このエントリーをはてなブックマークに追加

ズバリ『安い』プロバイダは?

安いプロバイダはネット回線とセットで契約するのがベスト!


ダイアルアップからADSL、そして光回線へとここ数年で非常に速く、そしてお得に使えるようになったインターネット回線ですが、現在のトレンドが光回線とプロバイダのセットの契約。

安いプロバイダ契約というより安いインターネット回線とプロバイダ契約を探していきましょう。ただ、ここでポイント。WiMAXなどのモバイル回線ではプロバイダがいわば代理店としての働きをしているので、契約は元から1つでいいのです。

また、auひかりやNURO光などサービスリリース当初からプロバイダが込みの料金プラン契約でそもそも安いプロバイダ探しという概念がないものもあります。

上記を踏まえて、こちらではプロバイダと別契約が必要な最大手のフレッツ光回線を利用した場合の「安いプロバイダは何か」ということに注目してみていきましょう。


安いプロバイダへの道〜フレッツ光編〜




安いプロバイダへの道〜序章〜

安いプロバイダへの序章

安いプロバイダ契約を求めて、こちらをご覧のあなた。フレッツ光と光コラボの関係性を知ることが実はその近道ですよ。

冒頭でもご紹介しましたように、NURO光やauひかりなどはトレンドのプロバイダと光回線が一緒になったサービスですが、フレッツ光はプロバイダと別途契約が必要でした。この工数の多さが実は安いプロバイダ契約を逃していたポイント。

支払い契約が完全にNTTフレッツ光と契約プロバイダと別途なため、それだけ人件費もかかりますし、費用もプロバイダ事業のみになるのでもちろん膨らんでしまいます。加えて、安いプロバイダを求めてきている方が知るべきポイントはインターネット利用にかかる総額料金

プロバイダがいくら安い料金であっても対応回線が高かったり、遅かったり問題が多いと快適で安い光回線、プロバイダ契約からは遠ざかります。さらに、現在の光回線、プロバイダ契約を安い料金で使いたい方はインターネット利用だけでなく、携帯、電気など「付帯契約」を逃さず割引料金で使うという知恵が必要。

上記のトレンドや変化を踏まえて「安いプロバイダ」を一緒に探していきましょう。



光コラボが起こしたフレッツ光契約の変化・・

フレッツ光に与えた変化〜光コラボと安いプロバイダ〜


ご紹介したようにフレッツ光がプロバイダと別途契約によって安い料金で利用できていないということでしたが、それを変えたのが「光コラボ」。NTTがフレッツ光を貸し出して各種業者がプロバイダサービスと一体にして独自のサービス提供が可能になりました。

この新しいフレッツ光回線とプロバイダ契約の形、光コラボが大きくこの業界に変化を与えています。最大手NTTフレッツ光もプロバイダと一括のシンプルかつ、より安いプロバイダと光回線契約へと変化を遂げています。

それでは、どういった事業者がこの安い料金プランと簡単になったプロバイダ契約の光コラボに参入しているのでしょうか。

プロバイダ事業者

以前からプロバイダ事業を行っていたSo-net光、OCN光などでは現状のフレッツ光とプロバイダ契約を一括に工事も解約金もなくまとめるだけで、安い料金で利用可能になるなど、非常にお得な一般的な光コラボです。

携帯事業者

これに加え、ドコモやソフトバンクといった携帯事業者などもフレッツ光回線を借り、提携プロバイダを利用して光コラボを提供しています。ドコモ光に限っては20社以上も提携プロバイダがありますが、ソフトバンク光は関連会社の「Yahoo!BB」のみです。

その他事業者

さらに!インターネット回線事業とは全く関係のない企業も光コラボに参入し、基本料金が安いというわけではありませんが、非常にバラエティに富んだサービスが多くあります。例えば、TSUTAYAや家電量販店のビックカメラ、エディオンなども参入。

2015年にNTTがフレッツ光回線を解禁してより安い料金になった光コラボがスタートして以降、参入業者はものすごいスピードで増え、その数は数百社以上。どれがおすすめかわかりにくくなってしまっているように見えます。

しかし、実際のところ安い料金ではあるもののプロバイダのバックボーンが弱く遅いものや、光コラボにもかかわらずプロバイダが別途必要など、名ばかりのサービスも非常に多いのが現状。そのため、安いプロバイダをもとめて光コラボをお探しの際は大手10社ほどの比較で十分です。


徹底比較!おすすめ光コラボはここで見つかる!




プロバイダが別途の場合はどのくらい高い?

プロバイダが一緒のほうが安い〜光コラボ


ここまで、安いプロバイダ、光回線契約をするにはトレンドの一括になったサービスがおすすめ、特にフレッツ光回線をこれから使う方には光コラボが安いと述べてきました。しかし、プロバイダとフレッツ光をそれぞれ別途契約した場合より、実際にどのくらい安いのか気になるでしょう。

こちらでは、いくつかの主要な光コラボとフレッツ光を比較しながら、プロバイダと光回線のセットにした方がどれくらい安いのかご紹介致します。(フレッツ光契約はシェア率No.1のOCNを例にご紹介致します。)


光コラボ:So-net光 / (東日本)フレッツ光+プロバイダOCN

比較ポイント月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)
So-net光4,400円 3,300円
フレッツ光+プロバイダ5,800円3,950円
※So-net光、フレッツ光ともに割引キャンペーン適用後の最初の2年間の価格

戸建てプランではなんと1,000円以上も光コラボが安いですね。年間で見てみると1万円以上ですから結構お得な買い物が一回できる分くらいになります。So-net光コラボは料金が安いだけでなく、プロバイダもSo-netなので非常に安定しています。

光コラボが始まった2015年にはRBB SPEED AWARD光コラボ部門で最優秀賞受賞しているので、速度もお墨付き。


携帯割引のある光コラボとフレッツ光(西日本)


光コラボといえば携帯割などの独自のプラン!


