このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線でおすすめなのは?


これから高速のネットを探して光回線比較をしているあなた。
なんと光回線の比較は100社以上もしなければいけないのです!


加えて、光回線だけでなく、今やWiMAXなどのモバイルWiFiも最速500Mbps以上となり、インターネット回線の高速化が止まりません。そのため、100社以上ある光回線比較だけでなく、そもそも光回線とモバイルどっちがいいのか、比較が必要に。

しかし、そんな中でも光回線の速度は、モバイルWiFiと比較すると、やはり秀でて安定していますが、キャンペーンやスマホセットなどの割引プランによって、より複雑化していく料金プランの比較が必須。

そこで、当ページでは、速度や工事、そして料金といったあらゆる角度から光回線を徹底比較。そもそも光回線がおすすめか、そして光回線を最大限に速度も安定して、お得な料金で使えるよう、あなたにとってのNo.1光回線をお選びいただく全ての要素をこちらでご紹介致します。

それでは早速、モバイルWiFiと比較して、そもそも光回線がおすすめか、見ていきましょう。


【目次】おすすめの光回線はこれだ!




『何が一番おすすめか』
手っ取り早く知りたい方はこちらへ




速度で圧倒?モバイルWiFiと光回線比較のすすめ

どっちがおすすめ?光インターネットとポケットWiFi


光回線サービスを提供する100社以上ありますが、それ以上に光回線以前に主流だったADSL、近年高速化が止まらないモバイルWiFi、など、インターネット回線の比較は非常に多くなっています。

旧来のADSLは2018年にサービスが停止予定であるなど衰退していますが、光回線の代用で使う人も増えているモバイルWiFiと光回線をまずは比較していきましょう。

工事が必須!安定した速度なら光回線

光回線とモバイルWiFiの比較、といってもマンションで光回線を使う場合と、戸建てで使う場合とでは、大きく違います。こちらでは、マンションの光回線とモバイルWiFiの比較、戸建ての光回線とモバイルWiFiの比較、分けてみていきましょう。

戸建て用光回線とモバイルWiFiを比較
料金 キャンペーン利用でサービスによっては光回線もお得だが、
基本的にはモバイルWiFiのほうが比較的安価
速度 戸建ての光回線はプロバイダによる違いはあるものの、
モバイルWiFiと比較すると圧倒的な安定感
キャンペーン モバイルWiFiはWiMAXのみ充実。光回線はあなたにあった
料金割引を比較して選べればかなりお得なキャンペーンが多数
工事 光回線は工事が必須で、費用、時間共にかかるので、
モバイルWiFiと比較すると利便性は下がります
マンション用光回線とモバイルWiFiを比較
料金 モバイルWiFiと比較して、無制限にもかかわらず、
キャンペーン利用で光回線が圧倒的にお得になることも。
速度 戸建ての光回線はエリアや物件によっては共有回線で込み合いやすいことも。ただ、無制限且つ、途切れることはなく
安定感は比較的高い。
キャンペーン モバイルWiFiはWiMAXのみ充実。光回線はあなたにあった
料金割引を比較して選べればかなりお得なキャンペーンが多数
工事 マンションにはすでに共有部分までは工事済で、すぐに利用可能な物件も多数。ただ、工事は必要なことも多く、
利便性を比較するとモバイルWiFiに軍配。
以上になります。持ち運びをメインに使う方はモバイルWiFiがおすすめですが、少しでも光回線を検討している方は、モバイルWiFiの不安点があるのでしょう。

特にYoutubeなどの動画が止まったり、オンラインゲームが途切れたり、速度の安定感に対して不安がある方で、一人暮らしでない方は、光回線であなたに合ったものを選ぶのがおすすめ。

それでは、100社以上ある光回線をどうやって比較して選んでいけばよいか、次で見ていきましょう。モバイルWiFiが気になった方はこちらへ。



100社以上!どれがおすすめ?

