Yahoo!BBが1番お得!

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

Yahoo!BBが1番お得!

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
ADSL
プロバイダ
Yahoo!BB
【2019年最新プロバイダ比較!】ADSL回線基本情報
ADSLおすすめプロバイダを徹底比較

月額1,265円から契約できるADSLプロバイダも?
気になる速度や料金などを徹底解説!


近年光回線やモバイルWiFiの台頭によって、あまり聞かなくなったADSL回線。特に、若い人にとってはあまり聞き馴染みが無く初めて聞く方も多いでしょう。

確かに、ADSL回線は「速度が遅い」、「なんかあまり聞いたことが無いから使いたくない」というイメージを持たれがちです。しかし、動画を見たり、サイトを見たりするぐらいなら非常におすすめできる可能性もあります。

というのも、月額1,000円台から利用できるADSLプロバイダもあり、圧倒的に光回線やモバイルWiFiと比較して安いから。これだけ安いプロバイダなら契約したくなりますよね。

今回は、ADSL回線について基本情報から詳細なプロバイダ料金比較、さらにおすすめのプロバイダに関してのお得情報まで詳しくご紹介します。早速ADSLとは何なのかから確認していきましょう。



ADSLの基本情報

前述の通り、ADSLは近年あまり聞かなくなりましたよね。しかし、光回線が全盛になるまではADSLの契約数が最も多かったということをご存知でしょうか?つまり、つい10年ほど前まではADSLが主流でした。

フレッツ光は聞いたことがあると思いますが、10数年前まではフレッツADSLというNTTのサービスが大きなシェアを持っていたのです。(フレッツ光提供エリアでは既に新規申し込み終了)

2003年~2018年までの固定回線契約者数
総務省「情報通信白書」, http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/

話を戻すと、ADSLとはNTTの電話線を利用したインターネット回線です。つまり、ご家庭の固定電話に繋がれている線をインターネット接続に応用したものがADSLになります。他のインターネット回線と比較して安いのが魅力ですが、なぜ光回線にシェアを奪われてしまったのでしょうか?

それは、次項でも詳しくお話する「速度」が影響しています。PCやスマホが生活必需品として普及したことで、世間はインターネットをさらに安定した速度で利用することを求めました。その結果、フレッツ光やauひかりといった光回線との競争に敗れ今ではあまり聞かなくなったというわけです。

しかし、ADSLは料金も非常に安く月額1,000円台から利用できますし、初期費用(工事費など)もあまりかからないので非常にお得な回線です。では、ADSLが遅いというもののどの程度なのでしょうか?遅くてもストレス無い速度ならADSLでも良いという方もいらっしゃるかと思いますので、ADSLの速度のメカニズムに触れながらご紹介していきましょう。

ADSLとは?

電話線を利用したインターネット回線のこと。光回線より速度の安定感は劣るが、料金は非常に安く月額1,000円台で提供するプロバイダもある。


ちなみに…

ADSLでは、NTTの電話線の中を電話の信号とインターネットの信号が共存しています。そのせいで、最後に電話機側とインターネット側に分かれる際にどちらに進めばいいのかわからなくなるそう。そこで、スプリッタという装置で信号を振り分けて接続しています。スプリッタは、最初の接続際にお家で設置する必要があるので覚えておきましょう。



速度情報を詳しく解説

さて、電話線を利用した固定通信サービスであるADSLの速度は本当に遅いのでしょうか?こちらでは、そんな速度について詳細情報をお伝えしていきます。まず、ADSLは基本的に最高速度が50Mbps程度です。光回線が1~2Mbpsであることを考えると非常に遅いですよね。

また先ほど、ADSLは安定感で劣るとお話しました。これは、ADSL回線が収容局からの距離に弱いことに起因しています。

ADSLは、NTTやソフトバンクの収容局と言われる電話線の元があるエリアからあなたのお家までの距離に応じて、伝送速度がどんどん落ちていく構造です。これを伝送損失と言います。ADSLには12Mプランや47Mプランなど、伝送速度の違いによってプロバイダが様々なものを提供中です。