というくらい、プロバイダと光回線契約の基本料金が安いというだけでなく独自の割引プランが特徴。特にターゲットが決まっている大手キャリアの割引がある光コラボが注目。下記が、携帯割で非常に安い料金プランとなっている光コラボとプロバイダです。

この割引はプロバイダというよりはお使いの携帯の利用プランによって割引額が変わってきますが、今回は一人暮らしという方も多いでしょうから、1人で5GB利用するプランでの割引額で見ていきましょう。

比較ポイント月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)
フレッツ光+プロバイダ5,800円3,950円
ドコモ光基本料金5,200円 4,000円
データMパック(5GB)4,200円3,200円
ソフトバンク光基本料金5,200円 3,800円
データ定額(5GB)3,6782,278円
So-net光基本料金5,200円 4,100円
auセット割適用4,000円2,900円

どちらも携帯のセット割は非常にお得で、安い光回線、プロバイダ契約に欠かせない光コラボ目玉になっていますね。

So-net光はプロバイダとしても非常に優秀でauセット割適用の方は速度も安い料金も両方得られますね。ドコモ光やソフトバンク光ではSo-net光違ってプロバイダ業者ではありません。ドコモ光は提携プロバイダ20社以上から選べますが、ソフトバンク光はYahoo!BBのみプロバイダに利用可能なので、契約前にエリアでプロバイダとして安定しているか確認が必須ですね。



安い契約はネットだけにあらず

プロバイダが安いだけでは足りない〜割引サービスについて


ここまで安いプロバイダ契約について述べてきましたが、先ほどご紹介したように、auスマートバリュー、ソフトバンク光「おうち割」などを含む光コラボ携帯セット割など、安い料金でプロバイダや光回線契約をするのは非常に複雑になっています。

基本的にはネット回線とプロバイダ料金、そして携帯代金などを合計して最も安い料金で契約をするのが賢い方法。こちらではどういった視点から安いネット回線、プロバイダ契約ができるかポイントをご紹介致しましょう。


生活費とのセット割

先ほどご紹介した携帯割だけでなく、安い料金でプロバイダ契約をするためには他のセットも注目が必要。月に数百円といっても年間では1万近くになりますし、長年利用していくネット回線などですから馬鹿にできませんね。

  1. 携帯割。上記でご紹介した非常に安い大手携帯会社の光コラボだけでなく、各種プロバイダ業者の持つ格安SIMとのセットなどもあります。
  2. 例)OCN光モバイル割 U-mobile×U-NEXT光など

  3. 公共料金。電力自由化からネット回線とセット割がある。
  4. 7例)東京ガストリプル割×プロバイダ→So-net光 DTI光など

  5. サービスオプション。端末セットや動画配信サービスなど
  6. 例)TSUTAYA光×無料見放題 ぷらら光×ipad pro×ひかりテレビ

以上のように、様々な独自サービスとしてフレッツ光回線とプロバイダを提供するプランが光コラボ特徴です。プロバイダが安い料金で利用できるだけでなく、生活にかかる費用をセットで最も安い契約にできるようにしましょう。



何がおすすめ?安いプロバイダのゴール

結局なにが安いプロバイダ契約なの?


それでは最後に。結局安い料金でプロバイダと光回線を契約するには何がおすすめかということについてご紹介致します。前述のとおり、非常に複合的になってはいますが、基本的には「光回線」「プロバイダ」「携帯料金」この3つで比較していくのがおすすめ。

そして、特にマンションでは節約しようということにとらわれすぎて、結局安いだけでプロバイダが込みあいすぎてネットが使い物にならないなんてことを防ぐため、速度も重要視しましょう。

これらを総合的に判断したフレッツ光回線利用時における、おすすめの安い、そして安心できるプロバイダ契約はSo-net光コラボ。速度は表彰されるほどのお墨付きで、料金も当サイトキャンペーン利用またはauセット割でかなりお得。

もしくは、ドコモ光やソフトバンクといった携帯割が非常に安いのでおすすめ。加えて、大手キャリアにこだわりがない方はプロバイダ業者の持つ格安SIMとセット割のある光コラボも総合的に安い料金にできるでしょう。

特に家族で同じキャリアという方は圧倒的に安い料金でプロバイダ契約と携帯料金がひとまとめにできます。支払もまとまり楽になるのでいいですね。

auひかりやNURO光、コミュファ光(一部違う)では元からプロバイダ込の料金ですから安いプロバイダというのはありません。しかし、フレッツ光ではプロバイダ契約が別途必要で、安い料金のプロバイダは重要でした。

そこに登場した「光コラボ」によって安いプロバイダ、ネット回線を選ぶのには非常に複雑になりました。しかし、上記のような手順であなたに合った光コラボを選ぶことで、プロバイダを含む生活費を総合して節約できるので、一緒に最も安いプランを一緒に探していきましょう。


ここまで安いプロバイダ契約に特化してお話してきました。フレッツ光回線をご検討の方は大手10社以上の光コラボを一気に比較した詳細ページがありますので、さらに情報をチェックして安心して安い料金でご利用できるサービスを一緒に探していきましょう。

あなたのプロバイダ料金、生活費の節約の手助けになれれば幸いです。

主要10社以上!光コラボ徹底比較