プロバイダの工事費用とは?

光回線やプロバイダ契約の工事費はどれくらい?

インターネットを繋ぐ際には、WiMAXなどのポケットWiFiなどを除いて基本的にはプロバイダと回線契約が必要。すでにマンションで導入済の物件を除いて、光回線契約の際は工事が必須になります。

当然ながら工事費用がかかってくるのですが、この工事は厳密にはプロバイダの契約に伴う工事ではなく光回線など回線を使用するための工事になります。

一般的な光回線導入の初期工事費用は24,000円となっていますが、新規で加入する場合、工事費用がキャンペーンで安くなっていることもあります。初期費用として工事費用がかかりますので、引っ越しなどで一気に費用がかさむ方には工事費用は大きいですよね。

ただ、工事費用だけ見るのはもったいない。なぜなら、支払総額で決めるのがお得だから。こちらでは工事費用とおすすめ契約方法に関してケースごとにご紹介いたします。


【目次】
  • 工事費用に関する基本情報
  • キャンペーンの利用
  • ケース別おすすめ契約方法



  • 工事費用に関する基本情報

    まず、光回線契約時の工事費用の基本情報ですが、新規契約の場合必ず光回線利用の工事が必要になります。ただ、マンションのように工事済の場合はすでに回線を選ぶことができませんので、整備済の回線に加えてプロバイダ契約が必要になります。

    さて、通常の新規契約の場合についてですが、光回線の工事が必要。すでにNTTフレッツ光回線利用中で、プロバイダのみ乗り換えて光コラボなどにする場合、光回線はそのままなので工事は不要です。

    例えば、NTTからauのひかり回線に変更する時などです。状況によっては、NTTで引いていた回線をそのまま引き継いで使用することもあるのですが、その場合でも通常の同額の工事費用が請求されます。

    光コラボから光コラボも同様で、同じフレッツ光回線ですが、工事が必要なのです。この工事費用が光コラボ乗り換え後のデメリットですよね。他に変える際は工事が必要という。また、同じフレッツ光回線でもタイプの違う回線に乗り換える場合、工事が必要。

    特に、現在利用中の回線タイプがサービス終了になってしまうかもしれないものは非常に注意が必要。

    これら工事はNURO光の場合は、2回工事が必要で高額ですが、他の回線はほとんど24,000円ということが多いです。また、屋内配線は自分でできるという熟練者は工事費用が安くなる光回線契約もあるのでチェックが必要。

    それでは、次に初期費用として重くのしかかる工事費用を含めて利用総額を安くできるキャンペーンをどのように比較していけばよいか、見ていきましょう。

    【コラム:光回線工事済のマンションでプロバイダ契約が必要な方へ】


    新規工事不要のマンションですが、auひかりはどのプロバイダでも料金は同じ、NURO光はSo-netがプロバイダです。しかし、フレッツ光が敷いてあるケースが非常に多く、その際は光コラボ契約からプロバイダを選ぶといいでしょう。詳しくはこちらへ。



    キャンペーンの利用

    引っ越しの際に新しく光回線、プロバイダ契約をして必要なものが多くて費用がかさんでしまうのが心配という方も多いでしょう。そんな方には工事費用割引キャンペーン

    ただ、冒頭でもご紹介したように工事費用キャンペーンだけ見るのは危険。実際の利用環境が最も大事になるでしょうから、もちろんあなたが利用になりたい光回線、プロバイダ契約の中からキャンペーンがあると良いということです。

    加えて、工事費用キャンペーンだけよりも、他のキャンペーンがある光回線のほうがお得なんてこともあるので注意が必要。

    例えば、工事費用が半額になるキャンペーンがあっても他のキャンペーンを利用して契約可能なところがあればそちらの方がお得です。ただ、月々に費用や総額よりとにかく初期費用を落としたいという方には工事費用キャンペーンは非常におすすめ。

    ただ、多くの光回線やプロバイダのサービス提供業者は工事費用は分割で月額料金に上乗せして請求されるので契約時は工事費用がかからないことも多いです。その場合は間違いなく利用総額のお得さで選びましょう。

    それではここまでご紹介してきた内容をもとに最後にケース別のおすすめ情報を見ていきましょう。



    ケース別おすすめ契約方法

    それでは、主要3種類の光回線の工事費用を含めたおすすめ契約方法をご紹介。

    NURO光


    世界最速の光回線で速度に関してはダントツでおすすめの光回線。ただ、工事費用が40,000円と割高なのがネック。キャッシュバック額が高い代理店もありますが、これらは総じて受け取り率も低く、工事費用割引も少ないです。

    当サイトでおすすめするのはNURO光を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズ(旧So-net)の公式特約店。オプションなしで30,000円のキャッシュバックに加えてこちらでご紹介している工事費用分がなんと全額割引。

    NURO光詳細へ



    auひかり


    auひかりでは工事費用割引だけでなく総じてキャンペーンがお得な代理店が多いです。工事費用が無料ですと確実にお得ですが、それ以上に月額料金割引など総額料金で見るのがauひかりのポイント。

    なぜなら、キャッシュバック額がその割引額より大きいことや月額割引総額が大きいことがほとんど。例えば、月額が1,500円割引ですと、2年の利用でも36,000円割引で、工事費用よりも大きい割引になります。

    また、基本的に分割での請求になるので、月々に実際に家計に打撃を与える利用料金からお得なものを選ぶのがおすすめ。

    auひかり詳細へ



    フレッツ光

    フレッツ光は若干複雑。

    まず、フレッツ光契約では工事費用云々の前に、プロバイダの別途契約が必要だったのですが、現在のおすすめは光コラボ。プロバイダとの一括契約が可能に。

    この場合先ほど少し解説いたしましたが、フレッツ光回線利用者が光コラボに乗り換え(転用)する場合は基本的には工事費用は不要。(回線タイプが変わる場合は必要です)

    さて、そんな光コラボですがフレッツ光同様キャンペーンは豊富ではありません。よくあるフレッツ光代理店の最大○○円キャンペーンも実際オプションなしではもらえませんしね。

    光コラボも同様でキャンペーンはそこまで大きくありませんが、月額料金はフレッツ光と比べてかなりお得ですし、携帯割など割引オプションが幅広いです。工事費用に関しては半額割引キャンペーンを実施しているプロバイダがありました。

    それはTCOMヒカリ。
    ただ、先ほど言ったように光コラボも工事費用だけでなく、月額利用料金や割引で工事費用半額よりお得ならばそちらがおすすめ。

    こちら光コラボ総合ページ、もしくはフレッツ光回線利用でただ初期費用を落としたい方はTCOMヒカリの詳細へ。

    光コラボ詳細へ

    TCOM詳細へ