オンラインゲームに最適のプロバイダとは?

オンラインゲームが安定して楽しめるプロバイダは?

以前は据置型のハードでゲームをするのが一般的でしたが、インターネットでオンラインゲームを楽しむのが一般的となってきた昨今。

オンラインゲームをするのが目的でインターネットを始める方もいるほどですから、オンラインゲームの人気が急激に伸びているのが見て取れます。

ここでは、PS3などのゲーム機と連動して行うオンラインゲームを始める際に適したおすすめのプロバイダについて説明していきます。


重要なプロバイダ選び

オンラインゲームというのは、ゲーム進行中は常時ネットに接続されている状態になります。

容量のあるデータ通信が常時行われているため、プロバイダによってはタイムラグが生じて動きが鈍くなったり、リアルタイムの反応やアクションができないといった不具合に見舞われることがあります。

こうなると、せっかくのゲームにストレスを感じるようになります。そのため、ゲームを快適に楽しみたい方にとってオンラインゲームに適したプロバイダ選びは重要となります。


オンラインゲームに適した条件とは

回線速度の速さ

基本的にオンラインゲームを快適に楽しむための条件として、まず回線速度があげられます。 ADSLや光回線などがありますが、オンラインゲームには光回線の使用が必須。ADSLでは速度上、快適にオンラインゲームをするのは難しいとみておいたほうがよいでしょう。

ですから、プロバイダ以前に回線種類と業者をどこにするかが重要となってきます。

フレッツ光などの光回線業者であれば、基本的に充分な速度が確保できます。しかし、その中でも通常のプランではなく、1Gbpsの速度が出るものだと更にストレスなくオンラインゲームを楽しむことができます。


ちなみにフレッツシリーズでいえば、NTT東日本の『フレッツ 光ネクスト ギガファミリー』、西日本であれば、『フレッツ光ネクスト隼』などのプランが1Gbpsの出るプランとして人気があります。

またその他、『auひかり』の回線もオンラインゲームには十分な速度が出ますし、『NURO光』は他社の追従を許さない2Gbpsという圧倒的な回線速度がオンラインゲームユーザーに人気があります。


プロバイダよりもまずは回線速度が大事1Gbps以上がゲーム向けでおすすめ




バックボーンの容量

バックボーンというのは、通信における基幹回線網のことです。

このバックボーンの規模が大きいか小さいかも重要になってきます。使用ユーザーが一度にネット接続をはじめた際、このバックボーンの規模によって、ユーザーすべてのインターネットが安定するかどうかが掛ってきます。

規模が小さいところのユーザーが全員同時にネットを接続すると、ユーザーの通信を処理しきれず不安定になります。場合によっては通信制限が入る場合もあります。

中小のプロバイダーは大手プロバイダーのバックボーンに接続料を払い、間借りしている形態をとっています。大手のプロバイダは第一種通信事業者(光回線を敷設して保有しているところ:NTT、KDDI、日本テレコム、電力会社、CATV会社)から光ファイバー回線を光ファイバー単位で丸ごと借りて自らのネットワークを作り上げているのです。

したがって、このバックボーンの規模の大きさもゲームのためのプロバイダ選びにおいて重要といえるのです。ちなみにOCNは国内最大規模のバックボーンを持つプロバイダのひとつとして認知されています。

国内最大のバックボーンを持つプロバイダはOCN



 

人気トレンドのプロバイダ、光回線を徹底調査しました!是非ご確認ください。

人気調査の結果ページへ