しかし、下記の図の通り、遠くに行けば行くほど遅くなってしまいますし、いかに上位のプランを契約していても収容局との距離が3kmを超えるとその通信速度の差は無くなってしまいます。また、上位のプランになればなるほど、距離の影響を大きく受けるので注意しましょう。

ただ、収容局は意外とたくさん存在しているので、5km以上離れていることはほぼ無いでしょう。むしろ、3km圏内にある場合も多いのでご安心ください。不安な方は、「(都道府県名) 収容局」で検索すると、マップが出てくるのでご確認頂けると幸いです。

結論としては、収容局から遠くなければ速度はそこまで低下することはありません。しかし、元々の最高速度自体が低いので最高速度は2~10Mbps程度が実測値とお考えください。

また、伝送損失を考慮すると無理に高速プランを選ぶ必要は無く、1番汎用的な「12mプラン」を選択するのが最も良いでしょう。下に目安となる通信速度を列挙しておりますので、参考にして頂けると幸いです。

ADSLの伝送速度について

ここまで、ADSLの速度に関して詳細解説してきました。では、料金も安いADSLなので契約したいという方も多いのではないでしょうか?しかし、プロバイダも多く比較するのがめんどくさいですよね。そこで、続いてはADSLプロバイダの料金徹底比較をしていきます。(ADSL契約中で無い方は→スキップ)

必ずあなたにおすすめのプロバイダが見つかるのでぜひご覧ください。また、速度を鑑みて「少しきついな」と思ったあなたには、高速光回線の比較情報もご用意しております。下記のボタンからどうぞ!

高速回線の比較はこちら

ADSLを既に契約していて乗り換えを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?ただし、ADSLの乗り換えには少々コツが必要になります。ここでは、上手なADSL乗り換え法についてご説明しましょう。

乗り換えでの際の注意点

ADSLの他社への乗り換えは、同一プロバイダ内でのコース変更とは違うため、手順をきちんと踏む必要があります。それは、1つの電話回線にて同時に契約できるADSL回線は1社分しかないからです。

よって、乗り換え時にきちんと準備し、うまく切り替えのタイミングを合わせる必要があります。このタイミングをうまく合わせないと乗り換えの際に非常に不便を被るでしょう。

ADSLプロバイダの乗り換え変更の手順

  • 乗り換え予定のプロバイダのADSLに、新規申込みを行う

  • 利用中のプロバイダに解約の申し込み (※その際にNTTの回線撤去工事日をメモしましょう)

  • 旧プロバイダの回線撤去工事日を、新プロバイダーに伝える

  • 旧プロバイダの回線撤去工事日が、新プロバイダーに伝えた日から7営業日以上空いていれば、工事日に乗り換えが可能です。


したがって、解約の申し込みは余裕を持って行いましょう。タイムラグを無くしてADSLからADSLに乗り換えするには、上記の手順を取れば問題ありません。それでは、続いて気になるADSLプロバイダの料金比較をチェックしていきましょう。

プロバイダの料金比較ランキング

それでは、お待ちかねのADSLプロバイダ比較です。現在、本家のプロバイダでもあるNTTの「フレッツADSL」が申し込み受付をすでに終了。よって、こちらでは、「Yahoo!BB」、「BIGLOBE」、「@nifty」、「タイガース.net」のプロバイダ4社に絞って料金を比較してきます。

これらのプロバイダに関しては、まだサービス終了を明言していないのでご安心ください。上記プロバイダ4社の料金を表にまとめております。プロバイダはどこがいいのか、必ずお分かりいただける内容となっているので早速確認していきましょう。

