docomoユーザー必見の光コラボ

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

docomoユーザー必見の光コラボ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
ドコモ光徹底解説!全プロバイダ料金比較
ドコモ光プロバイダタイトル

おすすめのプロバイダは?
ドコモ光契約前に
知っておきたいこと


「ドコモ光ってプロバイダが多くてどこがいいのかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ドコモ光はドコモスマホ割が適用されるため、ドコモユーザーには重要なサービスになります。

ドコモ光は、選ぶプロバイダで料金が大きく変わることはありませんが、お申し込み方法やプロバイダによりキャンペーンが変わるんです。

そこで、今回はドコモ光の基本情報からおすすめのプロバイダ、キャンペーンを徹底解説します。

それでは、まずドコモ光とはどんなサービスなのか、その詳細から確認していきましょう。

ドコモ光とは?

ドコモ光は、NTT東日本、またはNTT西日本が運営するフレッツ光を利用している光コラボの1つになります。

光コラボとは
NTT以外の事業者がフレッツ光回線を利用し提供してる光回線サービスのこと。

【特徴】
  • プロバイダ一括契約が可能になり料金が安くなった
  • ドコモ、ソフトバンクという大手2社のスマホ割が適用できるようになった


  • ドコモ光やソフトバンク光、ぷらら光などを光コラボといいます。

    まず1つ目の特徴は、フレッツ光とプロバイダを別々に申し込みして契約しなければならなかったのが、一括で申し込みできることです。

    支払いも一括でできるようになったので、料金も安くなりユーザーにとって、とても便利になりました。

    2つ目がスマホ割が適用できることです。

    フレッツ光はあまり割引が無いサービスなので、こちらを適用できるだけで大幅に月額料金を安くすることが可能になりました。

    また、フレッツ光や光コラボを現在ご利用中で、ドコモ光に乗り換え検討している方は下記ボタンから「転用」と「事業者変更」についてご確認ください。

    転用と事業者変更の
    詳細はこちら

    転用や事業者変更サービスなら工事不要!

    現在フレッツ光を使っていて、ドコモ光に乗り換えを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方に朗報なのが転用と事業者変更です。

    転用と事業者変更
  • 転用とは
  • フレッツ光からドコモ光に契約を切り替えること(工事不要)

  • 事業者変更とは
  • 光コラボから光コラボへ契約を切り替えること(工事不要)   

    このように、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを転用といい、転用の場合新たな開通工事は必要ありません。

    また、事業者変更サービスは転用と同様に、フレッツ光回線を使っているサービス(光コラボ)から光コラボへ工事無しで乗り換えができるサービスになります。

    これらにより、多くの方が工事の手間をかけずにお乗り換えができるようになりました。

    工事の手間なく乗り換えられるのは嬉しいですよね!


    次に、気になる速度について解説します。

    ドコモ光の速度について

    ドコモ光のように光コラボの速度が気になる方が、一定数いらっしゃるのは事実です。

    しかし、近年ではIPv6という通信方式が主流になり速度の問題は解消されたので問題ないといえるでしょう。

    IPv6とは
    最新の通信規格で、通信混雑の解消や、速度向上といったメリットがある
    IPv6だとかIPv4だとか、よくわからないかと思いますが、簡単に言うと「以前と比べ4倍の情報量を扱えるようになり、通信の混雑も回避できるようになったもの」と思っていただければなんとくイメージできるかと思います。

    それでも、よくわからない方はドコモ光のプロバイダは全てIPv6対応しているので安心してください!

