このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダを無料で使うには

無料でプロバイダが利用できる

プロバイダーが無料で利用できると聞くと、あなたなら信用できますか?

実は、ちょっとしたノウハウでプロバイダの利用料金を完全に無料か一定期間だけ無料にすることができるのです。 ここでは、そのノウハウをご紹介します。

完全無料プロバイダOpneBit.netを利用する

OpneBit.netは世界初となる完全無料プロバイダです。NTT東日本の光回線を利用するもので、実際にかかるランニングコストはNTTからの回線使用料のみです。

最安レベルの他プロバイダと比較をすると、BB.exciteで月額525円、ASAHIネットで月額578円〜ですので、1年で6000円くらい安くなるといった計算になります。
ただし、加入時から無条件2年の契約縛りがかかってくるので、注意が必要です。

世界初完全無料プロバイダOpneBit.net



楽天ブロードバンドのキャンペーンを利用する

楽天ブロードバンドのプロバイダは、頻繁に新規や乗り換えの顧客獲得キャンペーンを行っています。
このキャンペーン時に加入されますと、プロバイダー料金が12か月無料!1年間は無料で使えてしまうのです。
1年目は回線使用料だけ支払えばよいので、かなりお得といえます。
ただし、キャンペーンでの加入は最低使用期間という縛りもかかってきますので、注意が必要です。

楽天ならプロバイダ料金12か月無料



無料体験期間のあるプロバイダ、インターリンクを利用する

インターリンクプロバイダーであれば、どんなサービスの加入でもお試しに2ヶ月間の無料体験期間がついてきます。
これを利用するのも良いでしょう。他社でもよく「3ヶ月無料!」などと掲載している場合がありますが、実際はその後、 6ヶ月の継続利用の必要があったりとか、解約をすると違約金を払わされたりする場合があります。

しかし、インターリンクは完全に2ヶ月間は無料で使えるのです。無料期間終了後に解約をしても費用の発生などは一切ありません。 パソコンを初めて購入し、てはじめにインターネットがどんなものかお試しに体験してみたい方にはおすすめできる方法です。

インターリンクは最大2か月無料体験



ポケットWifiを利用する

光回線のような速さを求めず、ノートパソコンなどのモバイルでの使用もあるのであれば、いっそのこと『ポケットWifi』をおすすめします。

代表的なものはUQWimaxなどになりますが、WimaxはUQコミュニケーションズという会社がWimax回線そのものを管理しています。
そこと直接契約を交わすので、別途プロバイダ契約をせずともインターネットが利用できます。

ただし、月額利用料金が3000円〜4000円ほどですので、安いプロバイダを使うことを考えれば、そこまでメリットはありません。
契約の手間は省くことができるのがメリットとなります。

WiMaxならプロバイダ契約が必要なし



WiMAXの詳細情報 ≫

詳細情報:WiMAX