このエントリーをはてなブックマークに追加

EMOBILE(イーモバイル)とプロバイダの違い

EMOBILE(イーモバイル)とプロバイダの違いは何か?

よく聞く質問で多いのが、プロバイダとemobileの違いを知りたいというものがあります。
基本的にこの両者の大きな違いは、『モバイルとして使用ができるか』です。

emobileは、モバイル専門のプロバイダと理解するのが一番わかりやすいでしょう。

通常のプロバイダ契約の場合、プロバイダとは別にフレッツ光などの回線の契約をし、インターネットを使用する場所(自宅など)に回線を引く必要があります。 その後、その回線を利用する際に契約したプロバイダ経由でインターネット接続を行います。

emobileはポケットwifiと呼ばれる端末が届き、この端末がプロバイダと回線の両方の役割を果たします。端末は携帯電話と同じようなものなので、電波の届く範囲であれば、どこでもemobile端末経由でインターネットができるのです。

この端末ですが、基本的に端末代金はなく契約の際に無料で提供される場合がほとんどです。無料提供である代わりに、契約に2〜3年の縛りがあることがほとんどで、契約期間内に解約をしようとすると違約金が発生します。

端末を販売しているケースもあります。

一昔前であれば、通常のプロバイダでのネット使用より、emobileは料金も高くて速度も遅いといわれていましたが、最近はコスト面でもあまり差はなくなり、 回線速度もLTEなどの高速通信となってからは、通常のプロバイダ使用と比較しても差はあまりなくなりました。

よって、最近ではすでに固定回線でプロバイダに契約している方も、 emobileに変更される方もいます。

契約して端末が届けば即インターネットが始められるため、工事不要、初期設定の不要といった利便性からも多くのユーザーに支持されています。

ただ、このemobileも注意点があり、プロバイダでのネット使用と比較した際に、emobileでは無料のメールアドレスが支給されません。

したがって、メアドは別途フリーメールなどで入手する必要が出てきますので、もしプロバイダ契約とともにメールアドレスを取得したいと思っている方はこの点に注意しましょう。

プロバイダと回線の一人二役どこでもインターネットができるのが魅力のemobileポケットwifi