    選ぶプロバイダにより、著しく速度が変わることはありませんので、プロバイダを選ぶ際は料金に注目するといいでしょう。

    そして、ドコモ光とその他の通信速度を比較紹介します。

    ドコモ光の速度 比較
    ドコモ光 ソフト
    バンク光
    auひかり
    平均
    提供速度
    1Gbps 1Gbps 1Gbps

    このように、大手携帯キャリア3社で比較してみると、全て同じ通信速度になります。

    なので、ドコモ光だから遅いということはありません。

    また、ドコモスマホをご利用の方はドコモ光セット割引が適用されるため、スマホと光回線の契約を合わせることをおすすめします。

    次に、プロバイダについてを解説していきます。

    プロバイダごとの違い

    ドコモ光のプロバイダはタイプAとB、そしてそれ以外の単独型の3種類存在します。

    詳しくは下記をご覧ください。

    プロバイダタイプごとの違い
    戸建て料金 マンション料金
    タイプA 5,200円 4,000円
    タイプB 5,400円 4,200円
    単独プラン 5,000円
    +プロバイダ料金
    3,800円
    +プロバイダ料金
    ※単独プランとはタイプA、Bに含まれないフレッツ光対応プロバイダすべてを指します。

    ドコモ光の料金とプロバイダは、上の3タイプに分かれます。

    単独プランはドコモ光とは別にプロバイダ業者と契約する必要があるのでおすすめできません。

    したがって、ドコモ光を契約するならタイプAのプロバイダをおすすめします。

    その理由を下にまとめましたので、ご確認ください。

    ドコモ光タイプA
    おすすめポイント
    • 手続きが簡単
    • プロバイダを別途契約する必要がないため楽

    • 料金が安い
    • 単独プランは別途~1,000円程度プロバイダ料が必要なため、タイプAが最も安い。

    • サポートが充実
    • 訪問サポートやリモートサポート、セキュリティーが無料でついている。

    上記がタイプAのプロバイダのおすすめポイントになります。

    では、具体的にどこのプロバイダがおすすめなのか。

    続いてドコモ光のお得なプロバイダとキャンペーンを確認していきましょう。

    ドコモ光は、公式サイト、プロバイダ、Web代理店など様々な契約先が存在しており、契約先によってキャンペーンが異なるので注意が必要です。

    今回は、公式サイトやプロバイダ、代理店など計18社を徹底比較しております。

    また、こちらの比較は「実質月額料金」という当サイトで考案した契約に関わる全ての料金を比較した結果です。実質料金の詳細は下記の通り。

    比較方法
    実質月額料金=
    {初期費用(事務手数料+工事費用)+(月額料金×契約期間)-キャンペーン}÷契約期間

    上記を踏まえた正確な料金表となっております。それでは早速ドコモ光のプロバイダ・代理店の料金比較をご覧ください。

    ドコモ光プロバイダ実質料金比較表をチェック

    ドコモ光
    窓口
    実質月額料金 支払総額 キャンペーン
    ドコモ光公式 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    ネットナビ
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    @nifty 4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    Wiz
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    ディーナビ
    (代理店)
    4,720円 118,000円 15,000円
    キャッシュバック
    ぷらら 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    DTI 4,720円 118,000円 15,000円
    dポイント
    GMO 4,900円 122,500円 10,500円
    dポイント
    BIGLOBE 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    IC-net 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    タイガースnet 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    andline 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    エディオンネット 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    SYNAPSE 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    hi-ho 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    楽天ブロードバンド 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    TikiTiki 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    01光コアラ 5,300円 132,500円 0円
    dポイント
    ドコモ光
    窓口
    実質
    月額料金
    支払総額 キャンペーン
    ドコモ光公式 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    ネットナビ
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    @nifty 4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    Wiz
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    ディーナビ
    (代理店)
    3,520円 88,000円 15,000円
    (キャッシュバック+dポイント)
    ぷらら 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    DTI 3,520円 88,000円 15,000円
    dポイント
    GMO 3,700円 92,500円 10,500円
    dポイント
    BIGLOBE 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    IC-net 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    タイガースnet 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    andline 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    エディオンネット 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    SYNAPSE 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    hi-ho 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    楽天ブロードバンド 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    TikiTiki 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    01光コアラ 4,270円 106,750円 0円
