このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXとプロバイダ比較について
数多くのプロバイダが代理店となり、契約者数を2015年には倍近くの2000万人まで拡大したWiMAX。その人気は各プロバイダからのお得なプラン。

さらに、新技術により一部エリアで最速708Mbpsを実現したWiMAXのスペックアップは今後も止まらないでしょう。そんな人気のWiMAXですが、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズを含むと20以上のプロバイダから100通り以上のプランが提供されています。

そのため、WiMAXでは契約先となるプロバイダ比較が非常に重要。

そこで、当ページでは、WiMAX回線とプロバイダに関する基本情報をまとめてご紹介。WiMAXプロバイダ比較の際の注意点やキャンペーンの真実まで、あなたが快適に人気モバイル回線WiMAXで納得してプロバイダ契約できる準備を一緒にしていきましょう。


  1. 初心者必見。見逃せないWiMAXの基本情報!
  2. 脅威の708Mbpsを実現!WiMAX2+ 活用法
  3. 絶賛エリア拡大中!
  4. プロバイダ比較〜キャンペーンの真実とおすすめ〜



初心者必見!WiMAXでのプロバイダとは・・

まず、WiMAXや提供プロバイダに関するよくある質問から

  • とりあえず“WiMAXは速い”と聞いたことがあるけどほんと?
  • プロバイダが多すぎて何がいいの?
  • 家でもストレスなくWiMAXは使えるの?
  • プロバイダ契約が必要なの?

そんなWiMAX回線自体に関してやWiMAXプロバイダに関しての疑問を全て解決すべく、まずはWiMAXの基本となる特徴とどんな方におすすめかを解説していきます。

WiMAXとは、従来の光回線とは違い、大容量のモバイルブロードバンド通信。いわゆるポケットWiFiを使ったモバイル回線のこと。UQコミュニケーションズかこの回線を持ち、各プロバイダは代理店としてサービスを提供しています。各プロバイダのお得な特典を準備していますが、その通信速度がかなり速い!

WiMAX2+では、下り通信速度が558Mbps
(※「下り」とはデータを受信するときのこと)
(558Mbpsは一部エリアのため、それ以外の方は440Mbpsとなります。)

さらにWiMAXの特徴であるau4GLTE利用可能ということに加えて、最新のキャリアアグリゲーション技術によりWiMAX2+と兼ね合わせて業界最速の708Mbps(一部エリアからスタート)の速度が開始しました。

LTEも最近は高速化しましたが、3日での制限が128Kbpsになってしまうので、実質どれだけ使っても動画を見れる速度のポケットWiFiはWiMAX、もしくはスマモバというLTE。しかし、スマモバは150Mbpsですので、WiMAXが高速で、使い勝手もよいので断然おすすめ。

そんなWiMAXですが、契約者数も現在激増中の今、最も注目を浴びている無線回線です。各プロバイダのお得なプランもあり、契約数は2017年現在も増加中!

WiMAX契約数推移


ここまで見てきて、そんな素晴らしいものなのに、何故すべての人が利用していないのか、となりますよね。そうです、WiMAXにも弱点がしっかり存在します。やみくもにWiMAXがいいと言いたいわけではありません。弱点を列挙してみると…

  • 主に鉄筋家屋の屋内では電波が届きにくい
  • WiMAX2+エリア外では電車など移動中に電波が届きにくい
  • 基本的に2年契約から(契約期間内での解約時には違約金が発生)

なので、以下の様な方には、WiMAXはおすすめできません。

  • 大きな窓がない鉄筋コンクリートの部屋にお住まいの人
  • 2年間の契約が長すぎるという人
  • 主に郊外で乗り物に乗るときの利用を考えている方

WiMAX2+のエリアは拡大していますし、そもそもエリア外が小さくなってきています。また、窓のないところは少ないですから屋内の奥の方で作業ということ以外でしたら基本は問題ありません。

さらに、もし急に必要な時に切れてしまうということが不安でも大丈夫!なぜならWiMAXの契約でau4GLTEが利用可能だから。最速708Mbps利用や郊外で急に必要になることがありそうな方はau4GLTE対応ルーターで契約ししましょう。



