このエントリーをはてなブックマークに追加

DTI光を徹底解説

色々ありすぎて光コラボ比較が大変!DTI光っていいの!?


こんな思いで最もあなたにあった光コラボをお探しの中、DTI光の情報を知りたくてこちらにたどり着いたでしょう。お任せください。DTI光とは何か、他の光コラボとも比較しながら見ていきましょう。

光コラボの特徴である独自の割引プランはDTI光でもしっかりあります。基本料金プランだけでなく、こうした光コラボ独特の割引やDTI光の実際の口コミ評判なども含めてご紹介。 DTI光が本当にあなたに合った光コラボかをこちらをご覧いただけば一度で判断いただけます。


【解説!DTI光】




DTI光コラボって

早速、DTI光の光コラボの基本情報から見ていきましょう。

DTI光 初期費用
契約事務手数料 新規 800円
転用 1,800円
工事費用 新規 戸建て 18,000円
マンション 15,000円
転用 最大速度そのまま 0円
最大速度変更 2,000円
DTI光 料金プラン
戸建て 4,800円
マンション 3,600円

マンションプランを見ますと料金は他社より比較的安いといった感じですね。契約事務手数料が新規より転用のほうが高いのがなぜか不思議なとこではあります。

冒頭でもご紹介しましたが、ここからが光コラボ、DTI光の特徴で、基本料金からさらに割引が適用されるプランがあります。それがSIMセット割とauセット割、東京ガストリプル割。それぞれご紹介致しましょう。


DTI光SIMセット割

SIMセット割は光コラボの「DTI光」と、格安SIMサービスの「DTI SIM」を両方契約することで光コラボの料金が毎月150円割引されるものです。格安SIMの料金プランは月額600円〜となっており、このプランの契約でネットの使用料とスマホの使用料の両方の負担を軽減できます。


auセット割

auセット割はauの携帯やスマホをお使いの方向けのプランで、このプランの加入で光コラボDTI光の料金が最大で毎月1,200円も割引されるのです。auユーザーであれば必須ともいえるプランでしょう。

しかし、実は他にもauセット割のある光コラボがDTI光以外にもあります。それが、「So-net光」。速度にもかなり定評のあるSo-net光なので、auユーザーでDTI光を検討中の方はSo-net光もぜひ参考にしてみてください。

So-net光コラボ比較はこちらへ




東京ガストリプル割

こちらは対象地域が限定されてしまいますが、東京ガスが提供しているガスや電気のサービスとDTI光の光コラボの同時加入で光コラボの月額料金が最大で月250円割引されるものになります。(戸建て:250円/マンション:150円割引)このようにDTI光の光コラボには料金がさらに割引されるプランが充実しているのです。

DTI光料金割引プラン



また、WEBサイトを見てみますとauひかりやドコモ光の加入受付もあるのが気になります。DTI光は代理店業務もやっているのでしょうか?DTI光での加入のほうがauやドコモでの直接加入よりお得なのでしょうか?こちら気になったので・・

実際に問い合わせてみました。

結論からいいますとDTIで加入するauひかりやドコモ光と各キャリアからの直接加入もなんら違いはありません。これはどういう事かといいますと、auひかりと光コラボの一種であるドコモ光は契約の際に支払いは一括まとめのプランですが、プロバイダ業者ではないので提携プロバイダが必要。

両者ともその契約対象となる提携プロバイダの一つにDTI光がはいっているのです。auひかりやドコモ光を契約する際にDTIをプロバイダで選択することもできますが、こちらは光コラボのDTI光とは違います。

ドコモ光は光コラボの一種ですが、サービスはDTI光ではございませんのでご注意を。



withフレッツとの違い

DTI光にはwithフレッツというプランも存在しますが、これは光コラボが出るまえのサービスだと考えていただければ良いでしょう。あくまでプロバイダのみの契約プランで別途NTTでの光回線の契約が必要になります。

当初はプロバイダ料金が月額1000円を切るという事がセールスポイントではありましたが、現在は光コラボサービスのDTI光がありますので、このサービスよりも光コラボに加入するのがお得なのでおすすめです。



口コミ評判

DTI光のネット上での口コミ評判を探してみましたが、注目すべきはいつでも解約できるのが便利という口コミです。通常光コラボには契約した際に更新月というものが定められます。

これは解約はこの契約更新月の期間内にのみ受け付けるというもので、その期間外での解約は解約時に違約金が発生してしまいます。 DTI光には、この更新月という概念がない為、いつでも解約可能で違約金も発生いたしません。

DTIは解約期間ががない!




速度について

光回線でやはり気になるのは速度でしょう。DTI光の速度もどれくらい出るのかが気になりますが、光コラボは基本的にNTTのフレッツ回線なのでどの会社も違いはないというのが定説です。それでも実際に速度に違いがでます。それは、使用しているパソコンの性能、回線を引いている環境地域、プロバイダのバックボーンの違いがあるから。

これは、フレッツ光契約でもそれぞれ契約者によって違うのと同じです。また、DTI光に関しては転用で利用される場合、以前までのフレッツ回線が100Mbps対応のものである場合は、そのままの転用ですと同等の速度回線使用になる為、当然ながらギガ回線並みの速度は望めません。

ギガ回線を望むのであれば契約の際に最大速度変更工事(2000円)が必要になります。



まとめ

これまでの説明してきた内容をまとめますと、知名度はありませんが比較的安い料金設定の為、コストを下げたい方とauセット割もある為auの携帯をお持ちの方なら検討する価値はあるでしょう。

しかし、少しご紹介したSo-net光のようにauセット割があり、且つ速度で評判の良いものや他の携帯割など光コラボは色々な比較が絶対。ですので、最高の光コラボをあなたにお届けすべく、特設比較ページをご用意。

本当にDTI光がおすすめ光コラボか、それとも他によいプロバイダがあるのか。下記から一緒に検討していきましょう。

光コラボ比較特設ページはこちらへ