という新しくなったサービスも始まった為、これから始めるならNTTサービスとしてのフレッツ光ではなく、一体型となっている『光コラボ』での利用が断然お得といえます。そこで気になるのが、

光コラボは何がお得なのか? フレッツ光とは何が違うのか?


ここでは、そもそもフレッツ光とはどんなものなのか、なぜ光コラボがお得なのか、ということをフレッツ光回線を検討中のあなたに分かりやすく解説いたします。こちらのコンテンツがあなたの快適なネット環境整備に役立てば幸いです。


【目次】速度で見るフレッツ光と光コラボ




フレッツ光はプロバイダの別途契約が必要

では、ここでフレッツ光について改めて解説していくことにしましょう。

フレッツ光はNTT東日本/西日本が提供する光回線を利用した高速インターネット通信サービスで、フレッツ光の通信速度は光回線が出る前までに主流とされていたADSL回線に比べて速度はなんと20倍!現在までに1900万の導入事例を持ち全国シェアNo.1を誇る回線サービスになります。

ただし、フレッツ光はあくまで光回線を提供するサービスになりますので、インターネットを始めるには別途、インターネット接続サービスであるプロバイダに契約をする必要があります。

よくフレッツ光をプロバイダと同じものと誤解されている方が多いようですが、プロバイダは別のもので、あくまで回線のみのサービスがフレッツ光になります。プロバイダとフレッツ光の両方の契約をもって初めて光インターネットが利用できるのです。

フレッツ光とプロバイダの契約について


フレッツ光は光回線を提供し、プロバイダはインターネット接続サービスを提供します。フレッツ光が材料で、プロバイダは料理人、この二つでインターネットという料理が食べられると思えば分かりやすいでしょう。

フレッツ光の仕組みはこれでご理解いただけたと思います。ここから、新しいフレッツ光ともいえるサービス『光コラボ』サービスと従来のフレッツ光を比較して説明いたしましょう。

まず、今までのフレッツ光との大きな違いは契約形態の一本化になります。プロバイダと回線の別々契約であったフレッツ光に対し、光コラボではこの契約をプロバイダのみとなるよう一本化しました。これは、光コラボを取り扱うプロバイダがNTTよりフレッツ光回線を卸買いした上で、プロバイダサービスとパックで提供するものです。

これにより複雑だったプロバイダとフレッツ光の契約形態も分かりやすくなり、光コラボを取り扱うプロバイダも独自の付加価値をつけてサービスを提供する様になったため、フレッツ光よりも価格や付加サービスの点でお得になったのです。

ですから、今から光を検討するなら光コラボのほうが断然お得といえるのです。すでにフレッツ光を使ってるんだけど、それだと損をしてるの?こんな声も聞こえてきそうですが、こういった方でも光コラボに乗り換える事はできます。

それは『転用』とよばれる方法で、現在お使いのフレッツ回線はそのままに契約だけをNTTフレッツ光から光コラボプロバイダに切り替えるものになります。契約を乗り換える事から転用といわれているのです。

それまで使っていたフレッツ光の回線インフラはそのままに使える為、面倒な工事の必要もありません。これなら断然、光コラボプロバイダへの乗り換えがお得といえるでしょう。



速度は回線とプロバイダの込み具合で決まる

実際の速度の仕組み


契約形態のスリム化や価格や付加サービスが充実している点でフレッツ光よりお得な光コラボ。ここで気になるのがフレッツ光と比較した際に光コラボとでは速度に差が出るのかという点です。光コラボの回線自体はNTTの光回線を使う為、理論上は全く速度の違いはでないものとなっています。

ただ、回線自体の速度はありませんが、それ以外の理由で速度に違いが得る場合があります。それはプロバイダによる速度の差です。インターネットは水道管と似たようなインフラ性質を持っています。

水道は、水道管の大きさによって流せる水の量が変わります。太い水道管であれば大量の水を流しても問題なく流れますが、逆の場合は少量しか流す事ができません。インターネットプロバイダもこれと同様の事が言える為、プロバイダの通信インフラの規模によって、混雑が生じ速度が低下する事があるのです。

通信網の設備が充実しているプロバイダであれば大量のアクセスであったとしても問題はないのですが、設備規模が乏しいプロバイダですと大量のアクセス時に混雑を起こし速度低下となってしまいます。

ただし、この速度による問題は、光コラボだけにいえる事ではなくフレッツ光にも同様の事が言えます。フレッツ光もプロバイダは別契約となる為、プロバイダ次第で速度に差が出る事も十分考えられます。

OCNやBIGLOBEのような大手のプロバイダであれば問題はないように思われますが、大手であればユーザーの数も多い為アクセスが集中する夜間などは混雑による速度低下は充分にあるとも考えられます。

以上の事から、どっちにしろ利用するプロバイダによって変わるということになるので、フレッツ光と光コラボでは速度の違いになる直接の原因はないという事になるのです。



速度にこだわって選ぶならSo-net光コラボ

結局のところフレッツ光にしろ光コラボにしろ速度に関してはプロバイダ次第という事になります。でも、せっかく光回線の導入を検討しているならプロバイダの速度はやはり気になる。そんな方にはSo-netの光コラボがおすすめです。

数多くある光コラボプロバイダの中でもSo-netがなぜおすすめなのかといいますと、RBB SPEED AWARD 2015の光コラボ部門で最優秀賞を受賞しているからです。

RBB SPEED AWARDとは株式会社イードが行っている通信速度測定サービスでスマートフォンやPCのユーザーが1年間に測定したデータを集計し、部門ごとに実測値が速かったもの発表するものになります。

スマートフォン部門とパソコン部門の大きく二つの部門からなっており、両部門の中でも細かに部門分けがなされています。対象となっている集計データは485万154件となっていますので信頼性は間違いないでしょう。

So-net光コラボが光コラボSPEED AWARD獲得!


So-net光コラボが気になる!という方は詳細ページをご覧ください。まだまだ、速度面も含めて、フレッツ光と光コラボを総合的に見ていきたいという方は各プロバイダ比較もしているフレッツ光と光コラボの特設ページがありますので、そちらへお進みください。


フレッツ光
VS光コラボ

So-net
光コラボ