ゼロレーティングの詳細と懸念点について

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ゼロレーティングの詳細と懸念点について

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
ソフトバンク
インターネット回線
WiMAX
動画SNS見放題プランに規制?ウルトラギガモンスタープラスも対象

動画SNS見放題がなくなる?
ゼロレーティングの詳細と代替案をご紹介!


2019年2月19日、総務省は、一部の携帯事業会社が提供しているある特定の動画サイトや、SNSが見放題になるゼロレーティングの規制に乗り出すことを発表した。

大手携帯キャリアや格安SIMでは、このゼロレーティングを利用したプランが人気。 中でも、ソフトバンクの「動画SNS見放題」ウルトラギガモンスタープラスは、一度は名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
「ゼロレーティングの規制とは?自分にも関係ある?」
「ウルトラギガモンスタープラスを使っているけど、どうなっちゃうの?」


という疑問や不安をお抱えの方に、ゼロレーティングについて解説しながら、今後予想される展開についてもお伝えしてまいります。

こちらでは、少し小難しいゼロレーティングの話を、とにかくわかりやすく、簡潔にまとめましたので一緒に確認していきましょう!


ゼロレーティング(カウントフリー)とは?

ここでは、先ほどから何度もでてくるゼロレーティングのとはなにかをご説明しておきましょう。

ゼロレーティングはネットワークの中立性を脅かす?

ゼロレーティング(別名:カウントフリー)とは、スマホ、タブレット、パソコンなどの通信から、特定の動画サービスやSNSでの動画視聴やダウンロード、SNSの投稿はデータ量にカウントしないという仕組み。

大手携帯キャリアや格安SIMなどの携帯電話事業者からは、このゼロレーティングを活用したプランを出されており、これらは「動画SNS見放題プラン」「動画見放題プラン」などと呼ばれています。
(本ページでは「動画SNS見放題プラン」と呼ぶことにします)

動画SNS見放題プランは、ユーザーにとってはメリットがあるように見えますが、ある特定サイトやサービスだけ通信無制限となると、当然ユーザーは特定のサイトやサービスに集中します。

そうすると何が起こるかと言うと、ゼロレーティング対象のサービスと対象外のサービスとで、アクセスに偏りが出てしまい、対象外のサービスには不利になってしまいますよね。

それが、ネットワークの中立性を脅かしているとして、今回政府が規制に動いたというわけ。

また、ゼロレーティングにはネットワークの中立性以外にも懸念点があります。

DPIは電気通信事業法の「通信の秘密」に触れている?

ゼロレーティングは、電気通信事業法の「通信の秘密」に触れる可能性があるとして、通信業界ではこれまでも議論されてきました。

その理由は、ゼロレーティングは、対象の通信がゼロレーティングの対象のサービスなのかどうかを判別するためにDPI(Deep Packet Inspection)を使用していることがあるため。

このDPIは簡単に言えば、IPパケットの内容の検査のこと。

何が問題なのかと言いますと、DPIによって、ある個人がどのようなサービスを使用しているのか、識別できる可能性があるため、電気通信事業法の「通信の秘密」に触れると問題視されているのです。

以上、ここではゼロレーティングとは何かとその問題点について解説しました。
参考記事:朝日新聞

では、この規制によってどのような影響が出るのでしょうか?

大手携帯キャリアや、格安SIMでは、このゼロレーティングを活用したプランを販売しているため、このページをご覧のみなさんの中には、今回の規制による影響を受ける方もいらっしゃるかと思います。

中でも、ソフトバンクの人気プラン「ウルトラギガモンスタープラス」を利用されている方も多いはず。

  • ウルトラギガモンスタープラスはどうなってしまうのか?
  • もし、SNS動画見放題プランがなくなったらどうすればいいのか?

次項では、以上のような疑問にお答えしながら、今後の展開予測も含め解説していきましょう。

ソフトバンクのウルトラギガモンスタープラスはどうなる?