ADSLプロバイダ料金比較ランキング

プロバイダ 月額料金 割引 初期費用
(工事費なども含む)
Yahoo!BB 東日本:1,801円
西日本:1,808円
ソフトバンク
スマホ割
82円
BIGLOBE 東日本:2,049円
西日本:2,049円
6,350円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費など)
@nifty 東日本:2,000円
西日本:1,993円
3,050円
タイガース.net 東日本:1,920円
西日本:1,913円
3,850円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費)
プロバイダ 月額料金 割引 初期費用
(工事費なども含む)
Yahoo!BB 2,857円 ソフトバンク
スマホ割
82円
BIGLOBE 3,505円 5,500円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費など)
@nifty 東日本:3,246円
西日本:3,248円
2,200円
タイガース.net 東日本:3,566円
西日本:3,568円
3,000円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費)


上記のプロバイダ料金比較の結果、「Yahoo!BB」が安いということが判明しました。月額料金が非常に安いですし、ソフトバンクのスマホ割があるのも嬉しいですよね。他のADSLプロバイダでは料金割引があまり無いのでさらにお得に利用できます。

またYahoo!BBでは、初期費用がほぼ無料で開通工事費が80円ほどかかるのみ。他のプロバイダは、初期費用で開通工事費を大きく取られてしまったり、契約事務手数料が発生したりするのでYahoo!BBは非常に良心的だと言えるでしょう。

上記ADSLプロバイダを見ていると、今光回線を契約している方は魅力的に見えるかもしれません。しかし、乗り換えをお考えの方は速度の安定感や解約金のことを必ず考慮しましょう。

というのも、光回線→光回線の乗り換えであれば解約金負担や工事費無料などの特典が多くありますが、ADSLでは特典があまり豊富ではないので損してしまう可能性も。料金だけでなくあらゆる角度から比較することをおすすめします。ADSL→ADSLのプロバイダ変更も契約期間を考えながら無料で乗り換えできる時期を選びましょう。

こちらでは、ADSLの各プロバイダ比較をご覧いただきました。ご確認いただいた通りどのプロバイダも非常に安い料金で提供していることがお分かりいただけたかと思います。

ただ、そんなプロバイダの中でもYahoo!BBが最安値で提供中ということなので、最後にYahoo!BBに関する詳細情報を見ていきましょう。

Yahoo!BBならお得なキャンペーン中

それでは、おすすめプロバイダのYahoo!BBに関して解説して参ります。Yahoo!BBはソフトバンクが運営しており、ソフトバンク光やソフトバンクエアーなども取り扱っているプロバイダです。

ADSLから撤退するプロバイダも多い中、Yahoo!BBはお得なキャンペーンを打つなど、まだ力を入れて提供しています。そんなYahoo!BBが現在行っているキャンペーン内容一覧がこちらです。ご確認ください。

おすすめADSLプロバイダ「Yahoo!BB」のキャンペーン一覧(~12/28)

  • 60ヶ月間、月額料金から536円引き
  • 初月月額料金無料
  • 初期費用0円

上記のように、おすすめキャンペーンを実施中です。非常にお得な特典ですのでADSLの契約をお考えの方は必ずチェックしましょう。特に、これから新規でインターネットの導入をお考えの方は、工事費などで膨れがちな初期費用がほぼかからないので非常におすすめ。

よって、ADSLを接続するならプロバイダ「Yahoo!BB」で決まりでしょう。そんなADSLプロバイダの申し込み情報は下記からご覧いただけます。気になる方はぜひ見てみると良いでしょう。

本ページでは、ADSLの基本情報からおすすめプロバイダ比較まで網羅的に紹介してきました。今回お話した内容があなたのインターネット選びの参考になれば幸いです。よりよいインターネット契約ができることを心より祈っております。

ADSLまとめ
  • ADSLは電話線を使って接続しており、現在主流のフレッツ光など光回線には劣る
  • 速度は収容局からの距離に応じて変わる
  • 今現在おすすめのADSLプロバイダはYahoo!BB

プロバイダYahoo!BBの申し込みページへ



ADSL
プロバイダ
Yahoo!BB
ADSLおすすめプロバイダを徹底比較

月額1,265円から契約できる
ADSLプロバイダも?
気になる速度や料金などを
徹底解説!


