このエントリーをはてなブックマークに追加

WiFi(ワイファイ)とプロバイダの違いは?


ポケットWiFiプロバイダ比較総合解説〜そもそもプロバイダって?

光回線レベルの高速でお得な料金プラン!
持ち運び可能なポケットWiFiプロバイダをお探しの方へ!

初心者の方でもおすすめのポケットWiFi比較が最適にできるように。プロバイダとWiFiの違いを明確にし、ポケットWiFiのプロバイダ契約がどういった仕組みかご紹介。

あなたに最も合ったおすすめポケットWiFiを比較できるよう、比較のポイントを網羅したポケットWiFiの総合比較解説をしてまいります。

それでは、料金や速度、プロバイダなど比較のポイントをご紹介していく前に、まずはプロバイダとWiFiを比較してそれぞれの定義からしっかり押さえましょう。





今すぐおすすめのポケットWiFiが
知りたい方はこちらへ



WiFiとプロバイダって?

まず、ポケットWiFiの比較を適切にして、おすすめプロバイダにたどり着くために、ポケットWiFiを含むインターネットの仕組みについてみてきましょう。基本的にインターネットの利用には回線とプロバイダの両方の契約が必要。

インターネット契約の比較の際によく耳にするフレッツ光やauひかりといったものはネット回線にあたり、それらを接続して利用可能にするのがSo-netやOCNといったプロバイダになります。

しかし、WiMAXなどのモバイル回線を利用したポケットWiFiサービスでは各サービスとの契約だけでよく、ネット回線とプロバイダの2つの契約は必要ないので非常にシンプル。

インターネットを行うには、プロバイダと通信回線の両方の加入契約が必要です



次に、WiFiに関して。

WiFiは無線でインターネットにつなぐ手法を指しますので、公共の無線回線を使うのも、フレッツ光など固定回線やWiMAXなどのポケットWiFiルーターを使って、各デバイスでWiFi利用するのも、全てWiFi接続なのです。

先ほどご紹介したように、固定回線ではネット回線とプロバイダを契約が必要ですが、プロバイダから届いた変換機器を無線LANと接続してWiFi環境を作ります。

以上のことから、プロバイダとWiFiは比較対象になく、プロバイダというのはネット回線の接続サービスということになります。ですので、ポケットWiFiサービスを提供するのがプロバイダにあたります。

WiMAXや各キャリアの持つLTE回線を1つのサービスとして提供するのがポケットWiFiサービスですが、回線業者から見ると代理店も兼ねていることになります。ですので、ポケットWiFiプロバイダ比較というのは、WiMAXやLTEといった回線の契約を独自のプランで取り次ぐというのが、仕組みになります。

ここまでの前提の理解をしたうえで、ポケットWiFiのプロバイダ比較をしてきましょう!

WiFi(ワイファイ)は無線LANを利用したインターネット接続手法ルータからパソコンまでケーブルレスで接続できます




LTE対WiMAX〜ポケットWiFiの回線比較

それではお待ちかねのポケットWiFiプロバイダ比較の第一ステップ、回線比較からご紹介。ポケットWiFiサービスで比較するモバイル回線は4GLTEとWiMAX。どちらも通信規格を指し、それぞれの帯域を各プロバイダが分け合っています。

ポケットWiFiのプロバイダ比較の際によく見るLTEという言葉。これが非常にわかりにくいのですが、LTEとは「Long Term Evolution」の略で、4Gへの規格が上がっていく間の3.9Gを指します。しかし、実際には4Gと比較して同等レベルになったので、4GLTEと呼ばれたりもします。

ポケットWiFiならWiMAX?LTE?どっちがいいの

上記は補足情報ですので、ポケットWiFiプロバイダ比較の際はLTEとWiMAXの特徴を比較して見ていきましょう。下記がそれぞれの特徴です。

【LTEを使ったポケットWiFi】

  • 格安SIMなど周波帯によっては遅いのもある
  • 携帯キャリアが違った周波帯を利用
  • キャリアごとの割引あり


【WiMAXを使ったポケットWiFi】

  • どのプロバイダも回線はUQコミュニケーションズ
  • WiMAX契約でau4GLTEも利用も可能
  • ランニングコストが安い
  • 充実のキャンペーン
  • 速度制限が比較的甘く実質無制限


上記それぞれの特徴がありますが、WiMAXが専用クレードル利用で屋内での接続の弱さを克服しましたので、弱点がなくなり非常におすすめのポケットWiFiになっています。しかし、WiMAX、LTEともに速度は非常に進歩中。

WiMAXは2016年12月、440Mbpsにパワーアップ!
ポケットWiFiの代表Y!mobileでは最速612Mbps


速度でみるとどちらも十分、動画視聴も可能であるなどポケットWiFiの速度に関しては、サービス速度の選択を間違えなければかなり快適に使えるようになっています。

ここまで、ポケットWiFiの第1ステップである回線の比較をしてきましたが、どちらも非常におすすめできる速度。しかし、次項で見ていくポケットWiFi比較で最も大事な速度制限と料金を順に見ていきますので、お見逃しなく。



ポケットWiFiは無制限プランで見よ!

