口座振替可能なワイマックスのおすすめプロバイダ

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

口座振替可能なワイマックスのおすすめプロバイダ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
kureku
WiMAX
プロバイダ
口座振替
クレジットカード不要!口座振替可能なWiMAXプロバイダ3選
口座振替ができるWiMAX

クレジットカード以外で
WiMAXを申し込みたい方へ
口座振替できるサービスを調査


「WiMAXってクレジットカードがないと契約できないの?」
「口座振替ができるWiMAXのプロバイダはどこ?」


このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか? そこで!本ページでは、20社以上あるWiMAXのプロバイダの中から、クレジットカード不要、口座振替可能なプロバイダを絞ってご紹介。

2019年現在、口座振替ができるプロバイダは3社のみ。 今回はそんな3社の料金プラン、キャンペーン内容(キャッシュバック・割引)、その他の条件を徹底比較し、最もおすすめのプロバイダをお教えします。

では早速、口座振替可能なWiMAXのプロバイダとはどこなのか?一緒にみていきましょう!

運営者エミリー

エミリー

編集部で唯一の女性編集メンバー。分かりにくいインターネット回線の契約で失敗した実体験から、誰よりも役に立つコンテンツの発信に情熱を注ぐ。

通信業界歴は短いものの、初心者の視点のわかりやすい記事が好評。



口座振替可のWiMAXプロバイダは3社比較

先ほども申し上げた通り、2019年現在、クレジットカード不要・口座振替可能なWiMAXプロバイダは3社のみ。
その3社をおすすめ順に並べると以下。
 

口座振替可能な3社

  • BroadWiMAX
  • BIGLOBE
  • UQWiMAX

WiMAXはどこで契約しても、使用する回線や機種には差がないので、キャンペーンなどの特典を加味した料金が最も重要な比較ポイントとなります。それを踏まえた上で、各社の初期費用、月額料金、キャンペーン内容を比較していきましょう。

BroadWiMAX・BIGLOBE・UQ の月額料金とキャンペーン比較

では早速、口座振替が可能なBroadWiMAX、BIGLOBEWiMAX、UQWiMAXの3社の料金やキャンペーンを比較していきましょう。

【前提条件】
※プラン:ギガ放題(1番人気)
※機種:W06(最新機種)
項目 BroadWiMAX BIGLOBE UQWiMAX
月額料金
(1~2ヶ月目)
2,726円 3,495円 4,380円
月額料金
(3~24ヶ月目)
3,411円 4,180円 4,380円
月額料金
(25ヶ月目以降)
4,011円 4,380円 4,380円
初期費用
/事務手数料
18,857円/3,000円 無料/3,000円 3,800円/3,000円
端末代 無料 4,800円 3,800円
キャンペーン Amazonギフト券
円【翌月】
キャッシュバック
円【6か月後】
なし
総額(3年) 143,209円 151,882円 176,334円
実質月額料金 3,871円 4,291円 4,766円

※実質料金総額:初期費用(事務手数料、ルータ代含む)+月額料金×契約期間(36ヶ月)-キャッシュバック・割引金額
※実質月額料金:実質料金総額÷契約期間(36ヶ月)

上記のプロバイダ比較表を見ていただくとお分かりの通り、実質料金が最安のプロバイダはBroadWiMAX。とにかく料金が安いプロバイダが良いという人は、BroadWiMAXがおすすめ。

しかし、BroadWiMAXは初期費用が高額。まとまったお金を用意するのが難しいという方は、BIGLOBEを選ぶとよいでしょう。 BIGLOBEはBroadWiMAXに実質料金では及びませんが、初期費用は事務手数料とルータ代込で8,100円とBroadWiMAXよりも初期費用の負担が軽いのが特徴。

ただし、BroadWiMAXのAmazonギフト券は翌月に受け取りに対し、BIGLOBEのキャッシュバックは半年後に受け取り半年後のキャッシュバック申請時期を逃してしまうと、ただ月額料金が高いだけで旨味がなくなってしますので要注意です。

もう1社、WiMAXの本家であるUQWiMAXでも口座振替は可能です。しかし、UQWiMAXはキャッシュバックや割引といったキャンペーンは基本的に行っていないので、他の2社と比べると料金は割高。以上のことを総合的に考えると、口座振替対応のプロバイダのおすすめはダントツでBroadWiMAXです。

ここまで口座振替可能なプロバイダ3社を料金軸で比較してまいりました。次項では、3社の申し込み方法(郵送またはWEB)、手数料、提出書類についても確認していきましょう。

口座振替の申し込み方法、手数料、必要書類は?