近年光回線やモバイルWiFiの台頭によって、あまり聞かなくなったADSL回線。特に、若い人にとってはあまり聞き馴染みが無く初めて聞く方も多いでしょう。

確かに、ADSL回線は「速度が遅い」、「なんかあまり聞いたことが無いから使いたくない」というイメージを持たれがちです。

しかし、動画を見たり、サイトを見たりするぐらいなら非常におすすめできる可能性もあります。

というのも、月額1,000円台から利用できるADSLプロバイダもあり、圧倒的に光回線やモバイルWiFiと比較して安いから。

これだけ安いプロバイダなら契約したくなりますよね。

今回は、ADSL回線について基本情報から詳細なプロバイダ料金比較、さらにおすすめのプロバイダに関してのお得情報まで詳しくご紹介します。早速ADSLとは何なのかから確認していきましょう。



ADSLの基本情報

前述の通り、ADSLは近年あまり聞かなくなりましたよね。

しかし、光回線が全盛になるまではADSLの契約数が最も多かったということをご存知でしょうか?つまり、つい10年ほど前まではADSLが主流でした。

フレッツ光は聞いたことがあると思いますが、10数年前まではフレッツADSLというNTTのサービスが大きなシェアを持っていたのです。(フレッツ光提供エリアでは既に新規申し込み終了)

2003年~2018年までの固定回線契約者数
総務省「情報通信白書」, http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/

話を戻すと、ADSLとはNTTの電話線を利用したインターネット回線です。つまり、ご家庭の固定電話に繋がれている線をインターネット接続に応用したものがADSLになります。

他のインターネット回線と比較して安いのが魅力ですが、なぜ光回線にシェアを奪われてしまったのでしょうか?

それは、次項でも詳しくお話する「速度」が影響しています。PCやスマホが生活必需品として普及したことで、世間はインターネットをさらに安定した速度で利用することを求めました。

その結果、フレッツ光やauひかりといった光回線との競争に敗れ今ではあまり聞かなくなったというわけです。

しかし、ADSLは料金も非常に安く月額1,000円台から利用できますし、初期費用(工事費など)もあまりかからないので非常にお得な回線です。

では、ADSLが遅いというもののどの程度なのでしょうか?遅くてもストレス無い速度ならADSLでも良いという方もいらっしゃるかと思いますので、ADSLの速度のメカニズムに触れながらご紹介していきましょう。

ADSLとは?

電話線を利用したインターネット回線のこと。光回線より速度の安定感は劣るが、料金は非常に安く月額1,000円台で提供するプロバイダもある。


ちなみに…

ADSLでは、NTTの電話線の中を電話の信号とインターネットの信号が共存しています。


そのせいで、最後に電話機側とインターネット側に分かれる際にどちらに進めばいいのかわからなくなるそう。そこで、スプリッタという装置で信号を振り分けて接続しています。


スプリッタは、最初の接続際にお家で設置する必要があるので覚えておきましょう。



速度情報を詳しく解説

さて、電話線を利用した固定通信サービスであるADSLの速度は本当に遅いのでしょうか?こちらでは、そんな速度について詳細情報をお伝えしていきます。

まず、ADSLは基本的に最高速度が50Mbps程度です。光回線が1~2Mbpsであることを考えると非常に遅いですよね。

また先ほど、ADSLは安定感で劣るとお話しました。これは、ADSL回線が収容局からの距離に弱いことに起因しています。

ADSLは、NTTやソフトバンクの収容局と言われる電話線の元があるエリアからあなたのお家までの距離に応じて、伝送速度がどんどん落ちていく構造です。

これを伝送損失と言います。ADSLには12Mプランや47Mプランなど、伝送速度の違いによってプロバイダが様々なものを提供中です。

しかし、下記の図の通り、遠くに行けば行くほど遅くなってしまいますし、いかに上位のプランを契約していても収容局との距離が3kmを超えるとその通信速度の差は無くなってしまいます。