ポケットWiFiの比較なら無制限プランをみよう!


ここまで、ポケットWiFi比較の基本情報として、プロバイダやWiFiについてや通信規格の比較をみてきました。速度がスペックアップしたので、非常におすすめになりましたが固定回線のように無制限に使えるかというとそうでもないのがネック。

携帯をご利用のあなたも今まで、7GB制限に悩まされた経験があるかもしれませんが、ポケットWiFi比較でもこの利用容量による速度制限がポイント。

WiMAXのギガ放題など月額利用料金で無制限プランというものがありますが、完全な無制限はポケットWiFiサービスを提供するプロバイダはありません。今のところ、短いスパン(数日間)における速度制限がどのプロバイダでも存在し、本当の無制限はないのです。

「そんなこといわないでほしい!」
「無制限にポケットWiFiを使いたいよ!」

そうお思いのあなたへ。
プランを細かく比較して、「実質無制限」で使えるものをご紹介いたします。

※LTEではdocomoやソフトバンクのポケットWiFiルーターのように無制限プランがない場合もあります。下記の無制限プランがあるLTE回線はアドバンスオプションを利用することによって月額容量制限に関しては無制限になります。

無制限プラン 速度制限期間 月間利用量
WiMAX 3日 10GB 約100GB
Yahoo!WiFi 3日 3GB 約30GB
Y!mobile
BroadLTE

以上が制限の比較になります。

ポケットWiFiにおいて最もネックであった短期間での速度制限。3日3GB制限があると実質月間利用容量は30GB程度。

しかし、2017年の速度制限緩和によってポケットWiFi最大手のWiMAXが3日10GB、月間実質100GBという圧倒的な利用容量に緩和。余程の大容量を継続的に使わなければ3日間10GBには行きませんので、実質無制限といえる唯一のポケットWiFiといっていいでしょう。

速度制限を最も気にせず使いたい方はWiMAXがおすすめということがわかりました。気になる方は最もお得にWiMAXを使う方法や限定キャンペーンをご紹介しているWiMAXプロバイダ全社比較ページを一緒に見ていきましょう。

もしくは、ポケットWiFiの注目ポイントである携帯割を見てみたいという方は次項で比較していきましょう。

携帯キャリアの割引でプロバイダを比較

携帯割で見る高速ポケットWiFi


ポケットWiFiの利用では無制限プラン、それに実質無制限で使える回線を利用したプロバイダを比較したほうが良いということがわかりました。しかし、無制限だからといって高すぎるプロバイダだったら使いたくないですよね。

そこで、こちらでは携帯キャリアの割引に特化して比較してまいります。携帯キャリア割ではなく、ポケットWiFi単体でお得なものを比較したい方はこちらにお進みください。

docomo携帯とポケットWiFi


先ほどご紹介したプロバイダ、スマモバはdocomo回線の一部を利用しているサービスですが、割引はありません。しかし、docomoのポケットWiFiにはあります。

こちら以前はXiというポケットWiFi専用のサービスプランがありましたが、現在はWiMAXなどとは違い、携帯と同じプランの中のデータ利用パックになっています。

いうならばテザリングできるスマホもポケットWiFiの1種ですから、docomoのルーターでデータのみのプランで契約します。このデータプランには家族でのシェアパックや最近話題の『ウルトラパック』などがあります。

しかし、総じて割高なのでたとえ割引があってもdocomoでポケットWiFiをお探しになるのはおすすめできません。例えば、WiMAXは3日間10GBまでは完全無制限で利用可能。WiMAXは最安プロバイダBroadWiMAXですと月額2,726円〜利用可能ですので、比較すると一目瞭然ですね。

それでは、LTE実質無制限のスマモバも含めて月額料金を比較してみましょう。Docomoは最近話題の30GBパック『ウルトラパック』で比較してみましょう。

ポケットWiFi
各プロバイダプラン
docomo
ウルトラパック
スマモバ BraodWiMAX
ギガ放題
月額料金 8,000円 3,980円 2,856円
ポケットWiFi
ルーター
自己負担(1万以上) プランに込み 0円
無制限利用
データ通信量
30GB 100GB


以上、docomoがプロバイダとなった際のポケットWiFiと他社比較になります。他社では30GB以降も実質使えるのと比較すると、docomoは非常に割高かつ30GB制限後の容量追加ができますが、制限時は128Kbpsになります。

シェアプランなどを駆使しても結局高いので、ポケットWiFi単体のプランを携帯割とは切り離してプロバイダ比較をしていくのがおすすめです。

au携帯とポケットWiFi


auの割引と言えばauスマートバリューmineがあるWiMAX!