光回線が100社以上?おすすめはこれだ


それでは、100社以上ある光回線サービスを徹底比較した、インターネット比較の総合メディアである当サイトがおすすめする、光回線比較のポイント4点をご紹介。

@エリア AプロバイダB割引と料金プラン C速度


エリア別!あなたの住まいのNo.1

1つ目は、エリア。そもそも光回線サービスを提供する会社は100社以上ですが、実は光回線自体を持つのは、数社です。そして、その回線が使えるかどうかは、「エリア」によって決まります。

ただ、基本的には光回線の場合、関東・関西・東海エリアのNURO光、東海のコミュファ光、といったエリア限定のサービスがおすすめ。一方、全国対応の光回線であるフレッツ光やauひかりでも、結局auひかりは一部エリア外があるので、会員数が少なくなります。

それにより、混み合いにくいため、一概に最大手のNTTフレッツ光がおすすめとはいえません。むしろ混みあうと速度的におすすめではないですし、フレッツ光のみ使えるエリアも多く、会員獲得に苦労しないためキャンペーンも以前よりお得ではなくなっています。

プロバイダとセット

次に、あなたのお住まいのエリア、物件でどの光回線が利用可能か比較チェックしたら、トレンドをキャッチしましょう。

どの光回線を使っていても、現在おすすめのサービスはプロバイダとセットの一括契約の光回線サービス。特に、NURO光などリリース当初からプロバイダと光回線がセットのサービスではなかった、フレッツ光が注目です。

2015年より始まった、NTTがフレッツ光を各業者に貸し出し、プロバイダと一括でサービス提供をする光コラボが登場して以降、さらにシンプルな光回線とプロバイダの一括契約がおすすめになりました!お支払い契約も一本化され、スマホや電気料金セットがあれば、全て一本化されるので家計簿の管理もより楽チンに。


基本料金×割引=料金総額

ここまで使える光回線と料金プランのトレンドについて光回線を見てきましたが、その料金プランを見るときに重要なポイントがこの割引料金。特にキャッシュバックなどのキャンペーンがあれば、実質支払料金は非常にお得に。

加えて、度々登場しているスマホなどのセット割。ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりなど大手だけでなく、格安スマホセットがある、OCN光なども登場し、スマホ割が使える方には非常におすすめ。

とにかく、現在の光回線料金比較では、割引後の利用総額で見るのが必須!


速度とプロバイダ

最後にポイントがプロバイダの速度。

いくらプロバイダの一括契約だからといって、プロバイダの機能自体は変わります。また、プロバイダ自体が光回線サービスを提供したり、ドコモなどの別の業者が光回線もプロバイダも借りてサービス提供したり様々ですが、プロバイダが接続して速度が決まっているのに変わりはありません。

ですので、同一サービスであってもプロバイダが違う、もしくはプロバイダ業者によって光回線サービスを比較する光コラボなどもあるので、その際の速度のチェックはお忘れなく。

それでは、ここまで見てきた光回線比較のポイントをもとに、どのサービスがあなたにとっておすすめか、より具体的にニーズ別おすすめ光回線サービスをご紹介致しましょう。



ニーズ別料金比較!光回線おすすめランキング!

ニーズ別おすすめ光回線〜あなたにとってのNo.1の見つけ方


光回線比較のポイントを見てきましたが、プロバイダとのセットがトレンドであったり、エリア別に利用可能な光回線が違ったり、ポイントはいくつもあります。

そんな中、特に複雑なのが光回線の料金比較になります。なぜ、複雑化といいますと、まず同じ光回線サービスであっても、契約方法によっては料金が変わることもあります。

例:KDDIのauひかりをプロバイダSo-netで使った場合

いずれにしても、auひかりはプロバイダとセットなのですが、料金が変わってきます。KDDIの公式サイトから申し込み、So-netをプロバイダとするケース。そして、KDDIの代理店でキャンペーンを利用するケース。

さらに、プロバイダSo-netから申し込み、KDDIに取り次いでもらうケースなどなど。これら全て光回線はauひかりを、プロバイダはSo-netを利用していながら、利用料金は全く異なるのです。



加えて、最近の光回線サービスの特徴として、「光回線契約は光回線のみならず」という鉄則がございます。それが、付帯の割引サービス。

電力自由化で実現した電力業者との割引があったり、特にNTTがフレッツ光を他の業者に貸し出して始まって光コラボ登場以降、携帯との割引だったり、TSUTAYA、U-NEXTなどの動画配信オプションがあったり、非常に多岐に渡ります。

しかし、付帯サービスを別途契約する方がお得なケースも多く、実際注目すべきなのは、単純な光回線サービスの比較、もしくは今は不可欠となっている携帯との割引の2軸。そこで、こちらでは携帯割と、光回線サービス単体で見たときの各おすすめサービスをまとめてご紹介致します。


携帯割で見るおすすめサービス

まず、よくある光回線比較ランキングでは、ドコモ光やソフトバンク光などが全て一緒になって根拠のないランキングがほとんど・・。実際、携帯割に関してはランキングというよりは現状ご利用になられている携帯との割引から探していきます。