ウルトラギガモンスタープラスは、大手携帯キャリアのソフトバンクが出している「動画SNS見放題」が売りのプラン

ウルトラギガモンスタープラスの対象のサービスは以下。

ウルトラギガモンスタープラスの対象サービス

  • Youtube
  • Abama TV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TickTock


ウルトラギガモンスタープラスの詳細はこちら

上記10個のサービスの内、全てとは言わないまでも、複数のサービスを利用している方は多いのではないでしょうか? 中には「動画SNS見放題を目的にこのプランにしたのに・・・どうなるの?」とご心配の方もきっといらっしゃることでしょう。

具体的にいつから規制が入るかや、ソフトバンクからのお知らせはまだ何も発表されていません。ですので、現段階ではウルトラギガモンスタープラスが今後どうなるか分からない状況です。

しかし、アメリカやインドなどのIT先進国では、ゼロレーティングにすでに政府の規制が入っていることを考えれば、日本でも今後規制は厳しくなることが予想されます。

では、ウルトラギガモンスタープラスや、格安SIMの動画SNS見放題プランが使えなくなったら、どうすればいいのでしょうか? 考えられる解決方法は以下の3通り。

動画SNS見放題サービスが終了したらどうすればいいの?

もしも、動画SNS見放題プランのサービスが終了してしまった時、解決方法は以下の3通りが考えられます。

3つの解決方法

  • ①スマホのプランをデータ容量の大きいプランに変更する
  • ②データ制限内に収まるようにデータ利用量を調整する
  • ③WiMAXを契約する

上記の補足をすると、

①データ容量の大きいスマホの料金プランは高くなりがち。毎月の携帯電話代には、できるだけお金をかけたくないものです。

②今まで動画SNS見放題だったのに、いきなりデータ量節約となると、ストレスがかかりそうです。

③モバイルWi-FiであるWiMAXを契約するのが、当編集部では最もおすすめの方法。

WiMAXの月額料金は4,000円弱で、実質通信無制限で使えるので、携帯のプランを下げて、WiMAXを持てば、通信費の節約になるかもしれません。

実際、筆者も格安SIMスマホ+WiMAXの組み合わせで、月々の通信費は7,000円程。WiMAXは家での固定回線もかねているので、通信費はかなり節約できています。

以上ここでは、ゼロレーティングに関する規制とその影響についてお話しました。 現在、ウルトラギガモンスタープラスのような動画見放題プランをご利用中の方は、代替案としてWiMAXを検討されるのもいいかもしれません。

WiMAXについて詳しく知りたい方は、下記ページも併せてご覧ください。

WiMAXの詳細とおすすめ情報

ソフトバンク
インターネット回線
WiMAX
動画SNS見放題プランに規制?ウルトラギガモンスタープラスも対象

動画SNS見放題がなくなる?
ゼロレーティングの詳細と代替案をご紹介!


2019年2月19日、総務省は、一部の携帯事業会社が提供しているある特定の動画サイトや、SNSが見放題になるゼロレーティングの規制に乗り出すことを発表した。

大手携帯キャリアや格安SIMでは、このゼロレーティングを利用したプランが人気。

中でも、ソフトバンクの「動画SNS見放題」ウルトラギガモンスタープラスは、一度は名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
「ゼロレーティングの規制とは?自分にも関係ある?」
「ウルトラギガモンスタープラスを使っているけど、どうなっちゃうの?」


という疑問や不安をお抱えの方に、ゼロレーティングについて解説しながら、今後予想される展開についてもお伝えしてまいります。

こちらでは、少し小難しいゼロレーティングの話を、とにかくわかりやすく、簡潔にまとめましたので一緒に確認していきましょう!

>

ゼロレーティング(カウントフリー)とは?

ここでは、先ほどから何度もでてくるゼロレーティングのとはなにかをご説明しておきましょう。

ゼロレーティングはネットワークの中立性を脅かす?

ゼロレーティング(別名:カウントフリー)とは、スマホ、タブレット、パソコンなどの通信から、特定の動画サービスやSNSでの動画視聴やダウンロード、SNSの投稿はデータ量にカウントしないという仕組み。

大手携帯キャリアや格安SIMなどの携帯電話事業者からは、このゼロレーティングを活用したプランを出されており、これらは「動画SNS見放題プラン」「動画見放題プラン」などと呼ばれています。

(本ページでは「動画SNS見放題プラン」と呼ぶことにします)

動画SNS見放題プランは、ユーザーにとってはメリットがあるように見えますが、ある特定サイトやサービスだけ通信無制限となると、当然ユーザーは特定のサイトやサービスに集中します。

そうすると何が起こるかと言うと、ゼロレーティング対象のサービスと対象外のサービスとで、アクセスに偏りが出てしまい、対象外のサービスには不利になってしまいますよね。

それが、ネットワークの中立性を脅かしているとして、今回政府が規制に動いたというわけ。

また、ゼロレーティングにはネットワークの中立性以外にも懸念点があります。

DPIは電気通信事業法の「通信の秘密」に触れている?