    dポイント
    ドコモ光
    窓口
    実質
    月額料金
    支払総額 キャンペーン
    ドコモ光
    公式
    4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    ネットナビ
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    キャッシュ
    バック
    @nifty 4,320円 108,000円 25,000円
    キャッシュ
    バック
    Wiz
    (代理店)
    4,320円 108,000円 25,000円
    キャッシュ
    バック
    ディーナビ
    (代理店)
    4,720円 118,000円 15,000円
    キャッシュ
    バック
    ぷらら 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    DTI 4,720円 118,000円 15,000円
    dポイント
    GMO 4,900円 122,500円 10,500円
    dポイント
    BIGLOBE 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    IC-net 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    タイガース
    net
    4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    andline 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    エディオン
    ネット
    4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    SYNAPSE 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    hi-ho 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    楽天
    ブロード
    バンド
    4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    TikiTiki 4,520円 113,000円 20,000円
    dポイント
    01光コアラ 5,300円 132,500円 0円
    dポイント
    ドコモ光
    窓口
    実質
    月額料金
    支払総額 キャンペーン
    ドコモ光
    公式
    3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    ネットナビ
    (代理店)
    3,120円 78,000円 25,000円
    キャッシュ
    バック
    +dポイント
    @nifty 3,120円 78,000円 25,000円
    キャッシュ
    バック
    +dポイント
    Wiz
    (代理店)
    3,320円 83,000円 20,000円
    キャッシュ
    バック
    +dポイント
    ディーナビ
    (代理店)
    3,520円 88,000円 15,000円
    キャッシュ
    バック
    ぷらら 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    DTI 3,520円 88,000円 15,000円
    dポイント
    GMO 3,700円 92,500円 10,500円
    dポイント
    BIGLOBE 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    IC-net 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    タイガース
    net
    3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    andline 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    エディオン
    ネット
    3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    SYNAPSE 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    hi-ho 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    楽天
    ブロード
    バンド
    3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    TikiTiki 3,320円 83,000円 20,000円
    dポイント
    01光コアラ 4,270円 106,750円 0円
    dポイント

    以上のように、各プロバイダでお得なキャンペーンをやっていますが、@niftyとネットナビ、Wizがお得であるという結果になりました。

    代理店は不安という方もいらっしゃるかもしれないので、少し解説させていただきます。

    代理店は、飽くまでドコモ光の契約取り次ぎを行っており、サービス利用開始後に関わることはありません。

    開通工事の連絡、利用時のトラブルなど、サービスに関しては全てドコモやプロバイダのサポート範囲なので、代理店だからサービスが悪いことはありません。

    また、3つの申し込み先であればネットナビをおすすめします。

    なぜネットナビがおすすめなのか?その要因にキャッシュバック受け取り時期とその他のキャンペーンの豊富さがあります。比較しながら詳しく解説しましょう。

    なぜネットナビがおすすめなの?

    ドコモ光のプロバイダ「@nifty」と代理店「ネットナビ」「Wiz」、3社の料金比較は同じ。

    ですが、当サイトは「ネットナビ」をおすすめします。

    理由は以下の通り比較してわかりました。

    3社の比較
    ネットナビ Wiz @nifty
    キャッシュ
    バック
    受け取り
    手続き完了後 6ヶ月後 12ヶ月後
    モバイルwi-fi
    貸し出し
    あり なし なし

    @niftyはキャッシュバックの受け取りが契約から12ヶ月目になります。

    また、Wizのキャッシュバック受け取りも契約から6ヶ月目になります。

    一方、ネットナビでは開通工事までの間、無料でモバイルWiFiの貸し出しも行っています

    光回線を新規で契約する際、開通工事はどんな回線でも必須です。

    時期や申し込み数によっては、1ヶ月~2ヶ月後になることもざらです。

    現状固定回線を繋いでいて、ネット環境を確保できる方は問題ありませんが、解約時期が迫っている方や引っ越し先での利用を考えている方には、開通まで利用できる嬉しいサービスがあります。

    ネットナビでは、工事までの代替環境として無料でWiMAXを貸し出してくれます。3日間で10GB以上使うと翌日のみ制限がかかりますが、工事までの代替環境としては最高です。