また、上位のプランになればなるほど、距離の影響を大きく受けるので注意しましょう。

ただ、収容局は意外とたくさん存在しているので、5km以上離れていることはほぼ無いでしょう。むしろ、3km圏内にある場合も多いのでご安心ください。

不安な方は、「(都道府県名) 収容局」で検索すると、マップが出てくるのでご確認頂けると幸いです。

結論としては、収容局から遠くなければ速度はそこまで低下することはありません。しかし、元々の最高速度自体が低いので最高速度は2~10Mbps程度が実測値とお考えください。

また、伝送損失を考慮すると無理に高速プランを選ぶ必要は無く、1番汎用的な「12mプラン」を選択するのが最も良いでしょう。下に目安となる通信速度を列挙しておりますので、参考にして頂けると幸いです。

ADSLの伝送速度について

ここまで、ADSLの速度に関して詳細解説してきました。では、料金も安いADSLなので契約したいという方も多いのではないでしょうか?

しかし、プロバイダも多く比較するのがめんどくさいですよね。そこで、続いてはADSLプロバイダの料金徹底比較をしていきます。(ADSL契約中で無い方は→スキップ)

必ずあなたにおすすめのプロバイダが見つかるのでぜひご覧ください。また、速度を鑑みて「少しきついな」と思ったあなたには、高速光回線の比較情報もご用意しております。下記のボタンからどうぞ!

高速回線の比較はこちら

ADSLを既に契約していて乗り換えを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただし、ADSLの乗り換えには少々コツが必要になります。ここでは、上手なADSL乗り換え法についてご説明しましょう。

乗り換えでの際の注意点

ADSLの他社への乗り換えは、同一プロバイダ内でのコース変更とは違うため、手順をきちんと踏む必要があります。

それは、1つの電話回線にて同時に契約できるADSL回線は1社分しかないからです。

よって、乗り換え時にきちんと準備し、うまく切り替えのタイミングを合わせる必要があります。このタイミングをうまく合わせないと乗り換えの際に非常に不便を被るでしょう。

ADSLプロバイダの乗り換え変更の手順

  • 乗り換え予定のプロバイダのADSLに、新規申込みを行う

  • 利用中のプロバイダに解約の申し込み (※その際にNTTの回線撤去工事日をメモしましょう)

