WiMAXとプロバイダの違いは?

よくインターネットをこれから始めようという方に多い質問の中に、
『WiMAXとプロバイダの違いはなんですか?』というものがあります。

知識のある方なら、一瞬とまどうような質問なのですが、ここでわかりやすくその違いをご説明しましょう。

さらにWiMAXをご検討中の方に、お得な情報をプロバイダとの違いとともにご紹介いたします。


WiMAXとプロバイダは何の違いがあるのですか?

まず、WiMAXとプロバイダというのは全く異なるものです。

基本的にインターネットというのは、回線(フレッツ光など)とプロバイダの二つが揃って初めて可能になるものです。

回線はインターネットの回線そのもので、プロバイダはその回線を利用してインターネットへ接続してくれる接続サービス会社になります。 どちらか一つが欠けてもインターネットは繋がりません。

そして、WiMAXというのは、UQコミュニケーションズが管理している、高速モバイル通信用の回線、およびそれを利用したサービスのこと

WiMAXは固定の有線回線ではなく、様々なところに設置された基地局から無線で飛んでいるモバイル通信用回線。これが通常でいうところの回線にあたります。

WiMAX加入しますと、専用のモバイル端末(ポケットWiFi)が与えられ、これが基本的なインターネットでいうところのプロバイダの役割を果たします。

このポケットWiFiを利用してモバイル通信回線をキャッチできればインターネットは利用可能ですので、WiMAXの通信圏内であればどこでも使えます。

そして、このWiMAXを管理しているのはUQコミュニケーションズですので、ここが一般的なインターネット回線でいう回線会社であり、プロバイダになるわけです。

従って、WiMAXに加入しますと、回線料金とプロバイダ料金が一社からWiMAX使用料として、合算されて請求されます。これにより、WiMAXの利用は基本的にプロバイダの別契約が不要ということになるのです。

ノートPCなどで、外出先での利用を想定し、特に高速の固定回線通信の必要性がないのであれば、回線とプロバイダの契約を各々で行うよりは非常に割安かつ便利でおすすめ。

簡単にいうと、プロバイダと回線が一つのモバイル端末にセットになったものと考えると理解しやすいでしょう。

WiMAXはプロバイダが不要



では、ここでいうプロバイダ比較ってなに?

ここまで、WiMAXとプロバイダに関してみてきましたが、WiMAXのプロバイダ比較という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

固定回線に利用では、回線契約とプロバイダ契約がどちらも必要ですが、WiMAXでは契約は1つでよいということはわかりました。

しかし、WiMAXの回線提供をしている総本家のUQコミュニケーションズからもサービスはでていますが、他の業者もこの回線を借りてWiMAXのサービスを提供しています。

この場合、このサービス提供業者、すなわち契約先をプロバイダと呼びます。

ここでいうプロバイダは、UQの回線を利用してWiMAXサービスを独自のキャンペーンや価格で提供者している業者のことですが、別途UQコミュニケーションズとの契約が必要というわけではありません。

いわば、WiMAXにおけるプロバイダは代理店です。
ですので、総本家のUQコミュニケーションズと契約するとプロバイダ契約はいらず、プロバイダと契約したからといって他の契約はいりません。

そもそも、モバイル高速回線サービスと通常の固定回線は別物のサービス提供と考えるのが楽ですね。

それでは、プロバイダ比較とはここではどういう意味がなすのかといいますと、
一番お得な契約は何かということ。

先ほどから述べているように、WiMAXはどこで契約しても結局はUQコミュニケーションズの回線を利用し、モバイルWiFiルーターでそれをキャッチして利用するインターネット回線。

ということは、比較ポイントはインターネット回線やプロバイダ比較でよくみる速度の安定性ではなく、利用サービスの価格とサポートやオプションのみになります。

それでは、プロバイダ比較をしていきましょう!といいたいのですが、これまた提供業者(プロバイダ)が非常に多い。なんと20を超える業者がWiMAXサービスを提供しています。

そこで、当サイト独自の調査により各プロバイダで最もお得なものは何か!という全プロバイダ徹底調査比較を行った特設ページを準備しましたので、WiMAXをさらに知りたいという方は下記へ。

WiMAXの詳細情報 ≫

詳細情報:WiMAX