WiMAXの回線はUQコミュニケーションズが持っていますが、ポケットWiFi契約ではプロバイダとの契約だけになります。この場合、プロバイダはいわば代理店のようなもの。

実際にau KDDIでもプロバイダとしてWiMAXの契約ができますが、これはおすすめしません。なぜなら他のプロバイダと比較してみると、auでなくてもWiMAXとauの割引が使えるのです。

一部WiMAXプロバイダで対応していませんが、基本的にauスマートバリューmine対応。最大934円割引になります。

プロバイダに関係なく利用可能なので、最新プロバイダ比較情報をキャッチして最もお得にWiMAXを使いましょう。こちらau割引の方はWiMAX一択でおすすめなので、こちらでauの契約プラン別の割引額とWiMAX最新情報を下記よりご確認ください。

auでも最新プラン、スーパーデジラによりスマホのデータ接続を30GBまで無制限に使え、ポケットWiFiとして使えるようなサービスがでましたが、WiMAXと比較してみるとかなりの高額。実際スマホで通常7GB使っている人がポケットWiFi分で使えるのは20GBほどにもかかわらず合計で8000円+通話プラン。

これならデータ分はauスマートバリュー適用可能なWiMAXでほぼ無制限で、3,000円ほどで使い、格安スマホ契約にした方が半額以上お得でしょう。データをポケットWiFiのWiMAXにすれば電話のみなら1,000円ほどで済みますからね。

WiMAXプロバイダ26社徹底比較



ソフトバンク携帯とポケットWiFi


ソフトバンクではポケットWiFiルーターとスマホのセット割引で最大1,008円割引があります。しかし!!料金プランの名前が「〜し放題」というにもかかわらず、月間7GB制限があるのです。これはソフトバンクユーザーにはかなり残念ですね。

以前は、無制限プランのあるYmobile,Yahoo!WiFiでソフトバンク割引があったのですが、すべてキャンペーン終了済み。

利用容量が少なく、ソフトバンクスマホとセットで利用している場合は、ソフトバンクWiFiがおすすめです。しかし、7GBは思ったよりすぐに達してしまうものですので、基本的には携帯との割引なしで無制限プランがあるお得なものを見てきましょう。

ソフトバンクでもdocomoウルトラパック、au KDDIスーパーデジラと同じように『ギガモンスター』というデータパックプランがありますが、こちらも30GB利用で8,000円と結局割高。

大手キャリアは格安SIMの登場に対して、データプランなどで対抗していますが、この30GBプランではお得なプロバイダを利用した際のWiMAX×格安SIMには遠く及ばないので、おすすめできません。

格安SIMのLTEは比較的遅くなりがちですが、データはほぼ無制限利用可能なWiMAXを使うので問題はありませんからね。





あなたに合ったおすすめはこれだ!

おすすめのポケットWiFiプロバイダはこれだ!


最後にこれからポケットWiFiを契約したいというあなたに。状況別におすすめのプロバイダ比較についてご紹介致します。これであなたもお得感を逃すことなくプロバイダ比較をし、ポケットWiFiを利用できます。

それではプロバイダ比較の際にあなたが注目すべきポイントをあなたのご利用環境別に一気にまとめていきましょう。

  • 7GB制限があってもよいかどうか→基本は無制限プラン
  • WiMAXとLTE比較→無制限かつお得なプロバイダの多いWiMAX
  • 携帯割引→WiMAXでのau割以外は基本は割高


以上、こちらを参考にあなたに合った最適なポケットWiFiプロバイダを比較。

総合的No.1のおすすめはWiMAX


エリアが対応しているなら間違いなくWiMAXがおすすめ!
総合的に比較して最もおすすめのポケットWiFiはWiMAX!

7GB制限以内でLTEが使いたいという方は困ったときにau4GLTEがあるWiMAXの高速回線と併用できるWiMAX契約がいいでしょう。

そして、どうしてもLTEで使いたいというこだわりがない方は、最速エリアもどんどん拡大中のWiMAXで決まりしょう。なんと、WX03登場以降、速度は440Mbpsになっただけでなく、屋内に弱いという弱点まで専用クレードルで克服しました!

それでは、ポケットWiFiの比較をしてWiMAXを使いたい!というあなた。契約プロバイダ比較が非常に重要なことをお忘れなく。

WiMAXはUQコミュニケーションが持っている回線のことですので、先ほども少しご紹介しました代理店の働きをするプロバイダの比較が非常に重要。なんと20社以上ものプロバイダが存在します。

各プロバイダは独自のキャンペーンを展開し、毎月のように総額が変動しています。このプロバイダ比較を間違えるとなんと数万円も損をしてしまうことも・・

でも20社以上も調べるのは大変だ!とお思いのあなたへ。


当サイトでは毎月最新プロバイダ比較の情報をキャッチしております。『今、最もお得』なプロバイダを徹底比較し、あなたのニーズ別にご紹介。おすすめポケットWiFiのWiMAXを最もお得なプロバイダでご契約いただくサポートをいたします。

こちらWiMAXプロバイダ比較の最新情報ページを参考にお得に快適にポケットWiFiを利用していただけると幸いです。


WiMAX比較の最新版はこちらへ