    プロバイダ、代理店を通して見てもあまり見受けられないサービスなので、ドコモ光の契約をお考えの方はおすすめです。

    以上のことから、ネットナビがおすすめといえます。

    また、上記の点も含めてネットナビのおすすめポイントを紹介します。

    ・おすすめポイント1 キャッシュバックを早く受け取れる

    ネットナビでは、25,000円のキャッシュバックがあります。

    このキャンペーンの内訳は、15,000円の現金キャッシュバックと10,000dポイントになり、オプションの加入は一切ないため料金が高くなる心配はありません。

    また、キャッシュバックの受け取りも@niftyに比べ早いためおすすめです。

    キャッシュバック受け取り手順
    ①お申し込み後にメールを受け取る
    ②お客様の情報を登録
    ③キャッシュバック申請書に捺印後郵送
    ※申込期限は工事完了翌月末日まで
    以上の3ステップでキャッシュバックの受け取りが可能です。

    キャッシュバックの申請期限が工事完了後の翌月末日までになっているので、注意が必要。

    しかし、申し込み後に届くメールからすぐに上記手順に沿って申請いただければ、数ヶ月先の受け取りではないので忘れることはないといえます。

    ・おすすめポイント2 工事費が無料

    ドコモ光の新規開通工事費用(戸建て18,000円/マンション15,000円)が無料。 キャッシュバックと工事費無料のキャンペーンが適用されるため、初期費用を抑えてドコモ光をご契約できます。

    ・おすすめポイント3 モバイルwi-fi無料レンタルできる

    工事完了までの間、WiMAXを無料でレンタルできます。

    光回線は工事完了まで約1~2ヶ月かかります。その間、代替環境としてWiMAXの無料レンタルをしているのは他のプロバイダには見られないサービスになります。

    ・おすすめポイント4 実質月額料金が最安値

    ドコモ光を提供する全プロバイダの中で最安値でご利用いただけます。

    ここまでをまとめると以下の通りになります。

    ネットナビ おすすめポイント
    • キャッシュバック受け取りが早い
    • 工事費が無料
    • 工事完了までモバイルwi-fiを無料レンタルできる
    • 実質月額料金が最安値
    以上の点から、ネットナビがおすすめの申し込み先といえます。

    また、代理店ではプロバイダも選択できるのですが、WiFiルーターを無料で借りられるプロバイダを選びましょう

    ドコモ光のスペックに対応したルーターなので、ルーターの懸念は払拭できます。

    次に、ドコモユーザーは絶対に抑えておきたいスマホ割について解説していきます。

    やはり、ドコモ光と言えば、このスマホ割が利用できることで安く利用できるサービス。

    詳細を下記にまとめたのでご覧ください。

    家族でドコモスマホを使っているなら超お得!

    旧料金プラン

    ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
    ウルトラシェアパック100
    (月100GB)
    -3,500円
    ウルトラシェアパック50
    (月50GB)
    -2,900円
    ウルトラシェアパック30
    (月30GB)
    -2,500円
    ベーシックシェアパック(月30GB) -1,800円
    ベーシックシェアパック
    (月15GB)
    -1,800円
    ベーシックシェアパック
    (月10GB)
    -1,200円
    ベーシックシェアパック
    (月5GB)
    -800円

    新料金プラン(1回線あたりの割引額)

    ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
    5Gギガホ/ギガホ -1,000円
    ギガホライト(月7GB) -1,000円
    ギガホライト(月5GB) -1,000円
    ギガホライト(月3GB) -500円
    ギガホライト(月1GB)

    旧料金プラン

    ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
    ウルトラデータLLパック
    (月30GB)
    -1,600円
    ウルトラデータLパック
    (月20GB)
    -1,400円
    ベーシックパック
    (月20GB)
    -800円
    ベーシックパック
    (月5GB)
    -800円
    ベーシックパック
    (月3GB)
    -200円
    ベーシックパック
    (月1GB)
    -100円
    ケータイパック -500円(1年間)

    新料金プラン(1回線あたりの割引額)

    ドコモ携帯プラン ドコモ光料金割引額
    5Gギガホ/ギガホ -1,000円
    ギガホライト(月7GB) -1,000円
    ギガホライト(月5GB) -1,000円
    ギガホライト(月3GB) -500円
    ギガホライト(月1GB)