下記で各社の口座振替の申し込み方法と、手数料、必要な書類についてみていきましょう。

項目 BroadWiMAX BIGLOBE UQWiMAX
指定できる銀行 都市銀行
/ゆうちょ銀行
/地方銀行(一部)
/信用金庫(一部)
都市銀行
/ゆうちょ銀行
/地方銀行(一部)
/信用金庫(一部)
都市銀行
/ゆうちょ銀行
/地方銀行(一部)
/信用金庫(一部)
口座振替手数料 200円 200円 無料
振替日 27日または3日 26日 26日
必要書類 口座振替申込書
ライフペイメント
入会申込書
本人確認書類のコピー
支払方法登録申込書 預金口座振替依頼書
本人確認書類のコピー
利用までの期間 最短2日 最短2日 最短2日
申し込み方法 郵送 WEBまたは郵送
※未成年(20歳未満)、
家族名義の口座の場合
は郵送のみ可
WEBまたは郵送

WiMAX契約手続きの流れ~ルーター・プラン・支払い方法~

こちらでは、WiMAXの契約をスムーズに行っていただけるよう、大まかな流れとして6つのステップをご説明いたします。

ステップ1:申し込みは店頭?WEBサイト経由?

WiMAXの申し込みは、WEBサイト経由がおすすめ。大手携帯キャリアや家電量販店などの店舗で契約することも可能ですが、WEBサイト経由の時と比較すると、店頭申し込みの方が割高です。

というのも、WEB申し込みの場合は、人件費や店舗維持費などの経費が掛からない分、キャンペーン内容を充実できるため。以上の理由から、WiMAXはWEB申し込みがおすすめです。

ステップ2:プロバイダ選び~実質料金で比較!~

先ほどから繰り返し申し上げている通り、WiMAXはどこから申し込むかで、実質料金が変わります。WiMAXのスペックはどこから申し込んでも差がないので、口座振替ができるプロバイダの中で最安のWiMAXを選べば間違いありません。

ステップ3:ルーター選び~最新機種に決まり~

機種選びはプロバイダ選びよりシンプル。最新機種を選べば間違いありません。WiMAXは1年に2回ペースで新機種が発売されており、出る度に性能がアップデートされています。Huaweiから出た最新機種『W06』と『HOME L02』の速度は1Gpbs超えと、光回線並みの速さ。

加えて、WiMAXは通常3年契約でその期間機種変更をしないことを考えると、最新機種の購入がおすすめ。

W06
発売日 2019年1月25日
外観 W06
質量 125g
最大通信速度(受信) 1237Mbps(有線接続)
867Mbps(無線接続)
※ハイスピードモードの場合:558Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
通信時間 約9時間(WiMAX 2+、スマート設定時)
ハイスピードプラスエリアモード 利用可能(最高速度1237Mbps)
発売メーカー Huawei(ファーウェイ)
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替

Speed Wi-Fi HOME L02
発売日 2019年1月25日
外観 L02
質量 436g
最大通信速度(受信) 1237Mbps(有線接続)
867Mbps(無線接続)
※ハイスピードモードの場合:558Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
通信時間 ホームルーターなので関係無し
ハイスピードプラスエリアモード 利用可能(最高速度1237Mbps)
発売メーカー Huawei(ファーウェイ)
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替


ステップ4::プラン選び~ギガ放題がコスパ良し!~

契約したいプロバイダが決まったら、次に行うのがプラン選び。WiMAXの申し込みプランは以下の2種類のみです。

WiMAXのプラン

  • ギガ放題プラン(データ容量制限なし)
  • ライトプラン(データ容量7GB制限)

