docomoユーザー必見の光コラボ

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

docomoユーザー必見の光コラボ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
ドコモ光徹底解説!全プロバイダ料金比較
ドコモ光プロバイダタイトル

おすすめのプロバイダは?
ドコモ光契約前に
知っておきたいこと


「ドコモ光ってプロバイダが多くてどこがいいのかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ドコモ光はドコモスマホ割が適用されるため、ドコモユーザーにおすすめの光回線サービスになります。

ドコモ光は、選ぶプロバイダで料金が大きく変わることはありませんが、お申し込み方法やプロバイダによりキャンペーンが変わるので注意が必要です

今回、このページでは、ドコモ光の基本情報からおすすめのプロバイダ、キャンペーンを徹底解説します。

最後まで読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダ選びで迷うことはなくなること間違いなしです!

それでは、早速確認していきましょう。

この記事を書いたのは…

運営者Sato Ryuji

Ryuji Sato

プロバイダ比較.net編集長の右腕。ドコモ光とWiMAXの個人営業出身。もう数字や売上の為の営業は致しません!元販売員の経験を活かし、あなたに合ったインターネットサービスを豆知識やオトクな情報と一緒にお届けします。



ドコモ光とは?

ドコモのスマホをご利用中の方に、おすすめの光回線「ドコモ光」

ドコモ光は、フレッツ光回線を使った光コラボ(光コラボレーション)の1つになります。光コラボの特徴として、プロバイダを一括で契約できるようになったことと、スマホ割が適用されるようになったことが挙げられます。

ドコモ光の場合、ドコモのスマホとセットで契約することで、毎月最大1,000円の割引が適用されます。

そんなドコモユーザーにおすすめのドコモ光について、詳しく解説していきます。まずは、下の表をご確認ください。

ドコモ光 サービス内容
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 4,000円
光電話 500円
事務手数料 3,000円
初期
工事費用
戸建て 18,000円
マンション 15,000円
スマホセット割 ドコモ
工事費無料キャンペーン なし
最大通信速度 1Gbps
提供エリア 全国

ご覧の通り、ドコモ光は戸建て5,200円、マンション4,000円でご利用可能です。ドコモ光の場合、月額割引や料金の変動があるわけではないので、ドコモユーザーにわかりやすいプランとなっています。

また、ドコモ光は全国でご利用可能なので、その点もドコモユーザーには嬉しいポイントといえます。(ただし、山間部など一部ご利用になれない地域もあるのでご注意ください

そして、最大通信速度は1Gbps。通信速度は、auひかりやソフトバンク光と同じ速度なのでご安心ください。

以上がドコモ光の基本情報となります。続いて、ドコモユーザー必見のスマホ割について解説していきます。

ドコモユーザーは絶対に抑えておきたいスマホ割

ここまで、ドコモ光の基本情報を解説しました。ここからは、ドコモユーザーであれば、絶対に押さえておきたいドコモ光セット割(スマホ割)を解説します。

まず、ドコモ光セット割(スマホ割)とは、ドコモ光のインターネットとドコモのスマホをセット契約することで、適用される割引サービスです。

ドコモ光セット割は、ドコモ光のご契約者だけでなく、ドコモスマホをご利用のご家族全員が割引対象となります。ドコモ光セット割引の割引金額はご契約中のプランにより異なります。

ドコモ光セット割の金額をまとめましたので、下の表をご覧ください。

家族で割引!ドコモ光セット割でみんなでお得に!

新料金プラン(1回線あたりの割引額)

ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
5Gギガホ/ギガホ -1,000円
ギガホライト(月7GB) -1,000円
ギガホライト(月5GB) -1,000円
ギガホライト(月3GB) -500円
ギガホライト(月1GB)

旧料金プラン

ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
ウルトラシェアパック100
(月100GB)
-3,500円
ウルトラシェアパック50
(月50GB)
-2,900円
ウルトラシェアパック30
(月30GB)
-2,500円
ベーシックシェアパック(月30GB) -1,800円
ベーシックシェアパック
(月15GB)
-1,800円
ベーシックシェアパック
(月10GB)
-1,200円
ベーシックシェアパック
(月5GB)
-800円

新料金プラン(1回線あたりの割引額)

ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
5Gギガホ/ギガホ -1,000円
ギガホライト(月7GB) -1,000円
ギガホライト(月5GB) -1,000円
ギガホライト(月3GB) -500円
ギガホライト(月1GB)

旧料金プラン

ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
ウルトラデータLLパック
(月30GB)
-1,600円
ウルトラデータLパック
(月20GB)
-1,400円
ベーシックパック
(月20GB)
-800円
ベーシックパック
(月5GB)
-800円
ベーシックパック
(月3GB)
-200円
ベーシックパック
(月1GB)
-100円
ケータイパック -500円(1年間)

このように、新プランと旧プランのどちらの場合でもドコモ光セット割が適用可能となっています。

また、「契約者は新プランだけど、家族は旧プランのまま」なんて場合でも、ご家族全員が割引の対象となるのでご安心ください。

新料金プランをご利用中の方がドコモ光を契約した場合、毎月最大1,000円の割引が適用となり、年間最大12,000円の節約が可能です。また、ドコモ光セット割は、ドコモ光とドコモスマホをご利用している間はずっと割引が適用されるため、大変おすすめです。

ドコモのスマホをご利用の方は、是非押さえておきましょう。

続いて、インターネットでは重要な通信速度について、評判と一緒に確認していきましょう。

ドコモ光は速い?気になる速度と口コミを紹介

光回線を選ぶ上で、料金の次に気になるのが「通信速度」。

どんなに安くても通信速度が遅いようであれば、ストレスになってしまいます。そこで、既にドコモ光を利用しているユーザーの口コミを確認していきましょう。

それでは、早速下の評判をご確認ください。


上記のような評判を多く見かけました。そんな数多くあるなかでも、料金と速度についての口コミが多くなっています。

ページ冒頭でお伝えしましたが、ドコモ光はフレッツ光と同じ回線を使っているため、ドコモ光だから遅いということはありません。しかし、同じドコモ光の中でも通信速度が変わる場合があるので注意が必要です。

次は、どのような場合に速度が変わるのか、詳しく解説していきます。インターネットには重要なポイントなので、是非ご確認ください。

通信速度を決めるポイントとは?

ドコモ光の速度が変わるポイントは、大きく分けて以下の3つになります。

ドコモ光の速度に
影響を与えること
  • お住まい
  • プロバイダ
  • 接続機器

以上の点が挙げられます。それぞれを詳しく解説していきます。

お住まいについて

戸建てタイプ場合、各家に対し直接光ファイバーを繋ぐため基本的に速度が遅くなることはありません。

一方、マンションの場合、宅内の配線が光ファイバーではなく、電話線でつないでいる場合があります。電話線(VDSL)の場合、最大通信速度が100Mbpsになるため、戸建てと比べ速度が遅いことがあります。

残念ながら、マンションの配線方法は、住んでいるマンションで既に決まってしまっているため、変更することができません。そういった場合は、次項で説明するプロバイダやルーターで補うことがベストといえます。

プロバイダについて

プロバイダとは、光回線を高速道路と例えたときの料金所のような役割をしています。また、車はデータだと思っていただければイメージしやすいかと思います。

実は、契約するプロバイダ次第で、速度が変わる場合があります。わかりやすくするために、下に図をご用意しましたので、ご確認ください。

プロバイダとは

上記のように、プロバイダは光回線とルーターを繋ぐ役割をしています。図に書いてあるように、プロバイダ(料金所)で混雑が起きる場合があります。というのも、回線の利用者数も関係ありますが、料金所の数、つまりプロバイダ自体のキャパシティが大きく影響しているのです。

このプロバイダのキャパシティは、私達ユーザーが調べてわかるものではないのですが、評判を調査した結果、大手プロバイダであれば回線が混み合いにくいとわかりました

ですので、ドコモ光のプロバイダを選ぶ際は大手プロバイダから選ぶ必要があるといえます。

接続機器について

接続機器は、WiFiルーターとスマホやPCなどが挙げられます。まず、1番に影響を与えているのがWiFiルーターです。

WiFiルーターは本体の性能により速度が遅くなってしまう場合があります。というのも、WiFiルーターには同時にWiFi接続できる台数が決まっていたり、最大通信速度が決まっていたりする場合があります