そこで、各大手キャリアの携帯割引がある光回線サービスと、人気急上昇中の格安SIMスマホも併せて、光回線サービスを料金という視点からご紹介致します。

携帯キャリアとおすすめ光回線サービス
Docomodocomo_hikari_logo
Softbanksoftbank_hikari_logoNURO_logo
auKDDISo-net光コラボロゴ
格安
スマホ
OCN光ロゴ


以上になります。ドコモではキャリアによる光コラボのみ、ソフトバンクではNURO光でも割引が適用されます。また他にも、プロバイダが行っている格安SIMと光コラボを利用すればセット利用が可能です。

しかし、選択肢が多いのが、auKDDIの携帯割引。KDDIによる光回線であるauひかりはもちろんのこと、光コラボではBIGLOBE光やSo-net光など複数の光回線サービスで割引があります。

その際は、あなたがご利用可能な回線の中から、おすすめの光回線をお選びいただく必要がございますので、次項の光回線おすすめランキングに進んでいきましょう。


キャンペーン適用!光回線おすすめランキング

それでは次に携帯割を除いて、光回線サービス単体で見た際のおすすめをランキングでご紹介していきましょう。料金にこだわりたい!という方は、料金に特化した特設ページがございますので、そちらもご覧頂ければと思います→料金ランキングページへ

戸建て編:光回線ランキングマンション編:光回線ランキング
第1位NURO光auひかり
第2位auひかりNURO光
第3位コミュファ光コミュファ光

以上になります。速度、料金、キャンペーンなど総合的にみて、上記のランキングでおすすめ。

そんな光回線比較ですが、フレッツ光のみ利用可能エリアがあったり、特にマンションではエリア内でも実は使えない回線があったり、そういったケースでより重要なプロバイダ選びについて、次項で見ていきましょう。

意外と見落としがちなプロバイダ比較もお忘れなく。




即決!光回線プロバイダの比較

プロバイダ比較も忘れずに〜おすすめサービス比較


ここまでご紹介してきたように、光回線の最新トレンドはプロバイダとセットのサービス。それでは、光回線のプロバイダ比較が必要ないかと言ったらそういうわけではありません。

なぜなら、同じ光回線でもプロバイダによって速度や料金プランに違いが出るのです。そこで、こちらでは光回線ごとにおすすめプロバイダをご紹介致します。

まず、光回線サービスは100社以上ありますが、サービスを構成するのは光回線業者、プロバイダ、サービス提供会社、の3社になります。そして100社以上あるのはサービス提供会社であって、実際に使われている光回線は数社なのです。

そこで、下記の大手光回線3社と東海地方限定のおすすめプロバイダを見ていきましょう。

@【全国】NTTのフレッツ光 A【全国】KDDIのauひかり
B【関東・関西・東海】So-netのNURO光


フレッツ光と光コラボ〜エリアを問わず速度で見るならSo-net光!

今からフレッツ光回線を契約するなら前述のトレンドにのっとってプロバイダとのセットである光コラボを利用するのがおすすめ。

プロバイダを含む、光コラボサービスの選び方はいたってシンプル。携帯割を利用するか否か。前項でご紹介した携帯割を使った光コラボはドコモ光、ソフトバンク光、So-net光があります。それぞれ、プロバイダ情報を見ていきましょう。

ドコモ光は20社以上の提携プロバイダからお選びいただけますが、おすすめは付帯サービスが充実し、且つ速度保証があるプロバイダGMOを使ったドコモ光。

ソフトバンク光は残念なことに、プロバイダは選べず、関連会社であるYahoo!BBのみ利用可能。しかし、実はこのYahoo!BBがプロバイダとして非常に優秀ですので、ご安心くださいませ。→詳細へ

さて、ここからはau携帯ユーザーと、格安SIM利用者や、携帯割を使わない方々へのおすすめです。それが、So-net光。

携帯割を使わない場合、光回線サービス単体で比較していくのですが、光コラボ元年の2015年にRBB SPEED AWARD最優秀賞を取り、且つ限定キャンペーンを使えば非常にお得なプロバイダSo-netによる光コラボ、So-net光。

大手キャリア以外の格安SIMユーザーや携帯割を使わない方で、フレッツ光回線のみ利用可能なエリアの方は、このプロバイダによる光コラボ、So-net光が最もおすすめ。


キャンペーンで選ぶ!auひかりのプロバイダ比較

業界最速の2GbpsであるNURO光を除いて、全国対応の光回線では、最大手のフレッツ光回線を上回る顧客満足度を長年達成してきました。そんなauひかりのプロバイダ選びでは、顧客満足度に表れているようにどのプロバイダでも速度に問題はありません。