以下でプランの詳細をみていきましょう。
料金プラン 通常プラン ギガ放題プラン
月額料金 月額2,690円~ 月額3,544円~
WiMAX回線 7GB/月 使い放題/月
au4GLTE回線 7GB/月 7GB/月
最高速度
(下り最大)
1.2Gbps 1.2Gbps

ステップ5:お支払い方法の選択とお客様情報の入力

お支払い方法は、クレジットカードか口座振替から選択。ここでは、口座振替にチェック。以下のお客様情報を記入していきます。(※プロバイダによって入力が必要な情報は異なります)

 

お客様情報

  • お名前
  • 生年月日
  • ご住所
  • ご連絡先電話番号
  • メールアドレス
  • お支払い方法
  • 郵送の場合、口座振替の書類を記入の上、本人確認書類のコピーとともに送付
  • WEBの場合、必要事項を記入の上、本人確認書類をアップロード

ステップ6:WiMAXのルーター受け取り

申し込みから最短2日でWiMAXのルーターが届きます(店頭申し込みの場合は即日)。ルーター到着後は、初期設定をして早速利用しましょう。

以上がWiMAXの契約の流れです。ここまで口座振替可能なおすすめのプロバイダ、ルーター、料金プラン、申し込み方法と順番にみてまいりました。

その結果、プロバイダはBroadWiMAXが最もおすすめということがお分かりいただけたかと思います。また、その他の条件はどのプロバイダを選んでも一緒です。次項では、BroadWiMAXの契約を検討中の方に、申し込み前に知っておいていただきたい注意点をお伝えします。

BroadWiMAXは最安!でも申し込みには3つの注意点が

口座振替ができる最安プロバイダBroadWiMAXの3つの注意点を順番にみていきましょう。

申し込み窓口は当サイト経由で!

1点目の注意点は、申し込み窓口ついて。BroadWiMAXのAmazonギフト券キャンペーンは、公式サイトでは行っておりません。公式サイトと提携している当サイト経由でのお申込み限定のキャンペーンですので、間違って他の窓口からお申込みして特典をもらい忘れる・・・ということのないようにご注意ください。

初期費用無料キャンペーンの対象外

2点目の注意点は、初期費用について。BroadWiMAXは口座振替の場合、初期費用が無料にならないのでご注意を。ですので、18,857円を申し込み時に一括で払う必要があります。高額な出費ですので、その点は認識しておくとよいでしょう。

口座振替には審査がある

3点目は、口座振替には審査がある点。審査があるということは、否認されてしまう可能性もあるということ。 口座振替の審査で落ちてしまった場合は、新しい口座を開設するか、他のプロバイダへ申し込むと審査に通る場合があります。

また、これを機にクレジットカードを作ってみるというのも1つの方法。中でも、入会審査があまり厳しくないといわれる楽天カードはおすすめです。

クレジットカードがあれば、BroadWiMAXの初期費用は無料になるので、さらにお得にWiMAXを契約できます。以上、3つの注意点だけをクリアすれば、BroadWiMAXは間違いなく、料金最安でおすすめのプロバイダです。

まとめ

2019年現在、口座振替ができるWiMAXのプロバイダは3社のみ。その3社の中でも、最もおすすめのプロバイダはBroadWiMAX。口座振替ができるプロバイダの中で、BroadWiMAXがおすすめの理由は以下。

まとめ
  • 月額料金が安い(2019年現在最安!)
  • Amazonギフト券1万円分がもらえる(当サイト限定)
  • Amazonギフト券は翌月受け取り(BIGLOBEのキャッシュバックの受け取りは6ヶ月後)
  • 人気の大手プロバイダで安心
  • コールセンターの評判がいい

ただし、BroadWiMAXの申し込み時には、初期費用がかかることだけお忘れなきよう。 大切なことなので、何度も言いますが、Amazonギフト券1万円分を受け取るには、当サイトの特設ページから申し込みをしていただく必要がございます。

下記申し込み専用の特設ページでは、Amazonギフト券の受け取り方法も丁寧に解説しています。
クレジットカード不要、口座振替ができるWiMAXをお探しの方は、当サイトの限定キャンペーンを活用してお得にWiMAXをゲットしてくださいね!