そのため、スマホやPCなどWiFiを繋いでいる機器が多ければ多いほど、回線が混みやすくなります。また、そもそも最大通信速度が300Mbpsしかでないなんてこともあるのです。ですので、WiFiルーターはご利用人数や最大通信速度を考慮して選ぶ必要があります

以上、ここまでがドコモ光の速度に関する解説でした。

ここまでを簡単にまとめると、「ドコモ光を契約する場合、WiFiルーターの性能が良い、かつ大手プロバイダがおすすめ」といえます

この点を踏まえ、次にドコモ光のプロバイダについて解説していきます。

おすすめのプロバイダは?プロバイダの選び方

ここまで、ドコモ光の基本情報やスマホ割、速度や評判を紹介しました。

こちらでは、ドコモ光のプロバイダの選び方とおすすめのプロバイダを解説していきます。

ドコモ光 プロバイダごとの違い

ドコモ光のプロバイダは、タイプA・タイプB・そしてそれ以外の単独型の3種類になります。

それぞれ料金と対象のプロバイダは、以下の通りになります。

住居 金額 プロバイダ一覧
タイプA 戸建て 5,200円 ドコモnet
plala
GMOとくとくBB
@nifty
DTI
ic-net
Tigers-net.com
BIGLOBE
andline
SYNAPSE
excite
エディオンネット
SIS
楽天ブロードバンド
TikiTiki
hi-ho
@ネスク
コアラ
マンション 4,000円
タイプB 戸建て 5,400円 OCN
@TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
@ちゃんぷるネット
マンション 4,200円
単独プラン 戸建て 5,000円 +プロバイダ料金
※プロバイダより異なる
マンション 3,800円
※単独プランとはタイプA、Bに含まれないフレッツ光対応プロバイダすべてを指します。

ドコモ光の料金とプロバイダは、上の3タイプに分かれます。3つのタイプの中では、タイプAがおすすめ。というのも、タイプAが一番料金を抑えられるためです。

タイプBはタイプAと比べ、月々200円高くなります。一方、単独プランは、ドコモ光とは別にプロバイダを契約する必要があるので、料金が高くなります(上記以外プロバイダの場合、500円~が一般敵となります)。

そんな1番料金が抑えらるタイプAですが、どのプロバイダを選べばいいか困ってしまいますよね。表を見ていただいた方であれば、既に見当がつくかと思いますが、当サイトでは「GMOとくとくBB」をおすすめします

なぜGMOがおすすめなのか。ここからは、GMOをおすすめする理由を詳しく解説していきます。

おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」

当サイトがプロバイダGMOをおすすめする理由は、大きく以下の2つがあります。

プロバイダ「GMO」の
おすすめポイント
  • 大手プロバイダ
  • レンタルWiFiルーターの性能がいい

まず1つ目のおすすめポイントは、大手プロバイダという点です。ドコモ光の通信速度のところで解説しましたが、プロバイダは通信速度に大きく関係してきます。

プロバイダのキャパシティが小さいと回線が混雑しやすくなります。しかし、大手プロバイダであれば、キャパシティが大きいため混雑を回避できるのです。

2つ目のおすすめポイントは、無料レンタルできるWiFiルーターの性能が選べるという点です。

ドコモ光タイプAにある大手プロバイダでレンタルできるWiFiルーターの性能を下の表にまとめたので、ご確認ください。

プロバイダ メーカー 最大通信速度
GMO NEC 1,733Mbps
BUFFALO 1,733Mbps
ELECOM 1,733Mbps
@nifty ELECOM 867Mbps
BIGLOBE NEC 867Mbps
plala NEC 867Mbps

このように、比較するとGMOでレンタルできるWiFiの性能が1番優れていることが分かるかと思います。

@niftyやBIGLOBE、plalaもGMOと同じ大手プロバイダになるのですが、無料レンタルできるWiFiルーターの最大通信速度は約2倍異なります

WiFiルーターの最大通信速度の規格が大きければ大きいほど、速度が安定するため、GMOをおすすめしています。

以上、ここまでが当サイトで「GMOとくとくBB」をおすすめする理由の解説でした。料金が同じなのであれば、少しでも性能がいいWiFiルーターをレンタルできるほうが嬉しいですよね。