脅威の708Mbpsを実現!WiMAX2+ 活用法

WiMAX2+logo

先程から登場しています高速回線WiMAX2+ですが、通常のWiMAXと何が違うのかを説明いたします。知っておくべき違いは、「速度」と 「エリアの広さ」、「料金プラン(プロバイダによって価格が違う)」です。WiMAX2+の通信速度は速いのですが、エリアがまだ拡大途中。

WiMAXは提供プロバイダによって料金プラン価格は違いますが、容量によるプラン設定は同じで、プランによっては速度制限がかかります。しかし、あまり7GB制限プランとギガ放題ではどのWiMAXプロバイダでも差は小さいので、基本はギガ放題がおすすめ。

  • ギガ放題…WiMAX2+も使い放題!
  • 通常プラン…WiMAX2+は7GBまで速度制限なし

※こちらは月単位で契約プロバイダに申請すれば変更可能。

高速通信も使うし、かといって通信料は多くないからお得に使いたい。でも、使う月ごとに変更は面倒だしという方もいるでしょう。そんな場合にはとにかく便利!

何が便利かというと、現在販売されているモバイルWiFiルーターは 通常モードの旧来のWiMAX、最新高速通信のWiMAX2+両方が使い分けられるようになっています。この利点は2つ!

  1. WiMAX2+モード中でエリア外になったら自動で通常モードに切り替わる
  2. WiMAX2+も使いたいけど、料金も安くしたい方は手動で使い分け可能

※自動で切り替わるので、人口カバー率99%を数年も前に迎えている通常モードのほうがカバーしてくれます。そのため、急に圏外になって通信が途切れたりはしません。

Aのケースを利用することで、
−通信状況の良い所ではWiMAX2+を。良くない場所では通常モード
−動画を見るときだけはWiMAX2+を、その他は通常モード

といった使い分けができます。
高速通信が必要なときだけ利用すれば通信制限なくサクサクお得に利用可能。

switch,最速708Mbps

ここで1つWiMAX利用時の大事な注意点。【10日間で3GBの容量制限】

たとえギガ放題であっても10日間で3GBの利用を超えると、通常プランの7GB制限同様に速度が制限されます。もし、速度制限がかかると約1Mbpsという低速通信になりますが、目安は動画の標準画質が再生出来る程度となっており生活に支障はないかと。

なので、管理人がおすすめするWiMAXの契約方法として、
基本的には使い放題プランで契約された方がいいと考えています。

コラム  YouTubeを普通の画質で1時間視聴した場合だと約35MBの通信を行うとされています。他にもメールの送受信や、ネットサーフィンなどネットをよく利用する方にとって月7GBは案外すぐに届いてしまう数字です。




絶賛エリア拡大中!

WiMAX2+のエリア拡大工事は急ピッチで進められています。

地方では未だに繋がらないスポットも多く見受けることができますが、都市部ではエリアの拡大がかなり充実してきています。まだ100%ではないので、契約される前には必ずご自身のお住まいの地域がそのエリア内に含まれているかどうか確認しておくことが必要。→こちらで確認できます〜エリアチェック

WiMAX2+area

確認は必要ですが、回線提供しているUQコミュニケーションズが総務省に提出したエリア拡充工程によると2018年までに旧来の通常回線は完全撤廃し、高速WiMAX2+に完全移行の予定

さらに、現在すでに高速の558MbpsであるWiMAX2+は2018年の時にはなんと1Gbpsにスペックアップの予定。エリアも日々拡大し、スペックアップの予定とはますますWiMAXの人気が上がること間違いなし。

ただ、現在はWiMAXのエリア内であっても繋がりにくいケースもたまに起きるのが事実。そんな不便は嫌だ。完璧なネット環境がいい。という方に向けて、auのLTE回線をWiMAXのポケットWiFiルーターを介して+1000円程で利用できるプランがあります。

月額最安値のプロバイダでは2000円台ですし、いつでも利用可能な状態にはありますが、auのLTEを使った月のみ請求が発生するという
オプションなので、どうしてもという時だけ使えばいいのです。

「お得」「速度」「安定感」すべてを得たWiMAXのプランですが、プロバイダ選びが重要。どこで契約してもWiMAXの回線はUQが提供するWiMAX回線。しかし、20以上もあるプロバイダから選ぶ必要があります。