BroadWiMAXキャンペーン特設ページ
WiMAX
プロバイダ
口座振替
クレジットカード不要!口座振替可能なWiMAXプロバイダ3選
口座振替ができるWiMAX

クレジットカード以外で
WiMAXを申し込みたい方へ
口座振替できるサービスを調査


「WiMAXってクレジットカードがないと契約できないの?」
「口座振替ができるWiMAXのプロバイダはどこ?」


このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そこで!本ページでは、20社以上あるWiMAXのプロバイダの中から、クレジットカード不要、口座振替可能なプロバイダを絞ってご紹介。 2019年現在、口座振替ができるプロバイダは3社のみ。

今回はそんな3社の料金プラン、キャンペーン内容(キャッシュバック・割引)、その他の条件を徹底比較し、最もおすすめのプロバイダをお教えします。

では早速、口座振替可能なWiMAXのプロバイダとはどこなのか?一緒にみていきましょう!

運営者エミリー

エミリー

編集部で唯一の女性編集メンバー。分かりにくいインターネット回線の契約で失敗した実体験から、誰よりも役に立つコンテンツの発信に情熱を注ぐ。

通信業界歴は短いものの、初心者の視点のわかりやすい記事が好評。



口座振替可のWiMAXプロバイダは3社比較

先ほども申し上げた通り、2019年現在、クレジットカード不要・口座振替可能なWiMAXプロバイダは3社のみ。
その3社をおすすめ順に並べると以下。
 

口座振替可能な3社

  • BroadWiMAX
  • BIGLOBE
  • UQWiMAX

WiMAXはどこで契約しても、使用する回線や機種には差がないので、キャンペーンなどの特典を加味した料金が最も重要な比較ポイントとなります。

それを踏まえた上で、各社の初期費用、月額料金、キャンペーン内容を比較していきましょう。

BroadWiMAX・BIGLOBE・UQ の月額料金とキャンペーン比較

では早速、口座振替が可能なBroadWiMAX、BIGLOBEWiMAX、UQWiMAXの3社の料金やキャンペーンを比較していきましょう。

【前提条件】
※プラン:ギガ放題(1番人気)
※機種:W06(最新機種)
項目 Broad
WiMAX
BIGLOBE UQWiMAX
月額料金
(1~2ヶ月目)
2,726円 3,495円 4,380円
月額料金
(3~24ヶ月目)
3,411円 4,180円 4,380円
月額料金
(25ヶ月目以降)
4,011円 4,380円 4,380円
初期費用
/事務手数料
18,857円
/3,000円
無料
/3,000円
3,800円
/3,000円
端末代 無料 4,800円 3,800円
キャンペーン Amazon
ギフト券

【翌月】
キャッシュ
バック

【6か月後】
なし
総額(3年) 143,209円 151,882円 176,334円
実質
月額料金
3,871円 4,291円 4,766円

※実質料金総額:
初期費用(事務手数料、ルータ代含む)+月額料金×契約期間(36ヶ月)-キャッシュバック・割引金額
※実質月額料金:
実質料金総額÷契約期間(36ヶ月)

上記のプロバイダ比較表を見ていただくとお分かりの通り、実質料金が最安のプロバイダはBroadWiMAX

とにかく料金が安いプロバイダが良いという人は、BroadWiMAXがおすすめ。

しかし、BroadWiMAXは初期費用が高額。まとまったお金を用意するのが難しいという方は、BIGLOBEを選ぶとよいでしょう。

BIGLOBEはBroadWiMAXに実質料金では及びませんが、初期費用は事務手数料とルータ代込で8,100円とBroadWiMAXよりも初期費用の負担が軽いのが特徴。

ただし、BroadWiMAXのAmazonギフト券は翌月に受け取りに対し、BIGLOBEのキャッシュバックは半年後に受け取り

半年後のキャッシュバック申請時期を逃してしまうと、ただ月額料金が高いだけで旨味がなくなってしますので要注意です。

もう1社、WiMAXの本家であるUQWiMAXでも口座振替は可能です。しかし、UQWiMAXはキャッシュバックや割引といったキャンペーンは基本的に行っていないので、他の2社と比べると料金は割高。

以上のことを総合的に考えると、口座振替対応のプロバイダのおすすめはダントツでBroadWiMAXです。

ここまで口座振替可能なプロバイダ3社を料金軸で比較してまいりました。次項では、3社の申し込み方法(郵送またはWEB)、手数料、提出書類についても確認していきましょう。

口座振替の申し込み方法、手数料、必要書類は?