おすすめのプロバイダがわかったことだし、「早速ドコモ光を申し込みしよう!」とお考えの方は、下記ボタンからお問い合わせいただけます。お急ぎの方はご確認ください。

今すぐ
ドコモ光を申し込みする


ここからは、もっと詳しく確認したいという方向けに解説していきます。

2020年8月現在、ドコモ光には申し込み方法が数多く存在しております。ドコモ光の申し込み方法ごとにキャンペーンが大きく異なるため、しっかりと比較していきましょう

お得な申し込み先とキャンペーンはこちら!

ここまで、ドコモ光の基本情報からおすすめのプロバイダまで解説しました。ここからは、おすすめのキャンペーンがある申し込み先をご紹介します。

今回、ドコモ光を検討している方のために、2020年8月現在のドコモ光キャンペーンを申し込み先別に全て比較しました。また、公平に判断するため、当サイトでは「実質月額料金」で比較しております

実質月額料金とは
契約開始から満了までにかかる全ての金額を1ヶ月あたりに直したもの

実質月額料金に直して比較することで、キャッシュバックや月額割引などに騙されずに判断することができます。それを踏まえ、キャンペーンを確認していきましょう。それでは、早速下の表をご確認ください。

ドコモ光 申し込み先別 料金一覧

ドコモ光
窓口
実質月額料金 支払総額 キャンペーン
ドコモ光公式 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
ネットナビ
(代理店)
4,640円 116,000円 35,000円
キャッシュバック
+dポイント
Wiz
(代理店)
4,440円 111,000円 40,000円
キャッシュバック
+dポイント
@nifty 4,520円 113,000円 38,000円
キャッシュバック
+dポイント
ディーナビ
(代理店)
4,640円 116,000円 35,000円
キャッシュバック
ぷらら 4,640円 116,000円 35,000円
dポイント
DTI 4,840円 121,000円 30,000円
dポイント
GMO 5,000円 125,000円 26,000円
dポイント
BIGLOBE 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
IC-net 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
タイガースnet 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
andline 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
エディオンネット 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
SYNAPSE 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
hi-ho 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
楽天ブロードバンド 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
TikiTiki 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
01光コアラ 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
ドコモ光
窓口
実質
月額料金
支払総額 キャンペーン
ドコモ光公式 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
ネットナビ
(代理店)
3,520円 88,000円 30,000円
キャッシュバック
+dポイント
Wiz
(代理店)
3,320円 83,000円 35,000円
キャッシュバック
+dポイント
@nifty 3,400円 85,000円 33,000円
キャッシュバック
+dポイント
ディーナビ
(代理店)
3,520円 88,000円 30,000円
キャッシュバック
+dポイント
ぷらら 3,520円 88,000円 30,000円
dポイント
DTI 3,720円 93,000円 25,000円
dポイント
GMO 3,880円 97,000円 21,000円
dポイント
BIGLOBE 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
IC-net 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
タイガースnet 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
andline 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
エディオンネット 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
SYNAPSE 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
hi-ho 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
楽天ブロードバンド 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
TikiTiki 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
01光コアラ 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
ドコモ光
窓口
実質
月額料金
支払総額 キャンペーン
ドコモ光
公式
5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
ネットナビ
(代理店)
4,640円 116,000円 35,000円
キャッシュバック+dポイント
Wiz
(代理店)
4,440円 111,000円 40,000円
キャッシュバック+dポイント
@nifty 4,520円 113,000円 38,000円
キャッシュバック+dポイント
ディーナビ
(代理店)
4,640円 116,000円 35,000円
キャッシュバック
ぷらら 4,640円 116,000円 35,000円
dポイント
DTI 4,840円 121,000円 30,000円
dポイント
GMO 5,000円 125,000円 26,000円
dポイント
BIGLOBE 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
IC-net 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
タイガース
net
5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
andline 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
エディオン
ネット
5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
SYNAPSE 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
hi-ho 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
楽天
ブロードバンド
5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
TikiTiki 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
01光コアラ 5,240円 131,000円 20,000円
dポイント
ドコモ光
窓口
実質
月額料金
支払総額 キャンペーン
ドコモ光公式 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
ネットナビ
(代理店)
3,520円 88,000円 30,000円
キャッシュバック+dポイント
Wiz
(代理店)
3,320円 83,000円 35,000円
キャッシュバック+dポイント
@nifty 3,400円 85,000円 33,000円
キャッシュバック+dポイント
ディーナビ
(代理店)
3,520円 88,000円 30,000円
キャッシュバック+dポイント
ぷらら 3,520円 88,000円 30,000円
dポイント
DTI 3,720円 93,000円 25,000円
dポイント
GMO 3,880円 97,000円 21,000円
dポイント
BIGLOBE 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
IC-net 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
タイガース
net
3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
andline 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
エディオン
ネット
3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
SYNAPSE 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
hi-ho 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
楽天
ブロードバンド
3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
TikiTiki 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント
01光コアラ 3,920円 98,000円 20,000円
dポイント