  • 旧プロバイダの回線撤去工事日を、新プロバイダーに伝える

  • 旧プロバイダの回線撤去工事日が、新プロバイダーに伝えた日から7営業日以上空いていれば、工事日に乗り換えが可能です。


したがって、解約の申し込みは余裕を持って行いましょう。タイムラグを無くしてADSLからADSLに乗り換えするには、上記の手順を取れば問題ありません。

それでは、続いて気になるADSLプロバイダの料金比較をチェックしていきましょう。

プロバイダの料金比較ランキング

それでは、お待ちかねのADSLプロバイダ比較です。現在、本家のプロバイダでもあるNTTの「フレッツADSL」が申し込み受付をすでに終了。

よって、こちらでは、「Yahoo!BB」、「BIGLOBE」、「@nifty」、「タイガース.net」のプロバイダ4社に絞って料金を比較してきます。

これらのプロバイダに関しては、まだサービス終了を明言していないのでご安心ください。上記プロバイダ4社の料金を表にまとめております。

プロバイダはどこがいいのか、必ずお分かりいただける内容となっているので早速確認していきましょう。

ADSLプロバイダ料金比較ランキング

プロバイダ 月額料金 割引 初期費用
(工事費なども含む)
Yahoo!BB 東日本
1,801円
西日本
1,808円
ソフト
バンク
スマホ割
82円
BIGLOBE 東日本
2,049円
西日本
2,049円
6,350円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費など)
@nifty 東日本
2,000円
西日本
1,993円
3,050円
タイガース
.net
東日本
1,920円
西日本
1,913円
3,850円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費)
プロバイダ 月額料金 割引 初期費用
(工事費なども含む)
Yahoo!BB 2,857円 ソフトバンク
スマホ割
82円
BIGLOBE 3,505円 5,500円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費など)
@nifty 東日本
3,246円
西日本
3,248円
2,200円
タイガース.net 東日本
3,566円
西日本
3,568円
3,000円
(NTT ADSL接続サービス契約料、工事費)


上記のプロバイダ料金比較の結果、「Yahoo!BB」が安いということが判明しました。

月額料金が非常に安いですし、ソフトバンクのスマホ割があるのも嬉しいですよね。他のADSLプロバイダでは料金割引があまり無いのでさらにお得に利用できます。

またYahoo!BBでは、初期費用がほぼ無料で開通工事費が80円ほどかかるのみ。

他のプロバイダは、初期費用で開通工事費を大きく取られてしまったり、契約事務手数料が発生したりするのでYahoo!BBは非常に良心的だと言えるでしょう。

上記ADSLプロバイダを見ていると、今光回線を契約している方は魅力的に見えるかもしれません。しかし、乗り換えをお考えの方は速度の安定感や解約金のことを必ず考慮しましょう。

というのも、光回線→光回線の乗り換えであれば解約金負担や工事費無料などの特典が多くありますが、ADSLでは特典があまり豊富ではないので損してしまう可能性も。

料金だけでなくあらゆる角度から比較することをおすすめします。ADSL→ADSLのプロバイダ変更も契約期間を考えながら無料で乗り換えできる時期を選びましょう。

こちらでは、ADSLの各プロバイダ比較をご覧いただきました。ご確認いただいた通りどのプロバイダも非常に安い料金で提供していることがお分かりいただけたかと思います。

ただ、そんなプロバイダの中でもYahoo!BBが最安値で提供中ということなので、最後にYahoo!BBに関する詳細情報を見ていきましょう。

Yahoo!BBならお得なキャンペーン中

それでは、おすすめプロバイダのYahoo!BBに関して解説して参ります。Yahoo!BBはソフトバンクが運営しており、ソフトバンク光やソフトバンクエアーなども取り扱っているプロバイダです。

ADSLから撤退するプロバイダも多い中、Yahoo!BBはお得なキャンペーンを打つなど、まだ力を入れて提供しています。

そんなYahoo!BBが現在行っているキャンペーン内容一覧がこちらです。ご確認ください。

おすすめADSLプロバイダ「Yahoo!BB」のキャンペーン一覧(~12/28)

  • 60ヶ月間、月額料金から536円引き
  • 初月月額料金無料
  • 初期費用0円

上記のように、おすすめキャンペーンを実施中です。非常にお得な特典ですのでADSLの契約をお考えの方は必ずチェックしましょう。

特に、これから新規でインターネットの導入をお考えの方は、工事費などで膨れがちな初期費用がほぼかからないので非常におすすめ。

よって、ADSLを接続するならプロバイダ「Yahoo!BB」で決まりでしょう。そんなADSLプロバイダの申し込み情報は下記からご覧いただけます。気になる方はぜひ見てみると良いでしょう。

本ページでは、ADSLの基本情報からおすすめプロバイダ比較まで網羅的に紹介してきました。

今回お話した内容があなたのインターネット選びの参考になれば幸いです。よりよいインターネット契約ができることを心より祈っております。

ADSLまとめ
  • ADSLは電話線を使って接続しており、現在主流のフレッツ光など光回線には劣る
  • 速度は収容局からの距離に応じて変わる
  • 今現在おすすめのADSLプロバイダはYahoo!BB

プロバイダYahoo!BBの申し込みページへ



タイトルとURLをコピーしました