下記で各社の口座振替の申し込み方法と、手数料、必要な書類についてみていきましょう。

項目 BroadWiMAX BIGLOBE UQWiMAX
指定できる
銀行
都市銀行/ゆうちょ銀行
/地方銀行(一部)/信用金庫(一部)
口座振替
手数料
200円 200円 無料
振替日 27日
または3日
26日 26日
必要書類 口座振替
申込書
ライフ
ペイメント
入会申込書
本人確認書類のコピー
支払方法
登録申込書
預金口座振替
依頼書
本人確認書類のコピー
利用までの
期間
最短2日 最短2日 最短2日
申し込み
方法
郵送 WEBまたは郵送
※未成年(20歳未満)、
家族名義の口座の場合は郵送のみ可
WEBまたは郵送

WiMAX契約手続きの流れ~ルーター・プラン・支払い方法~

こちらでは、WiMAXの契約をスムーズに行っていただけるよう、大まかな流れとして6つのステップをご説明いたします。

ステップ1:申し込みは店頭?WEBサイト経由?

WiMAXの申し込みは、WEBサイト経由がおすすめ。大手携帯キャリアや家電量販店などの店舗で契約することも可能ですが、WEBサイト経由の時と比較すると、店頭申し込みの方が割高です。

というのも、WEB申し込みの場合は、人件費や店舗維持費などの経費が掛からない分、キャンペーン内容を充実できるため。

以上の理由から、WiMAXはWEB申し込みがおすすめです。

ステップ2:プロバイダ選び~実質料金で比較!~

先ほどから繰り返し申し上げている通り、WiMAXはどこから申し込むかで、実質料金が変わります。

WiMAXのスペックはどこから申し込んでも差がないので、口座振替ができるプロバイダの中で最安のWiMAXを選べば間違いありません。

ステップ3:ルーター選び~最新機種に決まり~

機種選びはプロバイダ選びよりシンプル。最新機種を選べば間違いありません。

WiMAXは1年に2回ペースで新機種が発売されており、出る度に性能がアップデートされています。Huaweiから出た最新機種『W06』と『HOME L02』の速度は1Gpbs超えと、光回線並みの速さ。

加えて、WiMAXは通常3年契約でその期間機種変更をしないことを考えると、最新機種の購入がおすすめ。

W06
発売日 2019年1月25日
外観 W06
質量 125g
最大通信速度(受信) 1237Mbps(有線接続)
867Mbps(無線接続)
※ハイスピードモードの場合:558Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
通信時間 約9時間(WiMAX 2+、スマート設定時)
ハイスピードプラスエリアモード 利用可能(最高速度1237Mbps)
発売メーカー Huawei(ファーウェイ)
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替

Speed Wi-Fi HOME L02
発売日 2019年1月25日
外観 L02
質量 436g
最大通信速度(受信) 1237Mbps(有線接続)
867Mbps(無線接続)
※ハイスピードモードの場合:558Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
通信時間 ホームルーターなので関係無し
ハイスピードプラスエリアモード 利用可能(最高速度1237Mbps)
発売メーカー Huawei(ファーウェイ)
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替


ステップ4:プラン選び~ギガ放題がコスパ良し!~

契約したいプロバイダが決まったら、次に行うのがプラン選び。WiMAXの申し込みプランは以下の2種類のみです。

WiMAXのプラン

  • ギガ放題プラン(データ容量制限なし)
  • ライトプラン(データ容量7GB制限)

以下でプランの詳細をみていきましょう。
料金プラン 通常プラン ギガ放題プラン
月額料金 月額2,690円~ 月額3,544円~
WiMAX回線 7GB/月 使い放題/月
au4GLTE回線 7GB/月 7GB/月
最高速度
(下り最大)
1.2Gbps 1.2Gbps