    上記がドコモ光のスマホ割に関する料金割引表です。

    2019年6月1日から新契約プランのギガホ、ギガライトがスタートしましたが、離れた家族もこのセット割の対象になります。

    もちろん、旧契約プランの方もセット割の対象なので、上記の表に適応する金額の割引があります。

    以上を踏まえ、ここまでのまとめに入りたいと思います。

    まとめ

    ドコモ光は、3つのタイプからプロバイダが選べ、タイプAがお得だとわかりました。

    また、ドコモスマホをご利用のユーザーはご家族全員がスマホ割適用になるため料金を安くすることができます

    当コンテンツのまとめは下記の通りです。

    ドコモ光プロバイダ解説まとめ
    • プロバイダはタイプAが料金を抑えられる。
    • ドコモユーザーはスマホ割が適用される
    • ドコモ光おすすめの申し込み先は「ネットナビ」

    ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

    当コンテンツがお役に立てれば幸いです。あなたのインターネット環境がより良くなることを願っております。

    また先ほどお伝えしたネットナビの詳細情報は下記からご覧いただけます。

    ドコモ光おすすめの代理店情報

    番外編!気になる口コミ紹介

    どんなに安くても使い物にならないサービスを利用していては決して満足できないですよね?そこで気になるドコモ光の評判を見ていきましょう。

    評判は上々?SNSでの評判紹介

    今回はSNSでの評判を参考にしました。

    速度に関しては下記のように満足している方も多かったという印象ですが、ちらほら全く速度が出ないと悩んでいる方もいらっしゃいました。

    また、料金に関してはやはりスマホ割に関しての話が多かったです。




    上記のような評判があり、速度について気になりました。

    同じサービス、同じ回線を利用しているのに、なぜ差が生まれるのでしょうか?

    詳しく解説していきます。

    なぜ速度が変わるのか

    ドコモ光のみならず、光回線では速度についての個人差が見受けられます。

    なぜ、この速度差が生まれるのか解説します。

    ドコモ光の速度に
    影響を与えること
    • プロバイダ
    • 接続機器
    • お住まい

    以上の点が挙げられます。それぞれを詳しく解説していきます。

    プロバイダについて

    光回線を高速道路と例えたときに、料金所のような役割をしています。

    車はデータだと思っていただければ大丈夫です。

    つまり、回線のスペックがいかに高くても、料金所で待たされてしまえば速度は必然的に落ちてしまいます。

    プロバイダとは

    混雑の要因としては、回線の利用者数もありますが、料金所の数、つまりプロバイダ自体のキャパシティも大きく影響しています。

    こちらは、大手のほうがしっかりしていると言われていますが、当該エリアでの利用者数なども影響しており厳密な数字などはありません

    接続機器について

    こちらは私も経験があるのですが、PCやスマホ、WiFiルーターのスペックによっても大きく速度は変わります

    PCが古かったり、スペックが低かったりするとWiFiを受け取るPC内の機能の性能も低いことも。

    また、WiFiルーターの接続可能台数や対応している速度も千差万別なので、速度が遅い場合はこういった点を疑ってみると良いかもしれません。

    お住まいについて

    マンションだと宅内の配線が光ケーブルではなく、電話線でつないでいる場合があるので速度低下は避けられません。

    また、マンション宅内で同じ回線を使っているユーザーが多いとその分遅くなります

    それに対して、戸建てでは家の中まで光ケーブルなので安定した速度で利用できるはずです。

    以上がドコモ光の速度を左右する要因として挙げられます。

    とは言え、動画やゲームの利用が困難になるほど遅くなることは考えにくく、光回線であれば通常はサクサク使えるはずです。

    特に、戸建てでは基本的に安定した速度で利用できるでしょう。

    以上を踏まえ、ドコモスマホを持っており、料金を安くしたい方はドコモ光がベストといえます。

    この記事が、あなたの快適なインターネットライフに繋がれば嬉しい限りです。 まとめに戻る