プロバイダの固定IPとは

IPアドレスとはそもそも何か?

固定IPアドレスがどういったものか説明する前に、まずIPアドレスについて知る必要があります。

通常インターネットを行うには回線とプロバイダ(ISP)の契約が必要です。 なぜ、プロバイダ契約が必要かという部分に『IPアドレスを使用する必要があるから』といった理由がでてきます。

プロバイダと契約をするとIDとパスワードが発行され、それをもってインターネットに接続すると、プロバイダよりIPアドレスが振り出されます。

接続法人であるプロバイダと契約するとIPアドレスが振り出されます



IPアドレスインターネットの世界での住所

インターネットはその仕組み上、プロバイダから割り出されるIPアドレスは世界でたった一つだけです。

これは簡単に例えると、インターネットの世界での「住所」のようなものです。

仮に、友人のIPアドレスが重複してしまった場合、住所が2つ存在することになってしまいます。 そこで、その友人にメールを送信すると、友人のIPが確認できず、どちらにメールを配達すれば良いか混乱する状況になってしまいます。

こういった混乱を防ぐため、IPアドレスは必ず世界で一つ(ユニーク)と決められているのです。

確認できない事のないよう、IPアドレスは必ず世界で一つです




変動IPと固定IPの存在

このIPアドレスというものは、大きく2種類に分けることができます。

それは、「変動IPアドレス」と「固定IPアドレス」です。

変動IPアドレスの場合、プロバイダと接続する度にIPアドレスが変わってしまいます。住所に例えると、接続のたびに引っ越しをしているということです。

その反面、固定IPアドレスは何度接続してもプロバイダから同一のIPアドレスが発行されます。これにより、インターネットの世界で一つの住所を得ることになるのです。

固定IPであればどれだけ接続を繰り返してもIPは同じままです




固定IPのメリットとは?

固定IPに対応したプロバイダーと契約することで、変動IPと比較した際、下記のようなメリットがあります。

マイサーバーを構築

自宅でサーバー構築をすることで、レンタルサーバではできないようなサーバーのカスタマイズが可能になります。

自宅のパソコンをリモート操作

外出先から自宅のパソコンにアクセスして、パソコンの中にあるドキュメントなどを見ることができます。


固定IPのプロバイダ契約をするには?

固定IPでプロバイダ契約を行うには、対応したプロバイダを選んで契約をするだけです。
特別難しいことはなく、WEB上で申し込むだけです。OCNなどは固定IP専用のプランなども用意してますから、一度確認されると良いでしょう。
料金的には、OCNで月額6000円〜10000円程です。

使用するIPの数にもよりますが、平均的な料金価格としては1IPで通常のプロバイダ料金に+1000円といった具合です。 最安はGMOとくとくインターネットとインターリンクで、ここは1IPのみであれば無料で使用できます。

下記に各種プロバイダーごとの価格比較表をつけてますので、検討されることをおすすめします。

会社名 フレッツ光料金 固定IP料金
GMOとくとくBB 1,155円 無料
インターリンク 1,260円 無料
かもめインターネット 2,300円 +1,000円
ASAHI NET 735円 +840円
So-net 1,260円 +1,260円
ぷらら 735円 +3,675円
BIGLOBE 1,880円 +3,675円
OCN 1,260円 +7,140円 ※法人向け


 

人気のプロバイダを徹底調査しました!是非ご確認ください。

人気調査の結果ページへ