そこで最後に、おすすめプロバイダ選びに関してまとめてまいりましょう。これであなたも最も自分に合ったプロバイダからWiMAXをご利用になれます。

WiMAXとLTEとでエリアは完璧




プロバイダ比較〜キャンペーンの真実とおすすめ〜

それでは、最後にWiMAXのプロバイダ比較に関する情報とWiMAXプロバイダ比較の際に密接に関係する各プロバイダのキャンペーン情報の真実に関してご紹介しましょう。

WiMAXの人気はその速度だけでなく、お得なプラン設定が影響しています。回線を管理する大本のUQWiMAXもプロバイダの一つとしてみることができますが、実は他のプロバイダから契約したほうがお得なことがほとんど。

実際、UQWiMAXで利用するおすすめとしては、他のプロバイダにはないTRY WiMAXという15日間無料利用ができるサービスがあり、使ってから契約したいという方におすすめです。しかし、ほとんどの方はWiMAXで契約しよう、でもどのプロバイダにしようか。

こんな悩みが多いでしょうからこちらでは、WiMAX2年利用、それ以降の長期利用の2つに分けてご紹介いたします。それぞれのおすすめプロバイダご紹介の前に、キャンペーン利用の注意点をご紹介いたします。

各プロバイダによるキャンペーンの真実!


WiMAXの業界では各プロバイダが毎月のようにキャッシュバック額を変えたりするなど、キャンペーンの変動が激しいです。ただ、基本的に見るのはキャッシュバック額です。

WiMAXでのプロバイダはいわば代理店のようなものですので、どのプロバイダでも利用環境は同じ。となると、比較の際に大事なのは料金プランとキャッシュバック。それにより計算する利用総額。これにはご利用になる期間がだいたいどのくらいか事前に決めておくおことをおすすめします。

なぜかといいますと、よくあるキャンペーンの記載は
「実質料金○○円!(1年目)

というよう表記をしてキャッシュバック額を1年目の料金からすべて割り引いて、いかにも安いかのように表示します。しかし、実際は3年以上の利用では月額料金が安いプロバイダで契約したほうが安いなんてケースもあります。加えて、各プロバイダのキャッシュバックキャンペーンを見る際に最も大事な1つのデータがあります。それが、こちら。

キャッシュバックを受け取れない人が60%!


なんと、お得だと思って契約したプロバイダなのに半数以上の人は結局は損をしているのです。先ほど述べました長期契約による損失を含めるとかなりの数の人がWiMAXで人気なはずのお得な特典を失っているのです。

こうして受け取りがされないことも含めて各プロバイダはキャッシュバック額をあげることができるのです。そのため、キャッシュバック額だけでWiMAXのプロバイダを決めるのは少々リスクがあります。

いかがでしょうか。こちらを踏まえて、おすすめプロバイダの選び方をご紹介致します。

キャッシュバックは受け取りが必要ですが、月額料金から割引がある場合、100%の方がお得に受け取れます。しかし、2年など短期で見るとキャッシュバックを受け取れた場合の利用総額は若干高くなりますので、忘れずに面倒な申請をできる方はキャッシュバック額で選ぶといいでしょう。

もしくは、若干劣りますが申し込みがしやすいプロバイダがあるので、キャッシュバックをなるべく使いたい方はそのプロバイダがいいでしょう。それ以外の方、もしくは長期利用の方は間違いなく月額料金で選ぶのがおすすめ。

最後にWiMAXのプロバイダ比較に関して、まとめてみましょう。

【 WiMAXプロバイダ比較方法のまとめ 】


キャッシュバックをどうしても最高額で受け取りたい。安心してキャッシュバックを受け取りたい。100%お得に使いたい。など、プロバイダごとのキャンペーンの真実をご紹介してあなたもこちらの3つのどれかの思いをお持ちでしょう。

あなたがどのプロバイダにするかはどれを重視するかが非常に重要になりますが、少しでも不安があるからは月々のご利用額に直結する月額料金最安値から選ぶのがいいでしょう。また、長期利用の方は間違いなく月額料金からプロバイダを選びましょう。

20以上あるプロバイダを当サイトでは徹底調査、比較したページを用意いたしましたので、ぜひ実際の利用額の比較をご覧ください。