以上、比較した結果、1位「Wiz」2位「@nifty」3位「ネットナビ」「ディーナビ」「plala」となりました。

では、ドコモ光の申し込みは「Wiz」がおすすめなのか?

実は、「Wiz」はおすすめではありません。その理由を上位5つで比較して詳しく解説していきます。下の表をご確認ください。

申し込み先 プロバイダ キャンペーン
受け取り時期
実質月額料金
Wiz GMO 6ヶ月後 4,440円
@nifty nifty 12ヶ月後 4,520円
ネットナビ GMO 手続き完了後 4,640円
ディーナビ GMO 手続き完了後 4,640円
plala plala 3ヶ月後 4,640円

キャンペーンで最も重要なのは、キャッシュバックの受け取り時期になります。

というのも、キャッシュバック受け取りまでの期間が長い場合、受け取り忘れるリスクがあるからです。

Wizのキャッシュバックは大変魅力ではありますが、キャッシュバックの案内メールが6ヶ月後に届くため、受け取り忘れる人が多くなっています。また、申請内容に不備があった場合、キャッシュバックの適用対象外となってしまうのです。

万が一、キャッシュバックが何かしらの不備により受け取れなかった場合、実質月額料金も高くなってしまうので、「Wiz」や「@nifty」はおすすめではありません

では、残る「ネットナビ」と「ディーナビ」のどちらがおすすめなのか。当サイトでは「ネットナビ」をおすすめします。なぜなら、ネットナビは無料のモバイルWiFiを貸し出ししているからです

ドコモ光を新規で契約する場合、開通工事が必要となります。時期によっては、1ヶ月~2ヶ月後になることもあります。その工事完了までの間、ネットナビではモバイルWiFiを無料でレンタルできるためおすすめといえます。

現状固定回線を繋いでいて、ネット環境を確保できる方は問題ありませんが、解約時期が迫っている方や引っ越し先での利用を考えている方には、開通までインターネットが利用できる嬉しいサービスです。

以上のことから、ネットナビがおすすめになります。それでは最後に、ここまでのまとめに入ります。

まとめ

ドコモ光のおすすめプロバイダ(申し込み先)解説はいかがでしたでしょうか。

ドコモスマホをご利用中であれば、スマホ割が適用されるお得な光回線サービスになります。

また、ドコモ光を契約する場合、タイプAの「GMOとくとくBB」がおすすめだと分かりました。GMOであれば、高性能のWiFiルーターが無料でレンタル可能です。

そして、ドコモ光をお得に契約する場合、「ネットナビ」がおすすめとなります。詳細は以下の通りになります。

おすすめの申し込み先「ネットナビ」
  • プロバイダにGMOが選べる
  • キャッシュバックの受け取りが手続き完了後(翌月)すぐに受け取れる
  • 工事完了までの間、無料でモバイルWiFiをレンタルできる

2020年8月現在、ドコモ光では工事費無料キャンペーンを実施しております。

さらに、今回ご紹介したネットナビであれば、35,000円分のキャッシュバックがあるだけでなく、工事完了までの間WiFiの無料レンタルも可能です。

ドコモスマホをご利用の方は、是非ご活用ください。こちらで紹介しているネットナビへの申し込みは、下記ボタンからお問い合わせいただけます。

ドコモ光を申し込みする