ステップ5:お支払い方法の選択とお客様情報の入力

お支払い方法は、クレジットカードか口座振替から選択。ここでは、口座振替にチェック。以下のお客様情報を記入していきます。(※プロバイダによって入力が必要な情報は異なります)

 

お客様情報

  • お名前
  • 生年月日
  • ご住所
  • ご連絡先電話番号
  • メールアドレス
  • お支払い方法
  • 郵送の場合、口座振替の書類を記入の上、本人確認書類のコピーとともに送付
  • WEBの場合、必要事項を記入の上、本人確認書類をアップロード

ステップ6:WiMAXのルーター受け取り

申し込みから最短2日でWiMAXのルーターが届きます(店頭申し込みの場合は即日)。ルーター到着後は、初期設定をして早速利用しましょう。

以上がWiMAXの契約の流れです。ここまで口座振替可能なおすすめのプロバイダ、ルーター、料金プラン、申し込み方法と順番にみてまいりました。

その結果、プロバイダはBroadWiMAXが最もおすすめということがお分かりいただけたかと思います。

また、その他の条件はどのプロバイダを選んでも一緒です。次項では、BroadWiMAXの契約を検討中の方に、申し込み前に知っておいていただきたい注意点をお伝えします。

BroadWiMAXは最安!でも申し込みには3つの注意点が

口座振替ができる最安プロバイダBroadWiMAXの3つの注意点を順番にみていきましょう。

申し込み窓口は当サイト経由で!

1点目の注意点は、申し込み窓口ついて。BroadWiMAXのAmazonギフト券キャンペーンは、公式サイトでは行っておりません。

公式サイトと提携している当サイト経由でのお申込み限定のキャンペーンですので、間違って他の窓口からお申込みして特典をもらい忘れる・・・ということのないようにご注意ください。

初期費用無料キャンペーンの対象外

2点目の注意点は、初期費用について。BroadWiMAXは口座振替の場合、初期費用が無料にならないのでご注意を。

ですので、18,857円を申し込み時に一括で払う必要があります。高額な出費ですので、その点は認識しておくとよいでしょう。

口座振替には審査がある

3点目は、口座振替には審査がある点。審査があるということは、否認されてしまう可能性もあるということ。

口座振替の審査で落ちてしまった場合は、新しい口座を開設するか、他のプロバイダへ申し込むと審査に通る場合があります。

また、これを機にクレジットカードを作ってみるというのも1つの方法。中でも、入会審査があまり厳しくないといわれる楽天カードはおすすめです。

クレジットカードがあれば、BroadWiMAXの初期費用は無料になるので、さらにお得にWiMAXを契約できます。

以上、3つの注意点だけをクリアすれば、BroadWiMAXは間違いなく、料金最安でおすすめのプロバイダです。

まとめ

2019年現在、口座振替ができるWiMAXのプロバイダは3社のみ。その3社の中でも、最もおすすめのプロバイダはBroadWiMAX。

口座振替ができるプロバイダの中で、BroadWiMAXがおすすめの理由は以下。

まとめ
  • 月額料金が安い(2019年現在最安!)
  • Amazonギフト券1万円分がもらえる(当サイト限定)
  • Amazonギフト券は翌月受け取り(BIGLOBEのキャッシュバックの受け取りは6ヶ月後)
  • 人気の大手プロバイダで安心
  • コールセンターの評判がいい

ただし、BroadWiMAXの申し込み時には、初期費用がかかることだけお忘れなきよう。

大切なことなので、何度も言いますが、Amazonギフト券1万円分を受け取るには、当サイトの特設ページから申し込みをしていただく必要がございます。

下記申し込み専用の特設ページでは、Amazonギフト券の受け取り方法も丁寧に解説しています。

クレジットカード不要、口座振替ができるWiMAXをお探しの方は、当サイトの限定キャンペーンを活用してお得にWiMAXをゲットしてくださいね!

BroadWiMAX
キャンペーン特設ページ
タイトルとURLをコピーしました