では、どのようにプロバイダを選ぶのが良いかといいますと、キャンペーンが非常に重要。特に、auひかりでは対象プロバイダ業者が自社プロバイダを使ってもらえるように、光回線の取次をKDDIにする代理店の役割も果たしています。

また、KDDIもauひかりの契約後プロバイダが必要なため、プロバイダを紹介したり、KDDIの取次代理店では指定プロバイダがあったりします。

以上から、auひかりのプロバイダ選びでは、代理店なのか、プロバイダなのか、はたまた公式なのか、わかりませんが最新キャンペーンで最もお得なものを選び、その中で利用可能なプロバイダを選ぶのがおすすめ。


関東・関西・東海限定:プロバイダ業者So-netから世界最速NURO光!

NURO光はプロバイダ業者So-netにより、運営されておりプロバイダはSo-net一択になります。しかしながら、唯一の超高速2Gbps光回線ですから、速度は文句なしですね。

ちなみに、実測データで毎年発表されるRBB SPEED AWARDでも圧倒的な数値を記録。こちらはエリアごとに表彰されるのですが、NURO光が使えない他エリアでは200Mbpsちょっとで最優秀賞のところ、元々NURO光が利用できた関東では、NURO光が432Mbpsの圧倒的な最優秀賞を受賞しています。

関東限定の光回線でしたが、2018年1月より関西・東海エリアまでサービスを拡大。申込みは既に可能となっています。エリア拡大に伴うお得なキャンペーンだけでなく、料金も非常に魅力的です!

月額料金は4,743円ですが、キャッシュバックや割引を含めた実質料金では4,000円を切る価格で利用可能。速度だけでなく料金にも優秀であることをお分かりいただけるかと思います。

当該エリアの方には最もおすすめの光回線です。速度を重視するならNURO光で決まりでしょう!


番外編:東海地方のauスマホユーザーならコミュファ光のプロバイダ

こちらも東海限定の光回線となっているコミュファ光。東海エリアにお住まいのauスマホユーザーの方には非常におすすめです。その理由はこちら!

auスマホとのセット割(auスマートバリュー)が適用できること


こちら以外にも、速度も安定していると評判も良く、キャンペーンも充実しています。東海エリアに関しては、auスマホユーザーであればコミュファ光。それ以外の方はNURO光がおすすめです。

さて、ここまで主要おすすめ4種類の光回線とそれぞれにおけるプロバイダ比較を見てきましたが、いかがでしょうか。利用可能な回線によってプロバイダの比較方法も変わってきますね。それでは、最後に今!最もあなたが選ぶべき光回線は何か、お届けいたします。



2017年現在あなたにとってのおすすめNo.1

今!最もあなたにおすすめの光回線サービスがわかる!


ここまで、光回線について徹底的に比較してまいりました。スマホ割、キャンペーン、エリア、プロバイダなど、実は比較の際に気を付けるポイントはたくさんありますね。

そこで、最後にあなたのニーズ別におすすめNo.1を比較し、最もお得に最も快適に今では不可欠となったネット生活を送れる契約を見つけていきましょう!

エリア別!光回線おすすめランキング


1位auひかり

詳細情報へ

2位So-net光

詳細情報へ

3位携帯割引の光コラボ

詳細情報へ

1位NURO光

詳細情報へ

2位auひかり

詳細情報へ

3位So-net光

詳細情報へ

1位NURO光

詳細情報へ

2位コミュファ光

詳細情報へ

3位携帯割引の光コラボ

詳細情報へ


各エリアにおける順位は以上のようになりました!


ここで、上記ランキングを基に、あなたにとってのNo,1を見つけていただくために行っていただく2つのステップをご紹介致します!

STEP1:お住まいのエリアでご利用いただける光回線サービスの中から、
上記ランキングの上位が暫定No.1

STEP2:上記にご利用中の携帯割がない場合、割引額が大きい
大手キャリアの割引がある光コラボを検討

以上の、2STEPを使って、あなたにとってのNo.1をお選びいただけます!こちらのページが光回線サービス比較の一助となれば幸いです。

2STEPで選んだ結果、あなたのNo.1候補となる
それぞれの光回線詳細情報を下記から見ていきましょう






てっとり早く相談したい!という方は下記コンシェルジュサービスへ。
経験豊富なスタッフがあなたに本当に合った契約を一緒にお探しいたします。

いますぐお悩み全て解決!コンシェルジュにお電話を
光回線比較!おすすめ最新ランキング