ゼロレーティングは、電気通信事業法の「通信の秘密」に触れる可能性があるとして、通信業界ではこれまでも議論されてきました。

その理由は、ゼロレーティングは、対象の通信がゼロレーティングの対象のサービスなのかどうかを判別するためにDPI(Deep Packet Inspection)を使用していることがあるため。

このDPIは簡単に言えば、IPパケットの内容の検査のこと。

何が問題なのかと言いますと、DPIによって、ある個人がどのようなサービスを使用しているのか、識別できる可能性があるため、電気通信事業法の「通信の秘密」に触れると問題視されているのです。

以上、ここではゼロレーティングとは何かとその問題点について解説しました。
参考記事:朝日新聞

では、この規制によってどのような影響が出るのでしょうか?

大手携帯キャリアや、格安SIMでは、このゼロレーティングを活用したプランを販売しているため、このページをご覧のみなさんの中には、今回の規制による影響を受ける方もいらっしゃるかと思います。

中でも、ソフトバンクの人気プラン「ウルトラギガモンスタープラス」を利用されている方も多いはず。

  • ウルトラギガモンスタープラスはどうなってしまうのか?
  • もし、SNS動画見放題プランがなくなったらどうすればいいのか?

次項では、以上のような疑問にお答えしながら、今後の展開予測も含め解説していきましょう。

ソフトバンクのウルトラギガモンスタープラスはどうなる?

ウルトラギガモンスタープラスは、大手携帯キャリアのソフトバンクが出している「動画SNS見放題」が売りのプラン

ウルトラギガモンスタープラスの対象のサービスは以下。

ウルトラギガモンスタープラスの対象サービス

  • Youtube
  • Abama TV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TickTock


ウルトラギガモンスタープラス
の詳細はこちら


上記10個のサービスの内、全てとは言わないまでも、複数のサービスを利用している方は多いのではないでしょうか?

中には「動画SNS見放題を目的にこのプランにしたのに・・・どうなるの?」とご心配の方もきっといらっしゃることでしょう。

具体的にいつから規制が入るかや、ソフトバンクからのお知らせはまだ何も発表されていません。ですので、現段階ではウルトラギガモンスタープラスが今後どうなるか分からない状況です。

しかし、アメリカやインドなどのIT先進国では、ゼロレーティングにすでに政府の規制が入っていることを考えれば、日本でも今後規制は厳しくなることが予想されます。

では、ウルトラギガモンスタープラスや、格安SIMの動画SNS見放題プランが使えなくなったら、どうすればいいのでしょうか? 考えられる解決方法は以下の3通り。

動画SNS見放題サービスが終了したらどうすればいいの?

もしも、動画SNS見放題プランのサービスが終了してしまった時、解決方法は以下の3通りが考えられます。

3つの解決方法

  • ①スマホのプランをデータ容量の大きいプランに変更する
  • ②データ制限内に収まるようにデータ利用量を調整する
  • ③WiMAXを契約する

上記の補足をすると、

①データ容量の大きいスマホの料金プランは高くなりがち。毎月の携帯電話代には、できるだけお金をかけたくないものです。

②今まで動画SNS見放題だったのに、いきなりデータ量節約となると、ストレスがかかりそうです。

③モバイルWi-FiであるWiMAXを契約するのが、当編集部では最もおすすめの方法。

WiMAXの月額料金は4,000円弱で、実質通信無制限で使えるので、携帯のプランを下げて、WiMAXを持てば、通信費の節約になるかもしれません。

実際、筆者も格安SIMスマホ+WiMAXの組み合わせで、月々の通信費は7,000円程。WiMAXは家での固定回線もかねているので、通信費はかなり節約できています。

以上ここでは、ゼロレーティングに関する規制とその影響についてお話しました。

現在、ウルトラギガモンスタープラスのような動画見放題プランをご利用中の方は、代替案としてWiMAXを検討されるのもいいかもしれません。

WiMAXについて詳しく知りたい方は、下記ページも併せてご覧ください。

WiMAXの詳細とおすすめ情報

タイトルとURLをコピーしました